「アベノマスク」全戸配布用でも虫・髪の毛混入やカビ付着!安倍政権はこの事実を隠蔽!なぜ妊婦向けのみ公表したのかについて、厚労省「回答できない」!

Pocket

どんなにゅーす?

・466億円もの血税を投入した「アベノマスク」に国民や海外メディアの批判が集まっている中で、妊婦向けマスクに続き、全戸配布用のマスクについても、虫や髪の毛の混入やカビ付着などの不良品報告が相次いでいることが判明。政府関係者からの情報を毎日新聞が報じた。

・そのような中で、安倍政権は、妊婦向けマスクのみにおいて不良品発生情報を公表し、全戸向けマスクの件は隠蔽。なぜ公表しなかったのかについて、厚労省は「回答できない」と答えているという。

虫混入、カビ付着…全戸配布用の布マスクでも不良品 政府、公表せず

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、政府が配布を進める布マスクに、虫が混入するなど不良品が相次いで確認されている。厚生労働省は18日、妊婦向けの布マスクのうち1901件について不良品の事例を発表し、21日に妊婦向けマスクの配布中止を決定。しかし、政府のマスク等物資対策班の関係者によると、18日時点で全戸配布用に準備していたマスクでも不良品が発見されており、これについては公表していない。

~省略~

厚労省は18日、妊婦向けの布マスクに関して「変色している」「髪の毛が混入していた」「異臭がする」などの報告が相次ぎ、80市町村で1901件の報告があったと発表。大阪府内の自治体では、ガーゼの黄ばみや変色、ゴミの混入も確認。発表を受け、ツイッター上では「健康被害はないのか」「安心して使えない」などの不安の声が広がった。

しかし、政府の対策班に配られた内部文書によると、18日時点で妊婦向け以外の全戸配布用に包装を始めた200万枚のうちでも、虫や髪の毛、糸くずの混入、カビの付着など200件の異物混入などの問題事例を確認。これについては公表しなかった。マスク配布を担当する厚労省経済課は、妊婦向け以外の不良品を非公表とした理由について「回答できない」とし、全戸向けのマスク配布については「現時点で中止は検討していない」としている。

~省略~

「マスクの品格」の著書もある大西一成・聖路加国際大学准教授(公衆衛生学)は、「これだけ不良品が多いということは、衛生用品の管理が一切されていなかったと言っても過言ではない。このような製造管理体制、衛生状況の工場では、見ただけではわからないウイルスやカビの胞子、バクテリアなどが付着している可能性もある」と…

~省略~

【毎日新聞 2020.4.21.】

カビだけでなくウイルスやバクテリアなどが付着している危険も…!安倍サポネット工作軍団「カビマスクは反日左翼の自作自演の疑いがある」!

出典:YouTube

やっぱり!!
妊婦向けの「アベノマスク」に、汚れや変色、髪の毛やほこり、虫などが混入している不良品が多発していることが報じられたけど、全戸配布用のものでも同じような不良品が続発していることが分かったわ!
しかも、安倍政権側もこの事実を把握していたのに、これを隠蔽していた上に、なぜ公表しなかったのかについて「回答できない」なんて答えていて、何から何までふざけきっているわ!

安倍政権側は、「全戸配布用マスクについては不良品が混ざっている可能性は低い」なんて言ってたんだけど、やっぱり、この連中が言っていることは何から何まであてにならない
汚れやほこり、虫の混入に加えて、カビまで生えていたなんて…(この記事でも「まるで安倍そのもの」と表現したけど)やっぱり、汚れやカビにまみれた「安倍政権そのもの」ではないか。

上の毎日新聞でも専門家が指摘しているけど、これはもう、まともな衛生管理をほとんどやっていないことは確実であり、これを無防備に付けてしまうと、一見ちゃんとしているように見えるものでも、何らかのウイルスやばい菌やカビ、バクテリアなどが付着している恐れがあり、逆に体調を悪化させてしまう危険もある。
中でも、疲労がたまっていたり持病があるなどして免疫力が落ちている人は特に要注意だし、悪いことは言わないので、この「アベノマスク」は使用しないことをおススメするよ。

1回洗っただけでしわくちゃになってしまうどころか、マスク本体にウイルスやばい菌、バクテリアなどが付着している危険すらあるなんて…もう、これは世界でも例を見ないほどの史上最悪の税金の無駄遣いじゃないよっ!!
これで日本国民が本気で怒らないのなら、ちょっと手の施しようがないほどの「究極的な奴隷洗脳状態」としかいいようがないわ!

ちなみに、今回の「カビノマスク」騒動についても、早速、安倍サポネット工作軍団が出動しており、「カビマスクは反日左翼の自作自演の疑いがある」などと懸命に流布している始末だ。
ボク自身も「自作自演」などと騒ぐんじゃないかと思っていたところ、あまりに「予想通り過ぎる展開」で笑ってしまったけど…こりゃまさしく、手の施しようがないレベルのインチキカルト宗教集団だ。

どうやら、何年もどこかの国の倉庫で眠っていた「ゴミ同然の処分品」を国民に送りつけている疑いも出てきたし、1枚260円どころか、カネを払わないと引き取ってもらえないような代物である疑いも出てきた。
どちらにしても、466億円投入の「アベノマスク」の裏で高笑いしている連中がいる疑いがさらに高まってきたし、厚労省がひた隠しにしている「残り1社」とこのマスクの詳細情報について、徹底した調査と追及が必要なのは間違いないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事