【悪徳洗脳番組】ワイドナショーに森喜朗五輪組織委員長が登場→出演者がゴマすり全開!いよいよ電通&安倍政権による「東京五輪プロパガンダ」が激化!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月28日の「ワイドナショー 年末スペシャル2019」(フジテレビ)に、森喜朗東京五輪組織委員長が登場。安倍政権や組織委員会による数々の問題や巨額の税金の無駄を完全に無視しつつ、松本人志氏ら多くの出演者が揃って森氏への賛美に終始した番組内容に対し、多くの批判が集まっている。

『ワイドナ』特番に森喜朗出演で、松本人志、東野幸治、ロンブー淳が露骨すぎるヨイショ!「命削って東京五輪、国立競技場完成」

~省略~

日本のメディアの翼賛体質には改めて辟易させられるが、なかでもひどかったのが、2019年12月28日に放送された『ワイドナショー 年末スペシャル2019』(フジテレビ)だ。なんと、東京五輪組織委員会会長で、一連の五輪不正、トラブルの元凶といわれてきた森喜朗元首相をゲスト出演させ、大ヨイショ番組を展開したのだ。

登場からしてすごかった。コーナーが始まる前、東野幸治が「本日はすごい方が来て下さいました。森喜朗さんでございます」とうやうやしく紹介すると、出演者がわざわざ起立し、森をお出迎え。松本人志にいたっては、森から「あなたが誘ってくれて」と声をかけられ手を差し出されると、森と両手で握手する始末だった。松本といえば、以前、安倍首相が登場した時も普段の態度からは考えられない媚びへつらいを見せて失笑を買ったが、今回もそのときとそっくり。とにかくこの芸人、権力者にはめっきり弱いらしい。

この気持ちの悪い媚びへつらいはトークが始まるとさらに露骨になった。森のことをラグビーW杯を成功させた立役者と持ち上げ、森に自慢話を語らせるための質問を連発しはじめたのだ。

~省略~

まあ、それでもラグビーW杯の成功を自慢させただけならご愛嬌ですませられるが、信じられないのはそのあと。今度は森のオリンピック・パラリンピックへの“貢献”を礼賛し始めたのだ。

~省略~

彼らは森がこの東京五輪をめぐって何をやったか知らないのか。東日本大震災の復興を妨害する五輪誘致を強行した中心人物だったのはもちろん、誘致決定後に起きた開催準備や会場建設のトラブルの多くは、森会長の独裁が大きな原因になっているのだ。

~省略~

新国立競技場のザハ氏設計案をめぐるゴタゴタも同様だ。予算が膨大にかかるザハ案を選定した事実上の責任者が森会長だったのはもちろん、このプランは国民からの強い批判を受け2014年5月の段階で1625億円まで圧縮することになっていた。ところが、森会長が中心となって、ザハ案のまま進めることをゴリ押し。「価格についてはここまで圧縮され、私は妥当だと思う」などとでたらめな論理を駆使して、総工費を2520億円に増額してしまった。その結果、さらに巨額の建設費がかかることが明らかになり、土壇場で設計者を変更するというドタバタ劇が起きたのである。最終的には1569億円で完成したというが、それでも当初予算の1300億円や北京五輪の430億円、ロンドン五輪の650億円を大きく超えている。

ほかの競技会場建設でも、森会長は予算を無視して、新規会場建設や大幅改修をゴリ推し。五輪の開催費用は最終的に、当初予算の約7000億円の4倍以上の3兆円を超えるのは確実といわれている。

しかも、こうした森喜朗の会場建設ゴリ推しの裏には、大手ゼネコンや不動産会社との癒着があるとも指摘されている。もともと森会長は、新国立競技場などの建設を受注した大成建設とのつながりが深く、後援会の会報にも同社の広告が掲載されているほどの関係だが、新国立競技場や森会長が建設見直しに反対しゴリ押しした「海の森水上競技場」は、99.99%という異例の価格で大成建設のJVが落札していた。東京五輪関連の工事では、99.99%の落札率や1者入札が相次ぎ問題になっている。

また、新国立競技場については、新規建設にあわせて周辺の神宮外苑再開発プロジェクトが持ち上がり、高さ規制の緩和がされているのだが、神宮外苑再開発プロジェクトをもともと仕掛けた不動産フィクサーは森の大学時代からの親友といわれる人物。この人物からの協力依頼で、森が電通や大手ゼネコンを巻き込んだ一大プロジェクトして発展させたといわれている。

他の五輪ビジネスでも、森喜朗会長が仕切っているとか、森会長のOKがでないと参入できないという声は聞こえてきており、予算が4倍超になった裏で、森会長が五輪を利権化している疑いはいまも否定できない。

ところが、この日の『ワイドナショー 年末スペシャル』では、こうした疑惑はもちろん、五輪のトラブルをめぐる森会長の責任論すら誰もツッコまなかった。

~省略~

【リテラ 2020.1.12.】

総理時代にも不祥事連発!真っ黒な噂が絶えない森喜朗五輪組織委員長を、ワイドナショーの出演者がゴマすり全開!

