安倍総理が幼児性丸出しの”醜悪ヤジ”!今井雅人議員が提示した「萩生田メモ」について、「あなたが作ったんじゃないの?」と指さし!→委員会は紛糾&大混乱に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年11月6日の衆院予算員会において、安倍総理が良識を著しく欠いたヤジを飛ばし、議員が紛糾。委員会の進行が大きく乱れ、野党が激怒する事態が発生した。

・野党統一会派所属の今井雅人議員が、文科省内で見つかった「(通称)萩生田メモ」を取り上げ、加計学園問題における萩田文科相の関与を追及している最中安倍総理が今井氏を指さし、「あなたが(メモを)作ったんじゃないの?」と放言し、議会は紛糾。さらに、自民・棚橋泰文委員長は、野党からの要求を無視し、速記を止めないままヤジについての確認作業を続け、今井議員に次の質問を執拗に要求。その後、安倍総理が答弁に立ったものの、意味不明な釈明や開き直り発言を延々と続け、議会はさらに混乱。

・これら、安倍総理の常軌を逸したヤジと棚橋委員長の悪質な対応によって、議会が激しく混乱・紛糾したことに対し、国民からも怒りの声が殺到している。

安倍首相「申し訳ない」不規則発言で審議中断

~省略~

問題の場面は、萩生田光一文科相の「身の丈発言」を追及していた無所属の今井雅人議員が、加計学園獣医学部設置問題で浮上した、萩生田氏の発言とされるメモに触れた際に発生。作成者はだれかと萩生田氏に質問する中、席に座った首相から「『あなたではないか』と、私に指をさされた」という今井氏は「私が作るわけない。失礼ですよ。侮蔑だ」と、憤慨。首相に謝罪を求める事態に発展した。

首相は「誰(が書いた)か分からないと言った」「正確な発言ではないわけです」などと言い訳を続けた末に「座席から言葉を発したのは申し訳なかった」と、陳謝。今井氏は「萩生田氏に言われるならまだ分かるが、なぜ総理なのか」と批判したが、首相がモリカケ問題の追及に今も敏感になっている現実を、あらためて浮き彫りにした。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.11.6.】

安倍首相、錯乱!「総理のご意向」文書を追及した野党議員に「あなたがつくったんじゃないの」と逆ギレフェイク野次

~省略~

安倍首相が加計問題と英語民間試験の共通性に触れられ逆ギレして飛ばした野次

~省略~

だが、そのあと、安倍首相はさらにひどい醜態を晒す。それは、無所属の今井雅人議員が「萩生田副長官ご発言概要」について、萩生田文科相に「文科省でこのメモは見つかったわけですよね。であれば、これは文科省の人が書いたと思われますが」「文科省で見つかったと松野(博一・元文科)大臣がおっしゃっていますから、内容からして誰かがつくっているわけです」と質問をおこなった際のことだ。

ここで安倍首相は、自席に座りながら、今井議員に指をさし、こうヤジを飛ばしたというのだ。

「あなたがつくったんじゃないの」

文科省から見つかった内部文書をつくったのは今井議員じゃないのか──って、もはやSNS上でなんでもかんでも「野党がやった」と喚いているネトウヨかと見紛うようなイチャモン、陰謀論ではないか。とても正気の発言とは思えないが、それを総理大臣が国会で堂々と口にするとは、唖然呆然とはこのことだ。

安倍首相、錯乱! 加計問題の「総理のご意向」文書を「私がつくったかもしれない」

無論、今井議員も「なんで私がこんなものつくれるんですか? 失礼ですよ!」と抗議したのだが、しかし、安倍首相はこんな言い訳をまたも長々とはじめたのである。

「ただいま、今井委員がですね、文科省のなかにおいて見つかった、誰がつくったんですかと、こう訊いたわけですね。文科大臣に。で、文科大臣としては、自分はまったくこれは、こうこうこういう理由でまったく中身は正確ではないと明確に示された、というふうに思っています。そして、それは、当然、預かり知らないものでありますから答えようがないわけであります。しかし、今井委員はですね、それでも答えろということであったわけでありますが、それは答えられないんじゃないかということで、私はですね、それは誰かわからないんじゃないかと、こう申し上げたわけでありまして」

安倍首相は「あなたがつくったんじゃないの」と今井議員に濡れ衣を着せたというのに、「つくったのは誰かわからない」などと言い出す……。この安倍首相の発言には委員会室がざわついたのだが、安倍首相はさらにこうつづけた。

「で! そのなかにおいてですね、そのなかにおいて、そのなかにおいてですね、私は今井委員のほうを指差しまして、それは誰だって可能性があるし、今井委員だって私だって、それは、そういうことになってしまうんじゃないかということを申し上げたわけでありまして、ここであきらかにしなければいけないことについてはですね、つまり、誰が書いたということについて、今井委員が明確なですね、明確なものを、事実を示しながら、これは文科省でつくられたということを示さないかぎり、これは議論にならないわけでございまして、まさに水掛け議論、水掛け論になってしまうということを私は、という趣旨で申し上げたわけでありますが」

よりにもよって、ひねり出した言い訳が「今井議員がつくったかもしれないし私がつくったかもしれない」って、安倍首相は自分が何を口走っているのかわかっているのだろうか。

~省略~

【リテラ 2019.11.6.】

↓問題のシーンは、3時間13分30秒くらい~。安倍総理のトンデモヤジをきっかけに、議会は大紛糾に…!

安倍総理による前代未聞の醜いヤジに、国民からも怒り噴出!棚橋委員長も速記を止めようとせず、安倍総理に”助け舟”!

出典:YouTube

文科省内から出てきたメモについて問いただしている今井議員に対して、「あなたが作ったんじゃないの?」って…!
この総理は一体どこまで根性が腐ってるのかしら!?

どうやら、日頃から自分たちが重要な文書やデータなどの捏造や改ざんに手を染めているあまり、野党が入手した物証や重要資料に対しても、「(自分たちと同じように)捏造してるんじゃないか?」との意識が真っ先に出てきてしまうようだ。
今回の醜悪なヤジ一つとっても、この人間が総理大臣を務める資質が微塵もないどころか、絶対に総理大臣を務めてはいけない人物であることが分かるけど、その後の釈明においても、指をさして今井議員を罵ったヤジを「つぶやき」などと矮小化したり、意味不明な自己保身にまみれた言い訳を延々と繰り返したりと、ますます歪んだ人間性と幼児性をさらけ出してしまったね。

しかも、委員会を仕切っている棚橋委員長も、あれほど野党から速記を止めるように要求されているのに、これらの声を完全無視して、時間をどんどん浪費させつつ委員会をグダグダにさせている様子もまったく酷いものだし、見ていて本当にイライラしてしまったわっ!

棚橋氏による委員会の進め方も”無能”そのものだし、本来なら、安倍総理を厳しく咎めないといけない立場のはずなのに、あからさまに安倍総理に気を遣いながら、醜悪ヤジをうやむやにしようとしている様子が見て取れるね。
この先も安倍政権の与党連中に国会を仕切らせると、ますますぐちゃぐちゃのメチャクチャになってしまうのは目に見えているし、今回の一件の「(小学校以下の)レベルの低さ」を見ただけでも、安倍内閣の総辞職に値するような惨状だ。

それにしても、安倍総理は、加計疑獄について突っ込んだ追及をされると、(相変わらず)あからさまに神経質になっては、冷静さを失う様子がみられるね。
こうした安倍総理の慌てふためく姿を見ても、まだ明るみになっていない「どうしても触れられたくないことがある」としか思えないし、新たに浮上してきた「民間試験導入の闇」とともに、加計疑獄も徹底追及していく必要がありそうだ。

Pocket

 

 関連記事