■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】スケート・小平奈緒さんが札幌五輪招致活動を辞退!、平井前デジタル相・マイナ推進について「是非を一々国民に聞いて進めるものではない」!、立憲・枝野前代表がいよいよ(ジャパンハンドラーの傀儡としての)馬脚を露わす!

【ゆるねと通信】スケート・小平奈緒さんが札幌五輪招致活動を辞退!、平井前デジタル相・マイナ推進について「是非を一々国民に聞いて進めるものではない」!、立憲・枝野前代表がいよいよ(ジャパンハンドラーの傀儡としての)馬脚を露わす!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年10月30日)

スピードスケート・小平奈緒さんが札幌五輪招致活動を辞退することを表明!「オリンピックがスポーツをする人にとって必要なものであってほしい。それを利用されたくない」

小平奈緒「五輪を利用されたくない」札幌五輪招致活動への参加要請は”辞退”【スピードスケート】

女子スピードスケートで2018年平昌五輪金メダリストの小平奈緒(36)=相沢病院=が27日、東京都内で引退会見。2030年の冬季五輪の札幌招致活動への参加を要望されたことをものの、「スポーツの純粋な楽しさをもう一度、考えたいと思っているので、今は札幌五輪に関してはいったん置いているところ」と”拒否”したことを明かした。

京五輪の組織委員会に関わる不正疑惑が多発していることも踏まえた考えとみられ、「いろいろと問題も耳にする。オリンピックがスポーツをする人にとって必要なものであってほしい。それを利用されたくない。支えてくれる人たちが、真摯(しんし)にスポーツと向き合ってくれることを願っています」と強調した。

~省略~

【中日スポーツ 2022.10.27.】

小平奈緒からも見放され…札幌五輪招致「運営費200億円」上積み決定、世界が驚く無策ぶり

確かにオドロキだ。

2030年冬季五輪の札幌招致スローガンが「世界が驚く、冬にしよう。」に決まった。この標語が発表された27日のプロモーション委員会では、運営費の見直しも発表。物価上昇を理由に200億円の経費上積みが決まり、試算額は従来の2000億~2200億円から2200億~2400億円に増額。

~省略~

すでにアスリートからも見放されている。27日に引退会見を行ったスピードスケート平昌五輪金メダリストの小平奈緒(36)は招致活動への参加を要望されたことを明かしたうえで、「スポーツの純粋な楽しさをもう一度考えたいので、今は札幌五輪に関していったん置いているところ。いろいろと問題も耳にする。五輪がスポーツをする人にとって必要なものであってほしい。それを利用されたくない」と断じた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.10.29.】


出典:YouTube

ようやく、スポーツ界から明確に東京五輪汚職事件を批判する方が現れてくれました
小平さんは札幌五輪の招致活動に関する要請も断ったとのことですし、全てが極めてまっとうな判断だと思います。

本当であれば、日本に限らず五輪そのものが腐敗の巣窟なので、五輪自体を完全に廃止すべきだと思うけど、さすがにスポーツ選手の側からこれを堂々と主張するのは難しいだろうからね。
ましては五輪金メダリストが東京五輪汚職事件について批判すること自体、相当な勇気や覚悟が必要だろうし、実際に様々な利権や甘い汁を持ちかけられながらも、これを自らの意思で断ち切って「No」と口にしたことは本当に凄いと思う。

大多数の選手が腐った利権や甘い汁の誘惑に対し、まんまとこれに乗って腐敗勢力の仲間入りをしてしまっている現状がある中、小平さんのこのメッセージはとても大きな意味があると思いますし、その他の選手も小平さんに追随し、選手の側からも「スポーツをダシにして国富を食い散らかし利権を貪ってきた特権階級集団」に抗議の声を上げていくことを願うばかりです。

 

(海外勢力に忠実な真性国賊政治屋)平井前デジタル相が究極的な大暴言!マイナ推進について「是非を一々国民に聞いて進めるものではない」!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事