TV界からも「安倍氏の証人喚問行なうべき」との声が次々!若狭勝氏「また虚偽答弁をすることも考えられる」!八代氏までもが「知らなかったはずはないだろうというのが大方の認識では」

Pocket

どんなにゅーす?

・「桜前夜祭」をめぐり、有権者への買収や5000万円を超える収支報告書への不記載などの疑惑で安倍総理と秘書が特捜から捜査を受けている中、テレビ界からも野党側が求めている「安倍氏の証人喚問を行なうべき」との声が次々と上がり始めている。

・元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、「国会で虚偽答弁としたっていうのは国民に対して虚偽答弁をしたということ。政治責任は非常に重い。(略)また虚偽答弁をすることも考えられるので、証人喚問で、偽証罪のもとで喚問しないと国民は納得しないということはあり得ると思う」とコメント

・さらには、これまで安倍サポートの発言が目立ってきた八代英揮弁護士も「証人喚問という法的制裁がある所で行うべきだと思いますが、それ以前に、安倍前首相が秘書の補てん問題について、認識がなかったはずはないだろうというのが大方の認識だと思う」と語り、安倍氏による「知らなかった(秘書が勝手にやったこと)」の主張に疑義を呈した。

若狭勝氏 安倍前首相の“疑惑”説明に「また虚偽答弁をすることも考えられる」

元東京地検特捜部副部長で衆院議員の経験もある若狭勝弁護士(63)が23日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補てん問題で、東京地検特捜部の21日の事情聴取に対し、安倍氏が補てんを「知らなかった」と説明したとみられることについて言及した。

~省略~

若狭氏は、安倍前首相の説明責任について「国会で虚偽答弁としたっていうのは国民に対して虚偽答弁をしたということ。政治責任は非常に重い。また虚偽答弁したということで今回、国会で弁明するということであるとすれば、また虚偽答弁をすることも考えられるので証人喚問で、偽証罪のもとで喚問しないと国民は納得しないということはあり得ると思う」と自身の見解を述べた。

【スポニチアネックス 2020.12.23.】

八代英輝氏 安倍前首相の“疑惑”説明「証人喚問という法的制裁がある所で行うべき」

弁護士の八代英輝氏(56)が23日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補てん問題で、東京地検特捜部の21日の事情聴取に対し、安倍氏が補てんを「知らなかった」と説明したとみられることについて言及した。

~省略~

八代氏は「証人喚問という法的制裁がある所で行うべきだと思いますが、それ以前に、安倍前首相が秘書の補てん問題について認識がなかったはずはないだろうというのが大方の認識だと思う。国会の答弁ではそこに踏み込めなかったですけど、そこに踏み込むのが検察じゃないかと。その点はどうなんだろうと思いますね」と自身の見解を述べた。

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2020.12.23.】

ネットでは「証人喚問じゃないと、安倍氏がまた虚偽答弁するに決まっている」の声が噴出!さすがの八代弁護士もついに安倍氏を見放したか!

出典:NHK NEWS WEB

野党が求めている安倍前総理の証人喚問について、自民党が全力で拒絶している中、テレビ界からも「証人喚問を行なうべき」との声が上がり始めています。
中でも、若狭勝氏による「(証人喚問じゃないと)また虚偽答弁を行なう可能性がある」というのは全くその通りですし、ついに、あの「安倍サポ」八代弁護士までもが(さすがにかばいきれないと判断したのか)安倍氏を見放すようなコメントを始めています。

ネット上では、「証人喚問しないと、また虚偽答弁をするに決まっている」との声が上がっており、全くその通りというしかないだろう。
そして、何よりもとち狂っているのは、そんな多くの国民のみならず、あの安倍サポ八代弁護士ですらも「稀代の大ウソつき」であることを確信している、安倍氏による「私は知らなかった(=すべて秘書が勝手にやったこと)」との説明について、すぐにこれをあっさりと信じて「そうだ、やはり安倍氏は関与していなかったんだ」との結論を出して不起訴にしようとしている東京地検特捜部であり、厳然と存在している「事実や真相」に対して、特捜自らが目と耳を塞ぎ込んだうえで、どうにか全てを闇に葬ろうとしているようにしか見えない。

つまり、自民党はもちろん、検察(特捜)までもが、これを本格的に事件化させないように、全力で”安倍サポ”に走っている状態であり、彼らの行動そのものが、「どんな凶悪犯罪を犯しても決して罪に問うことが出来ない」、(グローバル資本勢力と一心同体の)長州特権階級一族の実情をバラしてしまっているも同然の状態だ。

まさに、明治時代から隠然と続いてきた、「日本の腐敗の核心部分」をまざまざと見せつけられているような状態ですね。
そして、私たちがこれまで指摘してきたとおりの実態が、ここに来てどんどんと炙り出されてきています。

少し前までは、こうした指摘に対して「おかしな妄想であり陰謀論だ」みたいな認識が圧倒的だったけど、中でもこの一件を通じて、長年にわたって日本に巣食ってきた「エセ民主主義」の「売国システム」の内情がどんどんと白日の下に晒されてきているような状態だ。
日本の特捜が設立された経緯を知れば、こうした(安倍氏の犯罪をなかったことにしようとしている)「おかしな動き」についても、ほとんど全ての合点がいくし、とにかく、このまま一方的に「秘書が勝手にやったこと」で一方的に終わりにされてしまわないように、国民みんなが徹底的に抗議の声を最大限上げていくことで、この閉塞感を打破させていくしかなさそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事