フランスで増税反対のデモ!仏全土で28万人に!一部が暴徒化し警察と衝突!シャンゼリゼが炎に包まれる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月17日、フランス全土で燃料税増税に反対する28万人もの市民が参加する大規模なデモが行なわれ、24日のデモではパリのシャンゼリゼ通りなどで一部デモ隊が暴徒化し、石畳をはがしたりバリケードに火をつけるデモ隊と警察が衝突する事態に発展した。

フランス国内でマクロン大統領に対する批判と不満が高まっている中で、マクロン氏は「警察を攻撃した者や、市民や記者を罵った者、公職者を威圧しようとした者たちは、恥を知るべきだ」とツイートし、怒りを露わにした。

美しいパリが炎に包まれる…。 デモ隊が暴徒化、警察と衝突(写真)

フランスで11月24日、政府による燃料税の増税に反対するデモが各地で行われ、パリのシャンゼリゼ通りでは暴徒化したデモ隊と警察が激しく衝突する事態に発展した。

デモは、燃料価格の高騰に抗議する「黄色いベスト運動」の一環として始まった。参加者は、道路工事で作業する際などに使用する黄色い安全ベストを着用しており、17日にはフランス全土で28万人以上が道路を遮断する大規模なデモが起きていた。

クリストフ・カスタネール内相によると、24日のデモにはフランス国内で約2万3000人、シャンゼリゼ通りでは約5000人が参加。治安部隊に物を投げつけたり、車に火をつけるなどデモ隊の一部が暴徒化し、フランス全土で130人、パリ市内では42人が逮捕されたという。

~省略~

暴動を受け、マクロン大統領はTwitterで「警察を攻撃した者や、市民や記者を罵った者、公職者を威圧しようとした者たちは、恥を知るべきだ」と怒りをあらわにした。

【ハフポスト 2018.11.25.】

↓マクロン大統領のツイート。

フランス全土でマクロン大統領の増税政策に反対するデモが拡大!一部が暴徒化し、本格暴動に発展!


出典:YouTube

日産のゴーン会長が逮捕されたことで日本でも話題になっているフランスで、大規模暴動が発生しているみたいだわ。
フランス国内では、マクロン大統領による燃料税の増税に対して市民から大きな反対運動が湧き起こっていて、17日には28万人規模のデモがフランス各地で発生していたみたいだわ。

長年にわたって施されてきた教育・社会制度やメディアからの洗脳によって、すっかり我慢強く”調教”されている日本国民と違って、いかにフランス国民が血気盛んなのかがよく分かるけど、どうやら、マクロン大統領によるグローバリズムに基づいた(1%のグローバル資本を潤わすための)政策に、国民からの怒りや不満の声が爆発しているみたいだね。

日本の場合は、国民が驚くほどに大人しく、政権側の悪政や抑圧にも全く抵抗を起こさないお陰で、安倍政権がどんなにグローバリストにくみした売国を繰り返しても、(マスコミの”サポート”もあって)ますます日本国内で安泰の地位を獲得しているけど、海外となるとそう簡単にはいかない
少しでも国民を軽視・蹂躙するような政策を取れば、瞬く間に国内に不満の声が渦巻き、こうした大きなデモに発展していくし、こうした動きがますます激しくなっていけば、マクロン政権も結構危うくなっていくかもしれないね。

ほんとに、同じグローバリズムを推し進めている「傀儡政権同士」でも、安倍政権に対する日本国民の反応と、マクロン政権に対するフランス国民の反応とのあまりの違いに驚いてしまうわね。
確かに、暴徒化するのは良くないけど、それでも、日本国民がいかにグローバリストの思いのままに「調教」「洗脳」されているのかを強く感じてしまうわ…。

マクロンもこうした状況に強い危機感を感じているだろうし、フランス国内での自身への批判の高まりが、日本の特捜に逮捕されたゴーン会長逮捕に対する日産や日本政府への対応に何らかの影響を及ぼす可能性もあるだろう。

ゴーン氏逮捕の背後にトランプの米国が絡んでいる可能性については先のコラムで述べた通りだけど、トランプ勢力が推し進めている「世界の多極化」によって、フランスも徐々に不安定化に向かい、動乱の時代に突入していく可能性もあるし、こうしたフランスでの反政府運動がどこまで高まっていくのかについて、今後も注意深くみていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket