「イージス・アショア中止」で196億円もの国費が無駄に!違約金を追加で請求される恐れも!?”中止”を申し出た河野氏に、安倍総理「河野さん、分かってるよね?」

Pocket

どんなにゅーす?

・地上型迎撃システム(イージス・アショア)の配備計画について、突然に事実上の”中止”が決まった中、すでに196億円もの国費が支出されていたことが判明。さらに米側から違約金を要求される可能性もあるという。

・朝日新聞によると、中止を直訴した河野防衛相に対し、これに驚いた安倍総理は「河野さん、分かってるよね?」などと(確認とも恫喝ともとれる)言葉を返したという。

イージス白紙撤回 安倍政権の対米追従で196億円が水の泡

~省略~

◆膨れ上がった費用 理由は

「これはもう、日本側の負担だ」。河野太郎防衛相は26日の記者会見で、地上イージスに投じた196億円は戻ってこないことを認めた。125億円は情報取得費などとして米国に支払い、残る71億円は米国から輸入するレーダーや国内の地質調査費、基本設計費に支出した。
地上イージスは導入前から巨額の費用が生じている。政府は当初、1基800億円と説明したが、その後、2基の本体費用と維持費、教育訓練費などを合わせて4504億円に膨れ上がった。1787億円分が契約済みだ。

~省略~

◆違約金が発生するかも…危機感

新たな負担の可能性もある。防衛省当局者によると、契約書にあたるFMSの標準約款に「購入国は解約に起因する全ての費用に責任を負う」とあるからだ。地上イージスの契約解除で日本がいくら負担するかは「個別に協議する」(防衛省当局者)ことになる。
河野氏は記者会見で、追加負担の可能性について「日米協議の中で決まる」と否定しなかった。政府高官も「違約金が発生するかもしれない」と危機感を隠さない。地上イージスに代わるミサイル防衛を進めることになれば、新たな米国製兵器購入につながる。

~省略~

【東京新聞 2020.6.27.】

河野防衛相「取り返しつかない…」 落選議員に声詰まらせ謝罪―イージス撤回

「本当に取り返しがつかない」。25日の自民党国防部会などの合同会議で、河野太郎防衛相が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入撤回に関し、昨年の参院選秋田選挙区で落選した同党の中泉松司前参院議員に触れ、声を詰まらせながら謝罪する場面があった。

~省略~

【時事通信 2020.6.25.】

「河野さん、分かってるよね?」撤回直訴に驚いた首相

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画が事実上撤回された。北朝鮮からの弾道ミサイルから防衛するとして、米国とも契約済み。急転直下の方針転換は、永田町で「異端児」と言われる河野太郎防衛相による安倍晋三首相への直訴で始まった。

「私はやりたくありません」。6月4日夕、首相官邸。河野氏は安倍晋三首相にこう告げた。陸上イージスの配備計画を白紙に戻すべきだという訴えだった。

~省略~

山口県が地元の首相は、河野氏から経緯を聞いて驚きを隠せない様子だった。

~省略~

【朝日新聞 2020.6.24.】

イージス・アショア撤回巡り、公明党が河野大臣に苦言

~省略~

「公明党、自民党、ご連絡が遅くなりましたことは、これはひとえに私の責任でございまして、お詫びを申し上げます。誠に申し訳ありません」(河野太郎 防衛相)

公明党の安全保障に関する会議に出席した河野大臣は、「イージス・アショア」の計画停止を突然発表したことについて陳謝しました。公明党の議員からは「地元に事前説明もなしに会見したやり方は絶対許せない」「事後報告で唯々諾々と付いていく公明党と思ったら大間違い」などと批判の声が相次ぎました。

~省略~

【TBS News 2020.6.25.】

ネット上では、河野氏への賛辞と批判が入り混じる事態に!明らかに不可解な「突然のイージス・アショア中止」の裏側にあるものとは?

イージス・アショア配備計画の「突然の中止発表」に、様々な報道や国民の声が飛び交っているわ。
中でも、河野さんが「中止を決断した張本人」として、国民から賛美と批判の声が入り混じる事態になっているけど…そもそも、河野さん一人で、こんな、日本国民のみならず日米関係の未来までをも大きく左右させる「重大な決断・決定」を押し通すことが出来るのか、実に、非常に、大変に疑問なんですけど…。

朝日新聞の記事では、中止を直訴してきた河野氏に対して、安倍総理は「河野さん、分かってるよね?」と、確認とも恫喝ともとれるような言葉を返したというけど、河野氏からの中止の要求を最終的に安倍総理が全面的にのむなんて、(普通にイメージしても)ちょっと考えられないね。

そう考えると、今回の「イージス・アショアの中止」は、河野氏ではなく、もっともっと上の「ご主人様」からの強い命令だったのではないだろうか?
それを、「河野氏が独断で押し通した」とのシナリオを描いたうえで、国民にこうした”ストーリー”を刷り込んでいるんじゃないのかな。

イージス・アショアの中止の理由について、「さらに長期に渡って多額のお金がかかる上に、システムの改善に多くの時間がかかる」などを挙げているけど、こんなことは最初の時点でおおよそ分かっていたはずだわ。
やっぱり、何だか腑に落ちない点がとても多いし、なんて言っていいのか、マスコミ報道の仕方や当人らの振る舞いなどに、言いようのない「不自然さ」や「歪み」のようなものがみられるのよね。

日本を支配しているワシントンDCの”ディープ・ステート”から「強い指示」が出たとなれば、河野氏も安倍総理も有無も言わずに従わざるを得ないだろうし、これまで安定的な基盤を築いてきた安倍政権に、明らかに大きな”ひび”や”亀裂”が入り始めているようにもみえる。
まだまだ、この先の展開や国内外の情勢などの「全体像」をみていかないと分からない部分が多いけど、現在の状況を見る限り、ボク自身は、イージス・アショア中止の決断は、河野氏の独断で決まったものではない(何かの理由で「中止せざるを得ない状況」が発生した)と疑っているよ。

河野さんは、秋田選挙区の落選議員に涙ながらに謝罪したというけど、これもなんだかおかしな話だわ。
イージス・アショアの導入が決まった時の防衛省は小野寺さんだったけど(河野さんは外相だったわね)、お父さんの代から日米関係の闇をよく知っていては、グローバリストとも”一定の関係”を築いてきたことが考えられるわ。

本来であれば、落選した議員ではなく、(アベノマスクに続き)数百億円レベルの血税をどぶに捨ててしまった状況に対して、国民に向けて謝罪するべきだと思うけどね。
そして、河野氏は、公明議員からも集中砲火を浴びてる状況みたいだけど、河野氏が見せた涙は、「自らの”野望”が潰えてしまった(”サンドバッグ役”をやらされることになってしまった)」ことへの”悔し涙”なのかも…?しれないね。

いずれにしても、この件についてはあまりに不可解なことが多すぎるし、表面的に報じられている内容のほかに、何か大きな”裏事情”が隠されているような気がしてならないよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事