【悪質】渡部陽一さんの「捕まる奴は戦場ジャーナリスト失格」の”格言”はデマ!本人が「フェイクだ」と指摘!安田純平さんを中傷する勢力が拡散!

Pocket

どんなにゅーす?

・安田純平さんがイスラム武装勢力から解放され、帰国した中、同じ戦場ジャーナリストの渡部陽一さんによる、「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」との”格言”がネット上に出回り「まさに至言」「これこそ本物」などと渡部さんを賛美する声が相次いでいた中、本人がこれを「フェイク」だと指摘した。

・ハフポストの取材に対し、渡部さんは「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格、などとは考えていないし、安田さんをジャーナリスト失格などと言っているわけでもありません」とコメント。安田さんを”反日勢力”と見立てて敵視し、誹謗中傷を繰り返している、安倍シンパやカルト系勢力などがデマを拡散させた疑いが出てきている。

戦場カメラマン「渡部陽一さん、戦場取材の掟」はフェイク。本人が否定

2015年に消息不明になり、シリアで武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が10月25日、日本に帰国した。

安田さんの安否についてニュースが駆け巡ったことで、戦場カメラマンの渡部陽一さん(46)が語ったとされる「戦場取材の掟」がTwitterなどで話題を呼んだ。

これが書かれたツイートは10月25日20時現在、2万3000回以上リツイートされている。

特に、その掟で注目されていたのは「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格」という項目。

Twitterでは一般ユーザーから「これこそ本物だ」「至言」「やはり超一流のジャーナリスト」といった礼賛の声のほか、この文言をもとに安田さんについて「ジャーナリスト失格だ」というツイートが盛り上がっていた。

「戦場取材の掟」はフェイク

ところが、渡部さん本人は「これはフェイクだ」と明言した。

渡部さんと所属事務所は「捕まったらジャーナリスト失格、という話をしたことはありません。この『戦場取材の掟』というのはフェイクです」と、ハフポストの取材に答えた。

~省略~

ネット上で出回っていた「戦場取材の掟」とは?

ネット上では、渡部さんが過去に語ったとして「渡部陽一さん、戦場取材の掟」というタイトルで次の8ヶ条が出回っていた。

1:最前線行く時は世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する
2:ゲリラが蔓延る地域には近づかない
3:戦場が流動的なところには行かない
4:国外の難民キャンプとかを中心に取材する
5:護衛がいても危ない所には近づかない
6:国境地域から一歩も紛争国の中には基本的に入らない
7:捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格
8:ボディガードはその地域最強の奴を大金で雇う

渡部さんはこの文言について、話したことはないとして「捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格、などとは考えていないし、安田さんをジャーナリスト失格などと言っているわけでもありません」と答えている。

【ハフポスト 2018.10.25.】

以前に渡部さんがラジオで語っていた内容が歪曲または捏造され、安田さんを中傷する目的でネット上で拡散された可能性!

↓ネット上に出回っていた「戦場取材の掟」なる文言。

出典:ハフポスト

↓安田さんへの非難や誹謗中傷を誘導するデマを大手まとめサイトが拡散。

ちょっとぉおおおっ!!
ネット上では、有り得ないくらいに安田純平さんに対する誹謗中傷が蔓延しまくっているけど、いくらなんでも、渡部陽一さんまでをも利用して、安田さんに対する悪評を盛り上げようとするなんて、最低最悪なんじゃないかしら!?

少しボクが調べてみたところ、このデマは2015年の時点で一部で出回っており、どうやら渡部さんがラジオで語った内容がどこかで歪曲または捏造され、これが「8箇条の掟」としてネット上で出てしまっていたものと見られる。

つまり、安田さんが解放され、無事に帰国した中で、当時出回ったデマがどこかで掘り返されては、これが安田さん叩きに「最適の素材」として、「権力礼賛・自己責任思想」を広げたい安倍シンパや、安田さんを「反日勢力」と見立てて敵視している”似非愛国”のカルト宗教勢力らが無制限に拡散しまくった結果、このような事態になったことが予想されるね。

とにかく、渡部さん本人による「フェイクニュースだ」との言葉を伝えたハフポストはいい仕事をしたけど、相変わらず、粗悪な情報が爆発的に拡散され、簡単にデマに騙されてしまう人がこんなにも多い実情はかなり深刻だ。
輪をかけて酷いのが安倍シンパ系の大手まとめサイトで、ボクが見たところ、複数のサイトがこのデマをまことしやかに紹介しており、上のように、あからさまに安田さんを中傷し貶める内容の記事を配信しているサイトも見られた。

これらは、権力を無根拠に信奉する「権力礼賛思想」や「弱者叩き」の風潮を一般国民に刷り込ませようとする悪質なサイト群で、日本のインターネットの情報の質を著しく劣化させながら、巨額の広告収入を得ている、利用者にとって非常に有害なものだ。

今回の安田さんの解放にあたっては、想像以上に凄まじい誹謗中傷がネット上で氾濫しており、こうした風潮を扇動している組織や勢力があるのではと疑いたくなってくるほどだ。
今後も彼に関する様々なデマが出回る可能性もあり、かなり注意をした方がいいかもしれないね。

ジャーナリスト活動を行なうためにシリアに入った上に、ここまで壮絶な環境下で3年以上も拘束生活を強いられてきたのに、ここまで心ない誹謗中傷が氾濫するなんて…ほんとにこの国はどうかしているわ…っ!!

まあ、日本国内に出回っている情報の質の悪さと、安倍政権下の日本国民に広がりつつある、深刻な知性の劣化をよく表した一件だね。
まさしく、こうした安倍礼賛系のまとめサイトを頻繁に見続けるのは、例えるなら「1リットルのコカコーラを毎食がぶ飲みする」のと同じくらいに有害だし、もう少し、得体の知れない雑多な情報に対して、安易に鵜呑みすることなく、適度な距離を置きつつ慎重に受け取る習慣を付けるようにした方がいいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket