【でか!】オーストラリアの牧場に住む「デカすぎる牛」が話題に!あまりに巨大すぎて食肉にされるのを免れる!

Pocket

どんなにゅーす?

・オーストラリアの南西部マイアラップの牧場で暮らしている「巨大すぎる牛」が世界で話題になっている。

・話題の牛は「ニッカーズ」と名付けられた7歳のオスのホルスタイン(高さ194センチで体重1.4トン)。牧場主のジェフ・パーソンさんが食肉業者に売ろうとしたところ、あまりに大きすぎて食肉処理施設の設備を通り抜けられないとのことで断られたために、この先も牧場で穏やかに一生を暮らすことになりそうだという。

巨大な牛がオーストラリアに出現。大きくなりすぎて命が助かる

オーストラリアの巨大な牛に、大勢の人たちが目を奪われている。

ニッカーズと名付けられたその牛は、オーストラリア南西の街・マイアラップにある牧場で飼われている7歳のホルスタイン。

高さは194センチで、重さ1.4トン。平均的なホルスタインに比べて、体重は2倍、高さは50センチ高いという。オーストラリアのニュース番組は「マイケル・ジョーダンと同じくらい高い」と表現する。

こんなに大きいと不便なこともありそうだが、大きすぎる体がニッカーズの命を救ったという。飼い主のジェフ・パーソンさんはニッカーズを売ろうとして、食肉処理業者から大きすぎると言われた。

「重すぎて、食肉処理施設の設備を通り抜けられないんだ」「このまま、幸せに暮らすことになるだろう」と、パーソンさんはニュースサイトのパースナウに語る。

BBCによると、ニッカーズは他の牛たちを先導する役目を担う牛として買われた。もともと周りより大きく目立つ牛だったが、いつになっても成長がとまらなかった。

そして気が付いた時には、売るには大きすぎる牛となっていた。

~省略~

【ハフポスト 2018.11.28.】

想像を超える”規格外”の巨大さに、世界のネットユーザーも驚き!


出典:Twitter(@7NewsBrisbane)

にゃにゃあ~~っ!!
こりゃ想像した以上の規格外のデカさだにゃあ~!
しかも、あまりに大きすぎて、お肉にされちゃうのを免れたなんて、ニッカーズはほんとに強運の持ち主の牛さんだにゃ!

もともと、ニッカーズは他の牛を先導する役目の牛として買われてきたみたいだけど、不思議なことに、元来より大きかったもののその後も成長がまったく止らず、気がつけばここまでの目を見張るほどの大きさに成長したようだ。

ネット上ではしばしば巨大生物の話題が上ることがあるけど、このニッカーズも今後も人々の間で語り継がれていきそうな巨大さだし、このニュースをきっかけに世界から彼を見に来る人が次々やってくるなどして、思わぬ村おこしになるかも?しれないね。
幸いにも他の牛たちからも慕われているみたいだし、いずれにしろ、今後も地元や世界で大きな話題になりながらも、この牧場で穏やかな一生を過ごすことになりそうだ。

(…ちなみに、他の牛と並んでいるとそのデカさにますます驚かされるけど、残念ながら世界一のデカさではなかったらしく、CNNによると、2010年のローマで開かれた品評会では、なんと高さ2メートルを超えた牛が出されていたとのことだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket