【本音露わ】靖国神社・小堀邦夫宮司「今上天皇は靖国神社をつぶそうとしている」音声が流出し辞任!「皇室不敬発言」として宮内庁にも謝罪

Pocket

どんなにゅーす?

靖国神社の小堀邦夫宮司(68)「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ」「はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」などの”反天皇発言”を行なっている音声が流出。週刊誌がこれを報じたことで、辞任に追い込まれる事態に。

・さらに小堀宮司は「もし、御在位中に一度も親拝なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか?新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」とも発言しており、「皇室不敬発言を行なった」として宮内庁に陳謝靖国神社内部に存在する”反天皇”の実態が浮かび上がる展開になっている。

「陛下は靖国を潰そうとしてる」靖国神社トップが「皇室批判」

~省略~

6月20日、靖国神社の社務所会議室で行なわれた「第1回教学研究委員会定例会議」で、その重大事は起きた。今年3月に第十二代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏(68)が、創立150年に向けて新たに組織したのが「教学研究委員会」だった。これからの靖国神社がどうあるべきかを考えるとして、第1回の会議には、小堀宮司以下、ナンバー2である権宮司など職員10人が出席したことが当日の議事録に残されている。

その会議の場で、靖国神社のトップである小堀宮司から、驚くべき発言が飛び出した。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。違う? そういうことを真剣に議論し、結論をもち、発表をすることが重要やと言ってるの。はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」

さらに発言は、代替わりで次の天皇となる皇太子夫妻にも向けられた。

「あと半年すればわかるよ。もし、御在位中に一度も親拝(天皇が参拝すること)なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」

静まり返る会議室で小堀宮司の高圧的な口調の“独演”と、速記のキーボードを打つ音だけが響く──。

この会議は、小堀宮司の意向もあって複数の出席者が記録のために録音していた。宮司の「総括」から始まる110分に及ぶ音声データを本誌は入手した。

~省略~

【NEWSポストセブン 2018.9.30.】

靖国神社宮司が天皇批判!「天皇は靖国を潰そうとしている」…右派勢力が陥る靖国至上主義と天皇軽視の倒錯

~省略~

富田メモに残された「昭和天皇が靖国神社に参拝しない理由」

~省略~

そもそも、小堀宮司による“天皇批判”の背景は、来年4月末日をもって退位する今上天皇が、即位してから一度も靖国を参拝していないことにつきる。

しかし、それは昭和天皇の意志を引き継ぐものであり、当然の姿勢と言えるだろう。

周知の通り、昭和天皇は、1975年の親拝を最後に、靖国参拝を行わなかった。その直接の原因は、1978年に松平永芳宮司(第6代)が行ったA級戦犯合祀に、昭和天皇が強い不快感を持ったためだ。

実際、日経新聞が2006年7月20日付朝刊でスクープした通称「富田メモ」には、その心情が克明に記されていた。当時、昭和天皇の側近であった元宮内庁長官・富田朝彦が遺した1988年4月28日のメモの記述である。

〈私は或る時に、A級が合祀され その上 松岡、白取までもが筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と松平は平和に強い考えがあったと思うのに 親の心子知らずと思っている だから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ〉

「松岡」というのは国際連盟からの脱退で知られる近衛文麿内閣の外相・松岡洋介。「白取」とは松岡とともに日独伊三国同盟を主導した元駐イタリアの白鳥敏夫のことをさす。両者とも戦後にA級戦犯として東京裁判にかけられたが、昭和天皇がわざわざ「その上」と言っているように、この「あれ以来参拝していない それが私の心」は、松平宮司による14名のA級戦犯合祀そのものにかかっていることは自明だ。

ところが当時、「富田メモ」の発表で大混乱に陥り、驚くべきペテンと詐術を繰り返したのが右派勢力、とりわけ、現在の安倍晋三を支える極右応援団の面々だった。いま、あらためてその御都合主義に満ちた反応を振り返ってみると、連中が、今回の小堀宮司による天皇批判に沈黙を貫いている理由も自ずと理解できるだろう。

~省略~

その上で念を押すが、そもそも靖国神社という空間自体が、極めて政治的欺瞞に満ちたものだ。事実、靖国神社に祀られている「英霊」とは戦前の大日本帝国のご都合主義から選ばれたものであり、たとえば数十万人にも及ぶ空襲や原爆の死者などの戦災者は一切祀られていない。“靖国派”は「世界平和を祈念する宗教施設でもある」などと嘯くが、実際には、靖国神社を参拝するということは、先の大戦に対する反省や、多くの国民を犠牲にした贖罪を伴った行為とは真逆の行為なのである。

だいたい、靖国の起源は、戊辰戦争での戦没者を弔うために建立された東京招魂社だが、この時に合祀されたのは「官軍」側の戦死者だけであり、明治新政府らと対峙し「賊軍」とされた者たちは一切祀られていない。そのご都合主義的な明治政府の神聖化≒国家神道復活の野望は、靖国の人事にもあらわれている。

小堀宮司の前任者である徳川康久前宮司は、今年2月末、5年以上もの任期を残して異例の退任をした。表向きは「一身上の都合」だが、“賊軍合祀”に前向きな発言をしたことが原因というのが衆目の一致するところだ。徳川前宮司は徳川家の末裔で、いわば「賊軍」側の人間であった。徳川氏は、靖国神社の元禰宜で、神道政治連盟の事務局長などを歴任した宮澤佳廣氏らから名指しで批判され、結果、靖国の宮司を追われたのである。

