自民・秋元司議員の関係会社を東京地検特捜部が家宅捜索!外為法違反容疑で!元秘書が代表を務め、一時秋元氏が顧問、妻が監査役を務める!

Pocket

どんなにゅーす?

自民・秋元司衆院議員の元政策秘書が代表を務める都内の会社に、東京地検特捜部が「外為法違反容疑」で家宅捜索に入っていたことが判明した。

・同会社は芸能人のカレンダーを販売するなどの業務を手掛けており、一時、秋元氏の事務所を間借りしたり、秋元氏が顧問、同氏の妻が監査役を務めていたこともあったという。

・この事態に対し、秋元議員は「事実も何も、私は聞いてない」「不正には関わっていない」と説明。さらなる詳しい報道が待たれる。

前内閣府副大臣で自民・秋元氏の元秘書宅、捜索…外為法違反の疑い

~省略~

関係者によると、特捜部は7日から8日未明、東京都内にある秋元氏の元政策秘書と元私設秘書の自宅を捜索した。外為法は100万円超の現金を持って出入国する場合、税関への届け出を義務づけ、違反には罰則がある。今回、海外から無届けで現金が持ち込まれた疑いがあるという。

元政策秘書は昨年頃まで秋元氏が代表の政党支部で、元私設秘書は2017年頃まで秋元氏関連の政治団体「秋元司後援会」で、それぞれ会計責任者だった。

また、元政策秘書は、本店が千代田区に登記され、11年に設立された会社で17年まで代表取締役を務めた。その後は、元私設秘書が代表取締役を務める。秋元氏の妻も17年まで監査役で、「関連会社等報告書」によると、秋元氏も過去に同社の顧問に就いていた。

~省略~

17年10月の衆院選では東京15区から出馬して当選し、内閣府副大臣としてカジノを含む統合型リゾート(IR)などを担当していた。

【読売新聞 2019.12.9.】

自民議員関連先に特捜部が家宅捜索報道の謎 渦中の秋元司氏が会見「私は把握していない」

過去に顧問を務めていた東京都内の企業の関係先が、東京地検特捜部から家宅捜索を受けたとの毎日新聞の報道に対し、国土交通省などで副大臣を務めた自民党の秋元司衆院議員(48、東京15区)が9日、東京都永田町の議員事務所で会見を開いた。同社は現在、秋元氏の元秘書が代表を務めているが、家宅捜索が行われたかは「現時点ではわからない」(秋元氏)と話した。元秘書とは9日夕方の時点で連絡が取れていないという。

大手紙の記者は、こう話す。

「特捜部は、同社が架空のコンサルティング契約などを結んでいたほか、不透明な資金移動について調べていると思われます。秋元氏はこれまで、国が進める企業主導型保育事業をめぐって4億8千万の助成金を詐取したことで逮捕された男性との関係や、3年間で1400人の外国人留学生が所在不明になったことで問題となった東京福祉大学で理事を務め、総額300万円超の報酬を受けたことで国会で追及されています。ただ、今回の家宅捜索とどのような関係があるかは、現時点ではわかっていません」

~省略~

以下は、秋元氏との主な一問一党。

~省略~

──この会社から献金やパーティー券を買ってもらったりしたことは。

秋元氏:設立の時に、私の事務所に間借りすることになった。その時に、彼らの好意で家賃分の数万円をパーティー券として買っていたというのはある。献金はない。

~省略~

──カレンダー事業とは。

秋元氏:タレント事務所と提携して、カレンダーの製造販売をする会社です。今は、化粧品関係とかいろんなことを手がけていると思う。

──架空の契約とは。

秋元氏:私は把握していないからわからない。

──顧問料はいくらか。

秋元氏:初年度で100万円ぐらい。カレンダー事業が大きかったから。

──他に親戚や元秘書が関わっている会社は。

秋元氏:それはない。

秋元氏の関連会社と書かれているが、今は株も持っていない。本当は社長が交代するときに株を手放したかったんだけど、その時に副大臣だったので株の移動ができないというから、(退任した)今年の9月に株を譲渡した。

──株はどれくらいを持っていたのか。

秋元氏:資本金100万円の会社だが、50%以上はあったと思う。新しい社長に譲渡した。会社が赤字なので、無償で譲渡した。

【AERA dot. 2019.12.9.】

国会会期終了を待っていたかのように、東京地検が秋元司衆院議員の関係会社を家宅捜索!

出典:TBS News

検察さんが「桜を見る会疑獄」の捜査に全く動く気配がないことに対して、国民からの批判が殺到していた中で、あまりに「意外なネタ」でいそいそと動き始めてきたわ。
まるで、国会が終了するのを待っていたかのように本格的に動き出したのを見ると、これは、秋元議員を逮捕することを”前提”に動いているのかしら?

詳しいことは分かってないものの、読売新聞やAERAなどの報道によると、架空のコンサル契約に加えて、無届けのまま100万円以上の現金を持って入国した「外為法違反容疑」で捜査をしているらしい。
秋元議員と言えば、巨額の助成金詐取容疑で逮捕されたコンサル会社と深い関係にあることが取り沙汰されたり、大量の外国人留学生が失踪していることで国会でも取り上げられた東京福祉大学の理事を務めていたことも話題になった上に、何かと”黒い噂”がちらほら出ていた人物だけど、今回の外為法違反を取っ掛かりに、別件にメスを入れようとしている可能性も無きにしも非ずだし…ちょっと現時点では、この先の動きを見てみないと何とも言えないね。

ただ、秋元氏と言えば、現在の自民党の中においてもそれなりのキャリアがある議員だし、自民党の政治家をターゲットに特捜が”自主的に”動くのも、本当に久しぶりなのではないかな?

どちらにしても、日本の特捜が「真面目に世直しするために自ら捜査を行なう」ことなんてあり得ないことですし、今回の特捜の動きには「何かの裏」があるものと考えるのが自然なんじゃないかしら。

自民党内部の権力闘争が背景にあるのか、それとも、国民からの強い不満や不信感を受けての「やってるフリ」のパフォーマンスだろうか?
ちなみに、秋元氏は二階派の議員で、安倍一派の中枢部とはやや離れた場所にいる一方で、国交副大臣や内閣府の副大臣を務めるなど、安倍政権下において数々の要職を担当してきたことも事実だ。

今回の特捜による捜査について、「誰」による「どのような」狙いや思惑で行なわれているものなのか?について、今後注意深くウォッチしていく必要がありそうだね。

Pocket

 

 関連記事