菅原一秀経産相にも「公選法違反疑惑」が浮上!高市氏と同じく国契約企業から献金!菅原氏「取材で初めて知った。道義的観点から返金した」

Pocket

どんなにゅーす?

・第四次安倍再改造内閣で経産相に就任した自民・菅原一秀氏に、公選法で禁じられている、選挙期間中に政府と契約する企業から8万円の献金を受け取っていたことが判明。菅原氏の事務所は「取材で初めて知った。道義的観点から返金した」とコメントした。

高市早苗総務相に続き、政府契約企業からの献金を受ける「公選法違反疑惑」が報じられた菅原氏に対し、ネット上では多くの批判の声が上がっている。

菅原経産相も献金を返還
衆院選中に国契約業者から

菅原一秀経済産業相が代表を務める自民党東京都第9選挙区支部が2017年の衆院選期間中、当時内閣府と契約があった練馬区の造園会社から8万円の献金を受けていたことが20日、分かった。菅原氏側は同日献金を返還した。

~省略~

公選法は国会議員に対し、国と契約を結ぶ当事者が国政選挙に関連して献金することを禁じている。

菅原氏の事務所は共同通信の取材に「寄付を受ける際、個別の取引内容は知り得ず、取材で初めて知った。道義的観点から返金した。本年度の収支報告書に計上する」とした。

【共同通信 2019.9.20.】

大学時代はSAMとともにダンスを踊っていた菅原一秀氏に、高市氏とよく似た不正疑惑が発覚!グローバルカルト宗教・朝鮮統一教会ともズブズブ!

出典:YouTube

出典:YouTube

統一教会と関係の深い議員が多数入閣。その一人、菅原一秀の経産相抜擢に見る、「菅政権」への布石

~省略~

第4次安倍再改造内閣で新たに閣僚として就任した顔ぶれをみると、これまで本連載で取り上げてきた議員の名が散見できる。当該閣僚と統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係を以下に列記する。

・武田良太 国家公安委員長・防災・行革担当大臣
2017年2月に韓国で開かれた世界平和国会議員連合(IAPP)の総会で韓鶴子から“国家復帰”指令を受け、同年7月には同教団による外遊議員団の一員として渡米。昨年10月、国際勝共連合50周年大会に出席

・竹本直一 IT政策・科学技術担当大臣
2016年11月、世界平和国会議員連合日本創設式典の晩さん会に出席、翌17年7月、統一教会国会議員団の一員として米外遊

・萩生田光一 文部科学大臣
2014年10月、八王子市民ホールで開催された統一教会会長教団会長の講演会に来賓出席し祝辞

・加藤勝信 厚生労働大臣(再任)
2018年7月、厚労大臣として岡山の教団1万人信者大会に秘書を代理出席

・衛藤晟一 沖縄・北方・一億総活躍大臣
2014年1月、教団関連団体・世界戦略総合研究所の定例会で講演し参議院議員会館使用の便宜

・田中和徳 復興大臣
2016年10月、川崎駅での駅頭で教団機関紙・世界日報を配布。翌17年5月、教団北米会長一行と自民党本部で会談

・菅原一秀 経済産業大臣
2017年
3月、世界平和女性連合に政治活動費から会費1,5万円を支払い
10月、衆院選で統一教会青年信者運動員活用疑惑
11月、教団2世組織 ・勝共UNITEが永田町の広陵会館で開催した「改憲実現2020大会」に出席し信者を激励
〈参照:統一教会イベントで2世信者を激励した議員に「信者運動員使用」疑惑浮上。本人を直撃|HBOL〉

~省略~

【ハーバー・ビジネス・オンライン 2019.9.19.】

これまでも安倍総理への露骨な賛美を繰り返してきた菅原一秀経産相に、高市総務相とよく似た公選法違反疑惑が浮上しました。
菅原氏の事務所は「取材で初めて知った。道義的観点から返金した」などとコメントしていますが、当然のごとくネット上では多くの批判の声が上がっています。

●過去参考記事:【子分も嘘つき】自民・菅原一秀議員「正直、公正。それが安倍晋三。」→ネット「悪い冗談か」「吹き出した」「ここまで親分の膿やウソが蔓延したか」

テレビなどでは、SAMと一緒にダンスをしていた過去(SAMは今回の菅原氏の経産相就任にお祝いメッセージを送ったらしい)などを取り上げながら、菅原氏をしきりにヨイショする報道が目立っているけど…その実は、グローバルカルト宗教の朝鮮統一教会に加えて、日本会議とも深い関係を持っている、典型的な「安倍カルト議員」だ。
さらに、リテラによると、自民党のネット工作部隊「ネットサポーターズクラブ」を率いていた(自民党ネットメディア局長)うえに、元愛人に対して「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」「子供を産んだら女じゃない」などと言い放ったとして、モラハラの被害を告発された過去も持っているとのこと。

今回、これらのグローバルカルト宗教とズブズブの自民党議員が揃いも揃って閣僚入りしているけど、やはり、菅原氏と同じく、政府と契約する企業から献金を受け取っていたことが発覚した高市早苗総務相も朝鮮統一教会と昵懇だし、どうやら、カルト宗教と仲良しの議員は、いずれも「法律を遵守する」という、議員として「最低限のモラル意識」が根本的に欠けている人間が多いみたいだ。

本当に、安倍総理の部下たちのモラルの崩壊と無法ぶりが目に余る状況ですが、そもそも、日本政府そのものが危険なカルト宗教にほとんど乗っ取られてしまっている「危機的な現状」を改めて強く感じます。

安倍総理を取り巻くお友達議員や子分議員は、ほとんどすべてが統一教会(日本会議)の傀儡議員だし、まさしく危機的な状況だ。
大手のマスコミがほとんど報道しないせいで、多くの日本国民がいまだによく分かっていない様子だけど、「オウム事件」などを改めて思い出したうえで、「安倍政権の興隆とともに、カルト宗教が日本政府内にどんどん浸食してきている”恐ろしい現実”」を一人でも多くの日本国民が認識していくことが必要なんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事