その後任に送り込まれたのが、伊勢神宮でキャリアを積んだ小堀宮司というわけだが、複数の神社関係者によると「小堀氏を直接推したのはJR東海の葛西敬之会長だが、その葛西氏に入れ知恵をしたのが、神社本庁の田中恆清総長と神道政治連盟の打田文博会長だと囁かれている」という。真相は定かではないにせよ、田中・打田コンビといえば、昨今の「神社本庁・不動産不正取引疑惑」(過去記事参照https://lite-ra.com/2018/09/post-4272.html)でも頻繁に名前が取り沙汰されるなど、神道界で強権的支配を強めている実力者だ。

いずれにしても、靖国神社の理念が「祖国を平安にする」「平和な世を実現する」などというのは詐術であり、その本質は国家のために身を捧げる“新たな英霊”を用意するためのイデオロギー装置に他ならない。

~省略~

【リテラ 2018.10.10.】

長州テロリスト礼賛勢力(神社本庁・日本会議・靖国神社・朝鮮統一教会など)による「反天皇」の実態がよく分かる、靖国宮司の発言が流出!

出典:Twitter(@News_MagVi)

靖国神社の小堀邦夫宮司による「天皇不敬発言」が週刊ポストにすっぱ抜かれたことで、彼が宮内庁に謝罪した上で辞任する事態になっているわ。
いよいよ、長年水面下で続いてきた「長州閥礼賛勢力」と「天皇家」の暗闘が表に出てきては、神社界(国家神道復活派)が大きくがたついている実態が表に出てきたわね。

当サイトでも、天皇陛下の生前退位の報道を機に、日本の地下深くで続いてきた安倍一派(長州テロリスト礼賛勢力)と天皇家との対立を何度も伝えてきたけど、日本会議安倍シンパ言論人に加えて、靖国神社の宮司までがここまでの「天皇不敬発言」を繰り出してきたね。
今回は(靖国内部で権力闘争が行なわれているのか)音声が見事に流出してしまったけど、この様子では普段から天皇不敬発言は日常的に出ていた可能性もあるだろう。

今回の騒動を見ても分かるように、一般的に「保守」「右派」などと言われている安倍政権や安倍一族、そしてこれらを全面的に支援している「長州大日本帝国&靖国礼賛」の日本会議やそこに張り付く数多くの宗教団体の実態は、「天皇賛美」を装った「反天皇」であり、明治維新を機に日本国内で絶対的な権力を握った「長州テロリスト勢力」は、天皇を国民支配のための”道具”にした上で、自らが圧倒的な権力を手にしつつ、倒幕へのテロリズムを支援した欧米軍事資本と背後で癒着しつつ、これらに利益誘導していた、いわゆる「(日本に潜在的な恨みを持つ)売国勢力」だ。

今上天皇が靖国神社を参拝しないはっきりとした理由は分かりかねるけど、このような背景がある中で、昭和天皇が1975年を最後に(A級戦犯の合祀に不快感を持ったためと言われている中で)靖国神社に参拝しなくなり、それが現在まで続いているのも、ある程度の合理性があるのは確かだろう。

問題の小堀宮司は、(徳川家の末裔の)徳川康久宮司の退任に伴って、3月1日付けで宮司に就任したようだけど、前任の徳川さんは、戊辰戦争で負けた幕府軍(徳川)の合祀に前向きな発言をしたことで、長州礼賛勢力からの猛烈な非難に遭って、宮司の座を追われてしまったみたいね。

その小堀宮司は、伊勢神宮でキャリアを積み、その権力を固めていったみたいだから、まさに神社本庁が掲げてきた「国家神道の復活」や「長州礼賛思想」に激しく染まっている人物であることが予想される。

また、その小堀氏を新しい宮司として熱心に推していたのがJR東海の葛西敬之名誉会長とも噂されており、「長州礼賛宗教勢力」が日本の政界のみならず経済界とも密着していることがうかがえるね。

こういう構図を見ても、明治維新を機に特権的な力を手に入れた長州閥勢力が、(倒幕の際に水面下で支援した)グローバル資本勢力とも時代を超えて長らく親和性を築いてきたことを感じるわ。

このサイトでは何度も伝えてきたことだけど、「長州礼賛勢力」こそ「グローバリスト」であり、「尊皇」「保守」「右派」を標榜しつつ欧米軍産資本勢力と癒着してきた「売国勢力」ということだ。
その証拠に、これらの勢力は「日本を取り戻す」「日本が大好き」と言いながら安倍総理が繰り返している未曾有の売国行為については何の批判もしない
本物の保守勢力であれば、TPPやFTAなどのグローバリズムに突き進む安倍政権に対して一斉に猛烈批判して、とっくのとうに政権は倒れているよ。

この類いの人たちは、安倍一派が巨大な権力を持っていることで、美味しい利権にありついている連中であって、自らの金儲けに邪魔なものは天皇陛下だろうと平気でこき下ろす人たちということね。
ほんとに、何から何までひどいウソや騙しに満ち溢れているけど、それが「明治維新の実態」であって、「グローバリズムの本質」ということね。

以前に、靖国神社のことを「欧米軍産資本(シオニスト)を賛美する神社」とも表現したけど、まあそういうことだね。
長年の時を経て、ようやくこうした靖国神社の実態や安倍一派の正体が割れてきているけど、まずは、ボクたち一般国民は、日本国内に蔓延している「右翼」やら「保守」やらの概念やイメージを完全に捨て去るところから始める必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket