■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

麻生財務相、「金融機関が酒類提供を続ける飲食店に恫喝圧力」に「普通に考えておかしい」「放っておこうと思った」!→”蚊帳の外アピール”で西村大臣に責任をなすりつけ!

麻生財務相、「金融機関が酒類提供を続ける飲食店に恫喝圧力」に「普通に考えておかしい」「放っておこうと思った」!→”蚊帳の外アピール”で西村大臣に責任をなすりつけ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月13日、酒類提供を続ける飲食店に対し、金融機関が取引停止をちらつかせて恫喝圧力をかける案が、財務省・国税庁や経産省で実行に向けて事前調整されていたことが明らかになった中、麻生財務相が「内閣官房から調整があったが、普通に考えたらおかしい」と批判した。

・内閣官房が主導していたこの動きに対し、麻生氏は「違うんじゃないか、放っておこうと思った」と述べたものの、無関係を強調しながら西村大臣らに責任を覆いかぶせようとしている麻生氏に、ネット上では批判の声が上がっている。

酒類提供停止巡る事前調整、「おかしい」=麻生財務相

[東京 13日 ロイター] – 麻生太郎財務相は13日、酒類の提供停止に応じない飲食店に取引金融機関から順守を働きかけてもらうための関係省庁の事前調整について「内閣官房から調整があったが、普通に考えたらおかしい」との認識を示した。金融機関からの働き掛けを巡って「検討中との報告を受けたが、違うんじゃないかと思った」との考えも併せて述べた。同日午前の閣議後会見で語った。

~省略~

内閣官房と金融庁、財務省、経済産業省による事前調整に関し、麻生氏は「閣僚が最終判断する前に、課長補佐などの段階での事前の打ち合わせ」にすぎないとも述べた。事前調整を巡って「違うんじゃないか、放っておこうと思った」とも語った。

一方、国税庁と内閣官房が酒類業中央団体連絡協議会あてに、酒類の提供停止に応じない飲食店との取引停止を依頼する文書を出したことに関し、麻生財務相は「法的根拠は基本的にない。一般的なお願いであって強制力を伴うものではない。酒類販売事業者に丁寧に説明し、ご協力をお願いするものだ」とした。

~省略~

【Yahoo!ニュース(ロイター) 2021.7.13.】

菅政権内で西村大臣を”袋叩き”にさせようとする動きが加速!麻生大臣も”泥船”からさっさと逃げ出すことを画策!

出典:Sharetube

「酒類提供を続ける飲食店に金融機関が恫喝圧力をかける」ことを内閣官房や財務省・金融庁・経産省が事前準備を進めていたことに批判が殺到している中、麻生大臣が「普通に考えておかしい」などと批判したとのことです。

いやいや、ボクに言わせれば、自身がリーダーを務めている財務省が事前準備を進めていた中で、「普通に考えておかしい」と思ったのなら、これを止めさせて内閣官房に強く反対・抗議すべきであり、これをそのまま放っておこうと思ってしまう方も「普通に考えておかしい」と思うけどね。
どうも、麻生氏も本当は関与していたにもかかわらず、これを必死に隠しては、懸命に蚊帳の外&無関係をアピールしているように見えるし、政府全体で西村大臣1人に全ての責任を覆いかぶせて、政権ぐるみだったことを全力で隠蔽しようとしているようにみえるね。

すでに実行に移されている酒販売業者から飲食店に圧力をかける策については、麻生氏も「一般的なお願いであって強制力を伴うものではない。ご協力をお願いするものだ」などと擁護していますし、「ナチスの手口を学べ」と放言するほどの麻生氏が、この菅政権による一連の動きに強く反対していたはずがないでしょう。

この動きに唯々諾々と国民が従っていれば、いよいよ、既存の民主主義システムが完全なまでに死に絶えていたところだったけど…幸い、現在のところ、業者や国民全体からかなり強い批判や反対の声が沸き起こっているし、これを機に、ここまで恐ろしい独裁性や暴力性をむき出しにしてきた菅政権のこれ以上の暴走を止めないといけない
少なくとも、(「赤坂自民亭騒動」に続いて今回もまた)自分から色々とべらべらしゃべったことで自ら厄災を呼び寄せてしまった西村大臣については、このままトカゲの尻尾切りにされては、(一部で噂されていた)「未来の総理」の可能性は完全になくなったとみてよさそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事