安倍政権が「5%消費減税」で解散の構想!?国民から「消費減税で野党共闘」を求める声と、「減税路線」を拒絶する立憲・枝野氏への批判高まる!

Pocket

どんなにゅーす?

・今秋での衆院解散が噂される中、安倍政権が「消費税5%減税」を打ち出す準備を行なっているとの情報が出てきている。

・一部の自民党議員からも消費減税を求める声が上がり始めている中、安倍政権に反対している有権者からは、野党勢力に対して「一刻も早くに消費減税で共闘」するように強く求める声が相次いでおり、減税での共闘を拒絶してきた野党第一党の立憲・枝野代表に対する批判の声が高まっている

万一、安倍政権が「5%減税」を言い出せば、(それ以上の減税or廃止を野党が出さない限り)”安倍大勝&野党大敗”は確実!

世界的なコロナ危機の中、欧州各国で消費減税に踏み切る動きが広がってきていますが、ジャーナリストの佐藤章氏を筆頭に、安倍政権が次期衆院選に向けて「5%消費減税」を打ち出す準備をしているとの情報が出てきています。
実際のところはまだ分かりませんが、もし本当に安倍政権がこれをやった場合、(野党がさらなる減税や廃止を掲げない限り)安倍政権の大勝と野党の大敗は確実となるでしょう。

いよいよ、Twitterの中でも、(なぜか)消費減税を拒絶し続けている枝野氏への批判や怒りの声が高まってきたし、その立憲と連携するのと引き換えに、「消費減税路線」を全面的に妥協してきた共産党に対しても、いら立ちや疑問の声が上がり始めてきた感じだ。

ボク自身もいち早く、「こうした展開」になっていくことを予測した上で、特に立憲に対しては批判的な論調を強めてきたけど、とにかく、「消費減税」を安倍政権の方から先に言い出した時点で「野党は終わり」といっても過言ではないだろう。
ボクなんか、かなり前から「消費減税で共闘しない限り、野党が勝つのは無理」とずっと言い続けてきたけど、ようやく、こうした現実が多くの人々の間に広く浸透してきた感じがするね。

私たち自身は、ずっと前から、(「市民密着型政治」のシンボル的存在である)れいわの山本太郎氏を中心にしながら「消費減税or廃止で野党共闘を」と呼びかけてきましたが、これを大きく妨害してきたのが枝野氏ら立憲幹部ですし、どうやら、安倍政権を批判してきた人々の中にも、本当の意味での「国民生活の向上」や「国民最優先の政治の実現」を妨害しようとしている勢力が存在しているようにみえます。

ああ。ボク自身も、最近「これらの勢力」の正体について分析しているけど、どうやら、野党勢力の中にも”利権”のようなものが存在していては、れいわの台頭によって、旧態依然の野党体制が一新されることを嫌がっている勢力が存在している(つまり、れいわの勢力が拡大していくと困る勢力がいる)ことが徐々に見えてきた感じだ。
そして、ボク自身が分析したところ、”彼ら”はある程度の裕福な層であり、度重なる増税に苦しみ、日々の暮らしにひっ迫している一般庶民からはやや離れたところに存在している勢力であることが徐々に分かってきた。

まあ、広義的に言えば、彼らもグローバリストの一員であり、安倍政権のさらなる延命や権力強化をサポートしている”工作勢力”ということになるけど、簡単に言えば、現状に存在している「野党の縄張り」みたいなものが壊されようとしていることや、本当の意味での「市民密着型政党」が大きく育っていくのを嫌がっている連中が存在しているみたいなんだよね。

もし、枝野代表らも「こうした勢力の一員」なのだとしたら、それこそ最悪ですし、現に、彼らが「減税での共闘」を積極的に容認し、太郎さんらと積極的に共闘していれば、ここまで野党が”じり貧状態”になっては、選挙に連敗する状態にはなっていなかったのではと思います。

ああ。立憲結党当初はボクも期待していた一人だったけど、野党第一党の権力を手に入れてからというもの、特におかしくなってしまったように感じる。
こうした状況を見る限り、ボク自身は「既存の(旧態依然の)野党勢力に依存するばかりでは、『国民主体の政治の実現』は不可能」との結論に辿り着きつつあるし、だからこそ、山本太郎氏が一人で”ゼロ”から立ち上げたれいわを、(現状の問題点を改善させた上で)よりしっかりとした政党に育てていく必要があるものと考えている。

現状では、野党勢力の中にも既得権のようなものが存在しており、俗にいう「ビジネス右翼」というものがある一方で、「ビジネス左翼」というようなものもあることが分かってきたし、その実態は、どちらも、貧富の格差を極限にまで広げては、「1%のグローバル資本勢力による真の独裁社会の実現」をサポートするために存在しているグローバリストだ。
もし、安倍政権が本当に「5%減税」を掲げて解散してしまうと、いよいよ連中の思惑通りに「安倍政権の大勝」が現実化してきてしまうし、一刻も早くに国民自身が1%によるありとあらゆる洗脳や情報工作から脱した上で、あらゆる既得権やしがらみが存在しない「本当の市民密着型政党」をしっかりと育てていかない限り、日本国民の未来はかなり厳しいものになってしまうんじゃないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。