■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

新型ワクチンのブースター接種(3回以上)は重大な副反応リスクが倍増か!村上康文東京理科大名誉教授「動物実験では5回目から死亡例が増加。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという結果もある」

新型ワクチンのブースター接種(3回以上)は重大な副反応リスクが倍増か!村上康文東京理科大名誉教授「動物実験では5回目から死亡例が増加。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという結果もある」
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナの変異株が登場し続けていることで、世界でブースター接種の動きが広がっている中、東京理科大学名誉教授で薬学博士の村上康文氏は「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験では5回目から死亡する例が増加。7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」と強い懸念を示した。

・村上教授は、また「ワクチン接種が進むと、ワクチン回避効果の高い変異型が増えていきます。感染規模が小さければ変異型ウイルスに対応したワクチンの開発が追いつきますが、既に1億人以上に拡大、実際には数億人規模まで拡大している可能性も高く、多数の変異株が世界中で出現する可能性が大です。」と指摘した上で、新型コロナワクチンが深刻な副反応が多数発生していることについて、「従来のワクチンは毒性を排除した抗原を使用してきましたが、新型コロナワクチンで抗原として用いているスパイクタンパク質そのものが『毒素』であるという論文が既に発表されています。そのためにワクチン接種後に強い副反応がひきおこされている可能性があります。」と語った。

すべての新型コロナ変異株に対応?「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ

世界でもっとも早くワクチン接種を実施したイスラエルからの、「感染を防ぐ効果が6カ月で約60%、7カ月後には40%にまで低下した」という報告が世界を不安に陥れている。また同国では、入院患者の60%がワクチン接種済みであるというレポートもある。

その結果、同国ではすでに3回目の接種をスタートした。

しかし、「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験では5回目から死亡する例が増加。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」とも東京理科大学名誉教授、村上康文氏は話す。

~省略~

時間の経過とともに感染力が高い変異型が選択されますが、ワクチン接種が進むと、ワクチン回避効果の高い変異型が増えていきます。感染規模が小さければ変異型ウイルスに対応したワクチンの開発が追いつきますが、既に1億人以上に拡大、実際には数億人規模まで拡大している可能性も高く、多数の変異株が世界中で出現する可能性が大です。

収束させるには、実際の(生の)ウイルスでの感染が拡大し集団免疫に到達するか、特効薬の普及が必須です。

変異確率の高いRNA型ウイルスで起きたパンデミックをワクチンで収束させることは、困難であって、変異株を追いかけるようにワクチンを投与しても堂々めぐりとなり、収束は望めないという前提で、新しい抗体の開発に取り組みました。すでに細胞レベルの実験で高い中和活性を確認しており、今後、国際的臨床試験を開始する予定です。

~省略~

ちなみに、従来のワクチンは毒性を排除した抗原を使用してきましたが、新型コロナワクチンで抗原として用いているスパイクタンパク質そのものが「毒素」であるという論文が既に発表されています。そのためにワクチン接種後に強い副反応がひきおこされている可能性があります。

このような「スパイクタンパク質の全体」を抗原とすることにより、ワクチン接種者の中には抗体依存的感染増強(ADE)により重症化するという人が出てくる可能性が考えられます。実際、RNA型ウイルスの「デング熱」では、フィリピンで、200人以上の子供がワクチン接種後、ADEで死亡するという悲劇が起きています。

逆に受容体結合部位(RBD)のみ、いわば「はじっこだけ」を抗原としたワクチン、すなわち「組み換えタンパク質型」のワクチンは副反応が弱く、ADEがおきる可能性が低いものと考えられます。このようなワクチンは安全性が高いため、今後の主流になる可能性が高いと考えます。

~省略~

【Forbes 2021.9.10.】

「毒素」の疑いが強まってきているスパイク蛋白を何度も体内に注入するのは危険!村上康文名誉教授「新型ワクチンで抗原として用いているスパイク蛋白そのものが『毒素』であるという論文が既に発表されている。そのために接種後に強い副反応が起こっている可能性がある」

出典:国立感染研

グローバル支配層やその傀儡の政府、御用医師らが吹聴してきた「2回のワクチン接種で新型コロナ危機は終わる」との言説が完全ウソだったことが確定的になっている中で、今度は(この事態を誤魔化すべく)3回目以上の接種(ブースター接種)が世界で広がり始めていますが、このブースター接種に強い警鐘を鳴らす声が上がり始めてきました。
東京理科大学名誉教授で薬学博士の村上康文氏は「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、動物実験では5回目から死亡する例が増加。7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」とブースター接種の危険性を指摘しています。

すでに明らかになってきているファクターやこれらのデータを参照する限り、「新型コロナのスパイク蛋白そのものが毒素である」との推測が最も辻褄が合っている感じがするね。
そうだとすると、新型コロナワクチンでかつてなかったまでの重大な副反応に見舞われる人が大量発生(さらに2回目の接種でより体調を崩す人が続出)していることも、ワクチン接種者の呼気などから発せられるスパイク蛋白を吸い込んだワクチン非接種者が体調を崩す「シェディング」と呼ばれる事例が多く報告されていることも説明が出来る。

村上名誉教授は「ワクチン接種が進むと、ワクチン回避効果の高い変異型が増えていきます。感染規模が小さければ変異型ウイルスに対応したワクチンの開発が追いつきますが、既に1億人以上に拡大、実際には数億人規模まで拡大している可能性も高く、多数の変異株が世界中で出現する可能性が大」とも語っているけど、これも全く同感だし、確かに、現実はそのようになっている。
とにかくも、ファイザーのCEOは「この先毎年ワクチンを接種する必要があるかもしれない」などと完全にとち狂っていることを言っているけど、こんなことをすれば、人類の大半が滅びるかもしれないってことだね。

新型コロナ危機と世界的なワクチンキャンペーンが「グローバル資本勢力によって前もって計画された『優生思想に基づいた人口削減プロジェクト』」だったことがよりくっきりと浮かび上がってきた感じですが、すでに、「世界の市民がワクチンを接種しても新型コロナ危機が終わるどころかますます深刻化していく」ことをWHOもが暗に認め始めている中で、「今までのワクチンを軸にした感染抑制策は完全な間違いだった」ことを各国政府が認めたうえで、既存の安全性が高い薬の積極的な使用や、新たな特効薬の開発に全力を注いでいくべきではないでしょうか。

全く同感だ。
ボク自身も、コロナに感染・発症して、イベルメクチンを積極的に服用したけど、(発症時も回復後の後遺症においても)その明確で優れた効果を感じているし、イベルメクチンを軸にしつつ、その他、効果が報告されている既存の薬を国が主導して予防の段階から積極的に使っていけば、今のような史上最悪の感染爆発や医療崩壊もなかったうえに、多くの人々が新型コロナで命を落とすこともなかっただろう。

とにかくも、新型コロナで多数の重症者や死者が出ている最も大きな要因は、(政府が主導して意図的に)「早期の適切な治療を怠った」「(大いに実行し得るはずの)予防措置を怠った」「ワクチンの乱用によって多くの”スーパー変異株”が生まれてしまった」これに尽きるのではないかとみているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事