■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【森友事件】赤木さんの自宅のPCから、文書改ざんを示す”新証拠メール”が見つかる!「単に体調不調だけでなく、当局の考えや事案対応に相当の違和感と疑問がぬぐえない」

【森友事件】赤木さんの自宅のPCから、文書改ざんを示す”新証拠メール”が見つかる!「単に体調不調だけでなく、当局の考えや事案対応に相当の違和感と疑問がぬぐえない」
Pocket

どんなにゅーす?

・森友文書改ざん事件において、自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さんの自宅のパソコンから”新たな証拠メール”が見つかったことを文春オンラインが報じた。妻の雅子さんが発見しフリー記者の相澤冬樹氏に提供したという。

「森友事件」赤木俊夫さんの自宅パソコンから新証拠メールが見つかった

森友学園との土地取引を巡る公文書改ざん事件で2018年3月7日に命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(享年54)。自宅のパソコンから、今回、改ざん後の心理状態を示す新たなメールが発見された。妻の雅子さんから、フリー記者の相澤冬樹氏が提供を受けた。

2歳下の弟に送った4通のメール

メールは、2017年2月から始まった公文書改ざんの後、うつ病で休職していた時期に2歳下の弟に送ったもので、4通見つかった。雅子さんはこれまで長い間、夫のパソコンを開く気持ちにならなかったが、今回、資料などの整理のために開けてみてこれらのメールに気づいたという。

1通目のメールの日付は2017年8月11日。

〈私は、本年2月以降、前例のない事案の担当のため、本年6月末まで毎月100時間を超える残業時間が続き、休日出勤する日もありました。その間、気が張っていたこともあって、風邪など引くこともなく、休暇をとらずに何とか定期人事異動の6月末まで乗り越えてきたのですが、7月以降の人事異動がないことがわかると、急に疲れがあふれかえり、6月中旬頃からは、不眠症が続き、首筋の痛みが続いていたため、遂に7月15日、メンタルクリニックを受診しました〉

〈ある時期を目処に仕事を辞職することも念頭にあります(単に体調不調だけではなく、当局の考えや事案対応に相当の違和感と疑問がぬぐえない)〉

~省略~

さらに、俊夫さんが職場の同僚に書いたメールも見つかった。

〈仕事上で生じたメンタルの病気なのに、上司も含めて当局の対応に寂しさ(優しさの欠如)を感じています〉

~省略~

【文春オンライン 2021.11.24.】

赤木さんが生前作成した新たなメールが発見される!「改ざんの強要」や「本省の劣悪な対応」により体調が悪化していった内情が明らかに!

出典:MBS NEWS

森友文書改ざん事件において、新たな重要な資料が出てきました。
改めて、赤木さんが、文書改ざんの強要によりみるみるうちに体調が悪化していった様子や、改ざんの責任を全て被せられることを悟って、本省に対して強い不信感や憤りを持っていたことがうかがえます。

やはり、今の大きく歪んだ日本社会においては、真面目で責任感が強く、曲がったことが嫌いなまっすぐで純粋な人ほど、真っ先に容赦なく社会から裏切られ、仕打ちを受け、押しつぶされてしまうという、実に理不尽で非情な現状を改めて強く感じるね。
本来であれば、赤木さんのような人こそ、社会の前線に立ち、大きく活躍しないといけないはずだし、そうした世の中になれば、おのずと多くの国民が暮らしやすい、秩序と温かみのある社会になっていくはずなんだけど…。

しかしながら、ネット上では相変わらず赤木さんや妻の雅子さんを非難する声が多い(その多くが、腐敗した既得権益をどうにか守り抜こうとしている自民支持者や安倍シンパ)ですし、マスコミも自民政権の顔色をうかがうばかりで、事件の真相や本質に切り込もうとする意思すらほとんどない有様です。

今や、ある程度のジャーナリズムが機能しているのは一部の週刊誌や中小零細のネットメディアのみだし、ボクたち国民は、本当に限られたわずかな情報量や情報源から問題の本質を探り当て、自分の身を守っていく方策や術を考えていかなければならない
本来であれば、森友文書改ざん事件だけでも、自民政権と関与した官僚がしかるべき刑事責任を負わないといけないはずだったけど、これが全くなされていない時点で、この国の民主主義はすでにほとんど破綻してしまっていることを理解しないといけないし、この状況で、どうすれば自らの健康や命を守っていくことが出来るのかについて、改めてよく考えていかないといけないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事