出典:ワイドナショー

出典:Twitter(@deskain)

私は観なかったんだけど、「ワイドナショー 年末スペシャル2019」(フジテレビ)の内容がそれはもう酷いものだったみたいね。
何でも、ここまで東京五輪の費用を際限なく膨張させては内容をグダグダにさせてしまった張本人ともいわれる、あの森喜朗五輪組織委員長を全く無批判のままに、これでもかとヨイショしまくったとか。

リテラによると、古市氏だけは(いつものキャラを突き通して)終始ひねくれた態度だったみたいだけど、その他の出演者は揃ってゴマすり全開で、まさに、安倍政権と吉本との腐りきった”蜜月ぶり”に加えて、電通による「東京五輪プロパガンダ満開」の内容となったようだ。

せなクンの言う通り、森喜朗氏は、まさしく総理時代から様々な暴言や不祥事を連発
中でも、2001年に発生した、宇和島水産高校の練習船「えひめ丸」が米軍の原子力潜水艦と衝突した事故では、教員と生徒合わせて9人が死亡した大惨事となったものの、事故の一報を受けても、自身のゴルフを優先しそのままプレーを続行したことが多くの批判を浴び、これが森内閣の退陣に繋がったことは、当時を知る年代の人であれば今でもよく記憶していることだろう。

この他にも、大学時代には、売春等取締条例違反で検挙されていたとの話や、暴力団関係者との繋がり、さらには、森喜朗氏の秘書を務めた後、石川県議に当選し、その後に飲酒運転による大事故を引き起こした後に”謎の死”を遂げた息子・森祐喜氏に関する様々な黒い噂など、この一家を包み込んでいる闇は計り知れない。

森祐喜(森喜朗の息子)の死因は?押尾学事件の真相や結婚や離婚など!

森喜朗の息子・森祐喜は薬物で死去?押尾学の事件の黒幕?【画像あり】

押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

こんなにも真っ黒けっけで政治家としてもろくな実績がない森喜朗さんが、東京五輪の多くの権限を握ってしまっている時点で、この東京五輪によって日本が破滅・破綻してしまうのが約束されているようなものだわ。

当初は「コンパクトな五輪」なんて言っていたものが、ふたを開ければ3兆円を超えるような事態になっているのも、”黒いカネ”が方々で飛び交ったことで、しまいにはフランス検察にワイロの容疑で捜査される事態になっているのも、「起こるべくして起こったこと」ってわけだね。

しかも、日本のマスコミと言えば、こうした森氏らの腐りきった”特権階級層”と一心同体となって、まるで無批判・無反省のままに「東京五輪賛美」の放送を繰り返している始末だし、こうした「自分さえ儲かればよい」といった、あまりにも無責任で身勝手な精神性が蔓延すればするほど、何の罪もない大量の日本国民の生活が徹底的に破壊され、「容赦ない搾取」による深刻な貧困と生活苦によって、やがて多くの餓死者が出るような危険性が高まってきている。

本来マスコミが伝えるべきなのは、「一体なぜ、当初の謳い文句から大きく逸脱して、ここまで費用が異常なまでに膨れ上がったのか?」など、東京五輪の裏側に潜む様々な腐った利権や黒いカネの流れを調査報道することであり、なんの批判も検証もなく「東京五輪バンザイ」を繰り返しているだけでは、日本国民の愚民化や奴隷化を請け負った「悪徳洗脳広報局」と言われても仕方ないだろう。

このワイドナショーの放送こそ、まさしく、電通・吉本・テレビ局・安倍政権・そして五輪関連企業などからなる「腐りきった五輪利権集団」よる「国民洗脳広報番組」いった本質が全開のものだったみたいね。
まさしく日本全体に腐敗臭が充満しているような事態だけど…この先、東京五輪が近づけば近づくほどに、こうした「悪徳国民洗脳番組」がますます量産されていくのは確実ね。

どこの世界にも、「姿を隠した『本当の黒幕』」というのがいるものだし、ボクたちは、かつての世界大戦においても、そして、現代日本における安倍政権の跋扈と独裁化、さらには東京五輪に至るまで、いつの時代でも、国民を思いのままに洗脳し、奴隷化させているのは(マスコミを掌握・支配しては、政権の宣伝やプロパガンダまで担ってきた)「広告代理店」であることを認識する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事