【反省ゼロ】”最強私人”の昭恵夫人が首相公邸で忘年会を開催!国民からの証人喚問要求を完全無視し、飲み会三昧の日々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月20日、安倍昭恵総理夫人が首相公邸で忘年会を開催する予定だという。

・昭恵夫人と言えば、国有財産をタダ同然で森友学園に横流しした疑惑の「重要人物」として、国民や野党が証人喚問の要求を続けているものの、これを安倍政権が全力拒否。さらに安倍政権が「首相夫人は私人である」との閣議決定を行なったことからも、今回の行為に対して「公私混同の極み」として批判が噴出している。

飲み会三昧の昭恵夫人 首相公邸で忘年会開催の公私混同

日経新聞の世論調査で、森友問題を巡る疑惑で政府の説明に「納得できない」が78%だったのに対し、「納得できる」はたったの12%。国民の理解が進まない原因の一端は、いまだにハッキリと説明をしない昭恵夫人(55)にもある。

ところが、まったく懲りちゃいないようだ。関係者によると、20日に首相公邸で親しい知人を招いて忘年会を開く予定だというのだ。

~省略~

すっかり“飲み会”三昧のようだが、首相公邸で開催するというのはいかがなものか。首相公邸は国家公務員宿舎法に基づき設置され、年間約1億5000万円の維持管理費の原資はもちろん税金だ。政府は今年3月、昭恵夫人について「公人ではなく私人」と閣議決定していたではないか。

~省略~

首相官邸に問い合わせると「夫人のプライベートな案件については、把握していない」と回答。安倍晋三事務所に質問状を送付し、昭恵夫人の携帯電話の留守電にもメッセージを残したが、返答はなかった。

【日刊ゲンダイ 2017.12.19.】

「私人」の昭恵夫人、年間1億5千万円の維持費(税金)が注ぎ込まれている首相公邸を”乗っ取り”、忘年会を開催とのこと!

↓先日は涙を流すパフォーマンスを見せた昭恵夫人だったものの…。

出典:TBS News

またまた信じられないような話が飛び出てきたけど、これが本当なら、全くとんでもない話だわ!
首相公邸で忘年会が出来る「私人」なんて、そんなの有り得るわけないでしょーが!?

つい先日に、(何故か)ベルギーから勲章をもらった際には、「本当に辛い1年でした…」なんて涙を流して見せて、か弱さや哀れさを必死にアピールしていたものの、その実体は、莫大な税金で管理している首相公邸を徹底的に「私物化」した上で忘年会の会場に流用できてしまう、日本でも唯一無二の「特権階級中の特権階級」ということだ。

こんな昭恵夫人を「私人である」と閣議決定した安倍政権もとんでもない悪質さだけど、その自らの立場をこれ以上無いほどに悪用しまくる昭恵夫人も凄まじいほどの厚顔無恥さだね。

(ちなみに日刊ゲンダイによると、この件について首相公邸に問い合わせると「夫人の個人的な件については、把握していない」との回答で、安倍総理の事務所と昭恵夫人の携帯の留守電にも問い合わせてみたものの、一切の回答はなかったことのこと。)

こんなメチャクチャ過ぎるくらいに国を私物化しまくってる安倍夫婦が、どうしてこんなに平然とのさばりまくっているのよぉ!!
まともな国だったらもうとっくに、こんなトンデモ総理夫妻、あっという間にクビになってるに決まっているわ!

そもそも多くの(政治に無関心な)日本国民自身が、半ば「アベ帝国」に徹底支配されている事実を受け入れ始めちゃっていることそのものが深刻過ぎる事態だね…。

これも、「自分たちが主権者で国家や社会を作り上げている側」である認識が欠けていて、人任せにしきってしまっている結果がもたらしたものだと思うし、もうそろそろボクたち国民も、この事態に危機感を感じて行動を起こす時期にとっくに差し掛かっていると思うよ。

どちらにしても、昭恵夫人本人は、こうした「一向に眠ったまま」の日本国民をいいことに、森友疑獄からも何とか最後まで逃げ切り、今後も空前絶後の「最強私人」として、国家の財産を好き勝手に私物化しまくる気満々なのは確かだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket