■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ディストピア】カナダ政府、フリーダムコンボイのデモ隊を強行排除!平和的デモの参加者100人以上を拘束!警察による暴力的な排除行動も!

【ディストピア】カナダ政府、フリーダムコンボイのデモ隊を強行排除!平和的デモの参加者100人以上を拘束!警察による暴力的な排除行動も!
Pocket

どんなにゅーす?

・民主主義社会の自由や人権を脅かすことに繋がる、強権的・独裁的なワクチンシステムに反対する「フリーダムコンボイ」がカナダ全土から世界中に広がりを見せている中、カナダ政府が首都オタワ中心部のデモ隊の強行排除に乗り出した。

・平和的なデモの参加者100人以上が拘束されたとみられており、警察隊による暴力的な排除が行なわれているとの情報も出てきている。

カナダ首都、コロナデモ排除開始 規制に抗議、百人超拘束

【ニューヨーク共同】カナダ警察当局は18日、新型コロナ対策の規制に抗議し1月下旬から首都オタワ中心部を占拠していたデモ隊の排除に乗り出した。オタワ市警は同日、デモ参加者のうち100人以上を拘束、21台の車両をレッカー移動したと明らかにした。
トルドー首相が今月14日に国家非常事態法を発動。警察当局は17日からデモ隊の中心人物を次々と拘束しているが、市警幹部は18日「デモ隊に負傷者は出ていない」と語った。排除完了には「時間がかかる」と述べ、慎重に進める姿勢を示した。

~省略~

【東京新聞(共同通信) 2022.2.19.】

出典:YouTube

カナダ政府がフリーダムコンボイの一般参加者を強制排除を開始!その”正体”を露わにしたトルドー政権に「民主主義の一線を超えた」との声!

ついに、カナダのトルドー政権がその”正体”を露わにしてきました。
ジョコビッチ騒動のオーストラリアに続き、世界の民主主義が目に見えるように崩壊していますし、コロナ危機を機に「グレートリセット」と「ニューノーマル」が地球規模で一気呵成に進められているのを肌で感じます。

元よりコアなグローバリストとして知られていたトルドー首相だけど、いよいよ、その恐ろしい実体を本格的に見せてきたね。
一部の地方では、市民からの大きな声を受けて”ワクチンファシズム”を後退させる動きも出てきているみたいだけど、いよいよ世界中の市民から抗議と反対の声が噴き出している中で、グローバリストが手段を選ばずに徹底的に鎮圧しようとしている動きが非常に目立ってきている。

まだ日本は現行憲法のお陰で鬼気迫った事態になっていませんが、世界はすでに中国を模範とした「グローバル共産主義」に移行されつつあり、自分たちの健康や生命を守ろうとする「まっとうな市民」がこれに全力で抵抗しては、抗議運動がものすごい勢いで世界規模で広がりつつあるみたいです。

現地の人々にとってはまさに「命を懸けた抗議運動」だし、カナダ政府がなりふり構わずに暴力的な手段で鎮圧に乗り出してきたことで、ますますフリーダムコンボイが巨大なムーブメントに発展していく可能性がある。
まさしく、「国境を超えた世界の一般市民vs国境を持たないグローバリスト」という、より本質的で根源的な対立軸が浮かび上がってきた形だし、こうした卑劣なグローバリストによる民主主義の蹂躙に屈することなく、人々が国境を超えて繋がりあっては自分たちの健康や生命を脅かしている”黒幕”に対して、怒りと抗議の声を極限まで大きくしていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事