【非難囂々】吉本・岡本社長が”緊急会見”!宮迫氏らの「クビ撤回」に言及!吉本の「腐敗の元凶」は、松本人志氏による歪んだ「支配構造」か!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月22日、宮迫氏・ロンブー亮氏による「告発会見」が大きな波紋を呼んでいる中、吉本興業の岡本昭彦社長が今になって緊急会見を開催宮迫氏の契約解除を撤回したいとの意向を言いだし、2人による数々の「暴露」について釈明に追われた。

・岡本社長は、時に涙ながらに釈明と謝罪に追われるも、数々のパワハラ発言について「冗談のつもりだった」「和ませようと思った」などの主張に対し、世間では批判の声が殺到

・また、松本人志氏が岡本社長に会見を開くように圧力をかけたことや、大崎会長の辞任を慰留していたことが話題に。松本人志氏が吉本の経営陣を不当に支配してきた構図が見え隠れしている。

吉本の岡本社長「会見したら首」も「和ませようと」

~省略~

雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らとの面談の際に「会見してもいいが首にする」と圧力をかけたとされる件について「まったくそういうつもりはなかった」と話した。

「詐欺の被害にあった方がおられるいうことがやりとりを見て感じられなかったので、ええかげんにせい、という思いだった」。また「和ませようとするのが僕のダメなところ」とし「情けない。父親から見て『勘当や、ええかげんにせい』というつもりだったが、互いの距離感にギャップがあり、伝わっていなかったのが僕の反省するところ」とした。

【日刊スポーツ 2019.7.22.】

吉本興業「在京5社、在阪5社株主」発言は「配慮」

~省略~

雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らとの面談の際に「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」と話したという件について、同社の法務担当者が答えた。

面談に同席した法務担当者は「亮さんから生中継したいとう話があったが、テレビ各局が株主様でもあり、生中継するにしても、放送時間など配慮しないといけない、という意図だった」とした。

【日刊スポーツ 2019.7.22.】


加藤浩次が松本人志の大崎会長擁護を批判!「大崎さんは絶対知ってる」岡本社長は傀儡で松本・大崎が吉本を支配

今日の『スッキリ』(日本テレビ)で、加藤浩次が吉本興業の岡本昭彦社長だけでなく、大崎洋会長の責任について言及、こんな勇気ある発言をした。

「大崎会長は会長といえども、代表取締役会長ですから、代表権をもっているということ。代表権をもっている会長には責任があると思う」
「いまの吉本の状況。大崎さん、岡本さん、この二人をみんな怖がってる」
「この体制が、いまの社長、そして、会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める」

~省略~

しかし、所属芸人である加藤がリスクを冒してまで、こんな踏み込んだ発言をしたのは、理由がある。それは、前日、松本人志が『ワイドナショー』(フジテレビ)で宮迫とロンブー亮の会見を取り上げ、「大崎会長が辞めるなら僕も辞める」と発言したことだ。加藤はそれ以降に起きた世論の変化に、強い危機感を覚えたのだろう。実際、加藤は続けて、松本の発言について、こう反論した。

「昨日、松本さんが『ワイドナショー』でおっしゃていた。大崎さんが辞めるんだったら、僕も辞めるっておっしゃっていた。大先輩に対して僕がこんな口をきくのはおこがましい話かもしれないですけれども、松本さんにとってはずっと一緒にやってきて、大崎さんっていうのは同志だと思う。松本さんの気持ちはすごいわかる。でも、松本さん! 後輩ながら言わせてもらいますけど、会社のトップなんです。みんなつらい思いしてて、会社のトップが責任とれない会社って、機能してるのかな」「松本さんがお世話になった大崎さんていう方、本当にすばらしい方だと思うけど。いまは取締役会長っていうお立場ですから、そこは松本さん、辞めるとか言わないでもらいたい。そうなって新しい会社を、松本さん中心に作っていただきたいなって、僕は考えています」

加藤は吉本の事実上のドンである松本にはかなり気遣いを見せていたが、それでも覚悟をもって「松本の大崎擁護は公私混同だ」と批判したのだ。

実際、『ワイドナショー』の松本人志はひどかった。マスコミだけでなくネット民までが「松ちゃんの男気を見た」とすっかり騙されているが、一見、上層部の批判をして芸人たちを擁護しているようで、実際は吉本の上層部のシナリオ通り“岡本昭彦社長のパワハラが問題なだけで、大崎洋会長は悪くない”というふうに世論を誘導したに過ぎなかった。

あらためて言うが、今回、雨上がり決死隊・宮迫とロンブー亮が会見で語ったのは、岡本社長が「だったら連帯責任で全員クビだ」と言ったというパワハラ問題だけではない。会社側は宮迫ら芸人たちから金銭を受け取っていたことを6月8日の段階で報告を受けていながら、24日まで、20日近く隠蔽し続けたことを明かしたのである。

~省略~

【リテラ 2019.7.22.】

松本人志氏が、大崎会長を「うちの兄貴」と擁護しつつ、岡本社長を自在にコントロール!見かねた極楽加藤氏が番組上で”決死”の苦言!

↓実質的に松本人志氏の操り人形と化している吉本・岡本社長。

出典:YouTube

なんだか、テレビでは「松本人志さんの力で吉本の社長が心を入れ替えた」みたいな世論誘導が始まっているみたいだけど、どうやら実際はかなり違っていたみたいね。
この話を聞く限り、松本人志さんは、”吉本の所属芸人”というのは「世を忍ぶ仮の姿」で、実質的に、吉本の会社そのものを支配している”黒幕”のような存在じゃないかしら?

この度会見を行なった岡本社長も、ダウンタウンのかつてのマネージャーということだし、普通に考えても何だか「ヘンな構図」になっているよね。
見た目的には、「岡本社長と大崎会長が巨大な吉本の組織を牛耳っている」ってことになってるけど、この「さらに上」に、”見た目的”には吉本に雇われている形の松本人志氏が控えており、会長と社長を実質的に支配しているという構図のように見える。

松本人志氏は、「第三者のフリ」をしつつ、自らの実力で宮迫氏とロンブー亮氏のクビを食い止めた”役割”を演じるけど、言ってみれば、そもそも、2人がここまで酷いパワハラや隠蔽工作を強要された体質を作ったのは、実質的に吉本を操ってきた松本人志氏と、彼に支配されてきた大崎会長と岡本社長ということになるのではないだろうか?

ワイドナショーでも、一見すると吉本の体質や経営陣を批判していたみたいだけど、これまでも、しっかりと松本さん自身が”そこ”に関わってきた上に、大崎会長が辞めちゃうと自身の権力も弱まっていくことを危惧しての発言だったってことね。
安倍政権に露骨に擦り寄って、そのおこぼれや利権を得ようとする姿勢もまったく感心できないけど、その、ズルくてセコイ性質が「闇営業事件」においても全開になっているわね。

松本人志氏は、過去にも犯罪性思考を強く臭わす発言を繰り返してきたし、組織の中枢を担ってはいけない人間なのは確かだろう。
そして、岡本社長の会見をざっとみても、しきりに「家族」やら「親父」やらの言葉を持ち出して、悪意がなかったことを強調しているけど…その言葉の端々に、2人に罪をなすりつけようとする意図が感じられたし、「家族」や「親父」というのは、まさに、都合良く芸人を飼い慣らしていくための”詭弁”だろう。
実際のところは、自らの金儲けのための「金づる」であり、そうした反社会的な体質が災いして、宮迫氏とロンブー亮氏への隠蔽強要や脅しに繋がっていったことが想像できるね。

そして、こうした反社会的な体質を築き上げた背後に、吉本を背後で操ってきた松本人志氏さんの存在があることはいうまでもないんじゃないかしら?

ちなみに、こうした松本人志氏と”ただれた関係”を築いてきた大崎洋会長は、安倍政権が主導する、普天間基地の跡地を利用するプロジェクトに関する有識者懇談会のメンバーに選出されており、政府と連携しながら沖縄でのカジノ進出を目論んでいるのではとの声が上がっている。
さらに、他企業と合同で教育コンテンツなどを国内外に発信する事業計画において、官民ファンドから100億円もの出資を受けるとの情報まで出ている。

おまけに、この度取り沙汰されている詐欺勢力が、吉本が絡んだイベントのスポンサーになっていたとの話も出ているし、このような著しく「反社会的な企業」が時の政権と昵懇関係を築きつつある現状について、今回の一連の騒動を機に、もっと危機感を持っていく必要があるんじゃないかな。

昨今の政治の腐敗も酷いけど、これと同期するように芸能界やマスコミ界の腐敗も深刻なまでに進んでしまっているわね。
今回、極楽加藤さんが(2人に続いて)勇気ある告発をしてくれたけど、ここから「松本人志さんの吉本帝国」の”落城”に繋がっていくのかどうか、今後の行方を見ていこうと思うわ。

Pocket