【反知性】「お笑い(吉本)に政治を持ち込みまくり」の安倍総理に批判起きず!普段は「音楽や芸能に政治を持ち込むな」との批判が殺到するのに…

Pocket

どんなにゅーす?

・自身の選挙対策やPRのために、安倍総理が吉本新喜劇に飛び入り出演したものの、これに対して、大手のマスコミなどが、安倍総理の「お笑い界(芸能界)の政治利用」に対して、不自然なくらいに批判が起こっていないことが話題になっている。

・普段は、SEALDsの奥田愛基氏が出演したフジロックフェスや、辺野古基地建設反対署名を呼びかけたローラさん、日常的に現政権の批判をネタに取り入れているウーマン村本氏などに対し、マスコミや言論人などから「音楽や芸能に政治を持ち込むな」との批判を促す世論誘導が巻き起こる中で、この国に蔓延している「権力礼賛思想(奴隷化思考)」が如実に浮かび上がる事態になっている。

安倍首相の吉本新喜劇出演=お笑いの政治利用に、吉本所属のウーマン村本と星田英利が勇気ある批判!

こんなことを許していいのか。そう、安倍首相が吉本新喜劇に出演した一件だ。安倍首相は20日、なんばグランド花月で吉本新喜劇が舞台に登場。「本物ですか?」と尋ねる出演者に「ほんまに本物です!」と大阪弁で返したり、「『四角い仁鶴がまーるく収め』る、そういう解決策を見いだしたい」などと、大阪に媚びるようなギャグを口にしたのだという。

場内には笑いはほとんど起きず、デイリースポーツが「安倍首相 吉本新喜劇でスベる「ほんまに本物です!」、反応今イチ、飛び入り出演」と見出しを打つほど、サムい空気だったようだが、だからといって、この暴挙を見過ごすわけにはいかない。

安倍首相の出演は、「G20のPR」ということになっていたが、20日は大阪12区の衆院選補欠選挙の投票日前日。実際、出演の直前には、大阪・寝屋川市など3カ所で応援演説を行っていた。安倍首相は明らかに吉本新喜劇を政治利用し、選挙のPRに使ったのだ。

「出演はハプニングでもなんでもない。大阪12区のテコ入れのために少し前、官邸が吉本にもちかけたようです。吉本はこれを受けてかなり入念に準備していた。また、マスコミも数日前から情報をつかみ、取材の体制をとっていました。いわばやらせの選挙PRショーですよ」(大手紙選挙担当記者)

舞台はテレビと違って、放送法や公職選挙法の規制の対象ではないが、吉本新喜劇の場合はもはやテレビに近い公共的な存在である。それを公党の総裁である総理大臣が選挙運動に利用するというのは、倫理的にありえない行為だろう。

それは、この非常識なオファーを受けた吉本興業も同様だ。本来、お笑いというのは庶民が権力や権威を笑い飛ばすためにあるもの。大阪の庶民文化に根付いた吉本新喜劇はその象徴でもあった。ところが、吉本の上層部はその“大阪の魂”ともいえる存在を権力者にいとも簡単に差し出してしまったのだ。

「いまの吉本興業は完全に政権にベッタリですからね。法務省のPRを会社ぐるみで受け、タレントにも政府や安倍政権のPRを積極的に引き受けさせている。
吉本は沖縄と大阪でカジノ利権への参入を狙っており、政権に“貸し”をつくっておきたいという狙いもあるのではないかといわれています」(週刊誌記者)

まったくお笑いの風上にもおけない堕落ぶりだが、しかし、そんな吉本にも骨のある芸人はいる。空気を読み権力に媚びる芸人ばかりが幅を利かすなかで、この間、圧力に屈することなく、「言うべきことは言う」という姿勢をつらぬいてきた、ウーマンラッシュアワーの村本大輔と星田英利(ほっしゃん。)だ。

二人は今回も吉本所属でありながら、安倍首相の吉本新喜劇出演にはっきりと異を唱えていた。

~省略~

しかも、この政権への恭順は吉本だけの問題ではない。今回の件で、吉本のやり口以上に暗澹とさせられたのは、安倍首相の投票日前日の吉本新喜劇出演という問題行動を、新聞、テレビがまったく批判しなかったことだ。いや、それどころか、民放やスポーツ紙はもちろん、NHKまでがこれを“微笑ましいニュース”のように取り上げ、そのPRに全面協力していた。

「安倍官邸への忖度に加えて、民放は吉本興業の株主でもありますから、批判なんてできるわけがない。スポーツ紙も吉本とはべったりですからね。安倍首相の吉本出演はそれを見越しての行動なんでしょう」(前出・週刊誌記者)

報道からエンタテインメントまで、すべての言論と表現が安倍政権に乗っ取られる。そんな日がやってくるのもけっして遠い話ではなさそうだ。

【リテラ 2019.4.22.】

普段は「音楽や芸能・お笑いに政治を持ち込むな」と批判が巻き起こるのに、安倍総理自身が「究極的な『お笑いの政治利用』」をやると全て許されてしまう、究極の「反知性社会」!

出典:YouTube

普段は、散々「音楽や芸能・お笑いに政治を持ち込むな!」なんていう批判が必ずと言っていいほどに湧き起こるのに、安倍総理自身がかつてなかったくらいの「究極的な『お笑いの政治利用』」をやらかしたことに対して、ほとんど何の批判も湧き起こっていないことがネットで話題になってるわ!
ほんとにその通りだし、いつも、「芸能に政治を持ち込むな」なんて騒ぐ連中は、どうして安倍総理に対して同じような非難を全くしようとしないのよっ!?

つまり、憲法などのルールを徹底的に無視し、民主主義を蹂躙し続けている安倍総理を批判する「良心的な意見」を発信する著名人に対しては、「音楽や芸能・お笑いに政治を持ち込むな」と叩き安倍総理自身が芸能界に政治を持ち込むと、今度は「さすが安倍総理!」と一転して賛美するというわけか。

まさしく、究極的な反知性社会だし、すでにこの日本社会は「安倍総理自身の都合」を中心に全てが回るようになってきているというわけだね。

一般国民も知らずの内に、自分自身で考えることなく、機械的・盲目的に1%のグローバル権力層(安倍政権)に付き従う思想を着実に植え付けられてきているようにみえるけど…こうした「権力礼賛思考」や「奴隷思想」は究極の反知性であり、まさしく、思考停止の極致(つまり、”おバカ化”の成れの果て)と言えるものだ。
こんな思考が国民間にどんどん蔓延していけば、そりゃ必然的に日本の国力も経済力どんどん落ちていくし、事実、この記事で紹介したように、世界に先駆けて日本国民がどんどん貧乏になってきているデータも出てきている。

こんな調子で、全てが「安倍総理の都合」だけで世の中が回っていくように、大手マスコミやネット工作組織が国民を欺き、「奴隷思考」「反知性」を国民に刷り込み続けようとする限り、かつてなかったまでに日本は堕落し続け、最後は再起不能なまでに破綻・破滅することになるだろう。
いうまでもなく、国家そのものが強くなり、国民自身が豊かになっていくためには、その国で生きる国民の「知力」「頭脳」が絶対に不可欠だし、国民自身が「よりよい国を作っていく」との高いレベルの自覚や使命感を持ち、自主的に団結し、腐敗した政治を変えていこうと思わない限り、今より日本が良い国になっていくことは有り得ないだろう。

現在の日本は、安倍政権を自在に操っているグローバル資本勢力が、日本国民の思想をマスコミやネットを通じてかつてなかったほどに劣化・愚民化させている状況だし、国民自身がこの実態を理解した上で、この「負のスパイラル」から脱却していく強い意志を持っていくことが必要になってくるんじゃないかな。

これもまさしく、トルーマンが提唱していた「猿をバカに変えて我々が飼い続ける」そのものの、典型的な”愚民化洗脳”ってことね。
このまま、思考停止状態のまま安倍政権に付き従う「奴隷脳」が蔓延し続けていくと、「人として一番大切なもの」すらも奪われてしまうことになりそうだし、事件発生から一貫して、腐った権力にたった一人で抵抗し声を上げ続けている、NGTの山口真帆さんのことを私たちももっと見習っていく必要がありそうね。

AKBの運営会社も安倍政権の体質ととてもよく似ているし、とにかく、ボクたち一人一人が「自分自身で考え行動する」意識を持ちながら、おかしいことに対して、きちんと声を上げ、堂々と抗議していく意識を持っていくことが、現状の日本の腐敗社会をどうにかする一歩になるんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告