【ヤクザ議員】逮捕前の秋元司議員「はした金はもらわね~よ。あり得ねぇよ。ほんとバカたれ」「地検ははしゃぎ過ぎだ。こんなことで身柄拘束しやがって」

Pocket

どんなにゅーす?

「カジノ贈収賄事件」で東京地検特捜部に逮捕された元自民・秋元司衆院議員が、逮捕前に毎日新聞の記者にぶちまけた”言葉”が話題になっている。

・毎日新聞の小川一取締役によると、ある記者の元に秋元氏から「はした金はもらわねえよ。あり得ねえよ。ほんとバカたれ」「1億、2億なら別だが俺は正面から堂々ともらうんだから」「地検ははしゃぎすぎだ。こんなことで身柄拘束しやがって。徹底して戦ってくるわ」などと電話がかかってきたとのこと。秋元議員のヤクザ同然の粗暴な言動や攻撃的な態度に対して、ネット上では驚きと怒りの声が上がっている。

IR参入汚職/上 秋元議員、IRで「台頭」 一言が業者左右 採決強行で政治力

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る疑惑は、暮れも押し迫った25日、現職国会議員の汚職事件へと発展した。東京地検特捜部に逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)はIRを担当する要職を歴任し、参入を目指す業者との関係を深めていった。たたき上げの政治家に何があったのか。

25日早朝、記者のスマートフォンが鳴った。かけてきたのは秋元議員。「はした金は、もらわねえよ。あり得ねえよ。ほんと、ばかたれ」。いらだった口調でぶちまけた。

~省略~

【毎日新聞 2019.12.26.】

370万円もの裏金に対して「はしたカネ」「こんなことで身柄拘束しやがって」と逆ギレの秋元議員!検察に向けて全面的に挑発!

出典:Twitter(@akimoto_tsukasa)

収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された秋元司議員ですが、毎日新聞の記者に対して、信じがたいような「逆ギレ&挑発コメント」をしていたことが明らかになりました。
どうやら、秋元議員は、反省をしているどころか、完全に開き直りながら、検察による捜査と逮捕に強い怒りを感じているようです。

報道によると、秋元議員の元秘書らは「完落ち」した上であらゆる情報を提供したとのことだし、収賄での逮捕は2002年の鈴木宗男議員以来とのことで、ただでさえ独裁的な状態になりつつある安倍政権の自民党政治家を逮捕するというのは、相当に強力な証拠と裏付けを入手していると考えるのが自然だろう。
そんな中で、よほど検察をもすっかり支配下に置いている気分になっているのか、いかにも、現在の増長しきった安倍政権の実態をよく表しているような「オラオラコメント」だね。

実際のところ、安倍政権の連中は、検察を完全に飼い慣らしたつもりになっては、「どんな無法行為もやり放題の環境を手に入れた」気分になっていたのだろうけど、どうやらこのような「無法やり放題の状態」は突如として終わったようだ。
秋元氏が逮捕された同日に家宅捜索に入った白須賀貴樹議員は、安倍総理が事実上のボスである細田派(清和会)の議員だし、何の予告もなしに、突如として「長い眠り」から目覚めてきた特捜に対して、永田町はかなり強い衝撃を受けているようだ。

明らかに、日本の権力層の水面下で、確実に”激変”が起こってきていますし、これまで同様に安倍一派の議員も調子に乗っていると、相当痛い目に遭うことになるのではないでしょうか?

まだまだ詳しいことは分からないけど、日本を支配している権力層をよほど激怒させる”何か”があったとみるのが良さそうだ。
「桜疑獄」「詩織さん勝訴」、そして「カジノ贈収賄事件」と、ここに来て突如として安倍政権がボロボロになってきたし、こりゃ、2020年はかなりの「激動の年」になる予感だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事