東京五輪の総コスト、3兆円超に!日本庶民の間で貧困が進む中、巨額のカネが五輪と関連企業に集中!→ネット「何がコンパクトな五輪だ」「今からでも五輪やめてカネ返せ!」

Pocket

どんなにゅーす?

東京五輪のコストがますます膨張している中、2018年度までの6年間に国が五輪関連事業に支出した費用の総額が約1兆600億円に上っていることが会計検査院の調べによって判明した。

・当初は「コンパクトな五輪」を謳っていたものの、ふたを開けてみると、組織委員会や東京都が見込んでいる総コストが3兆円を超えるのは確実とのことで、賃金の停滞や相次ぐ増税、社会保障の削減などにより日本の庶民の間で貧困が深刻化している中、常軌を逸した莫大なカネが東京五輪と関連企業に集中する事態になっている。

東京五輪、国の支出1兆円超 過去6年間、会計検査院

2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、会計検査院が昨年に続き準備状況を調べたところ、18年度までの6年間に国が関連事業に支出した費用の総額が計約1兆600億円に上ったことが4日、分かった。政府が大会との関連性が比較的低いとする事業も含むが、今後も費用は増える見通しで、大会組織委員会の公表分や東京都の見込む関連経費を合わせた総コストが3兆円に達するのは確実とみられる。

組織委は、大会に直接関係がある経費を総額1兆3500億円と公表しており、内訳は組織委と都が6千億円ずつ、国が1500億円。都はこれとは別に、約8100億円の関連経費を見込む。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2019.12.4.】

これぞ、グローバリズムの”真骨頂”!アベノミクスで貧富の格差がますます広がり、東京五輪によって庶民の「なけなしの富」がことごとく搾り取られる!

これまでも費用の膨張が問題視されてきた東京五輪の総コストが3兆円を超えることが確実視されています。
日本の庶民が深刻な貧困状態に陥っていることが数々のデータから浮き彫りになっている中、まさに、庶民の「なけなしの富」が東京五輪とその関連企業に徹底的に吸い上げられる構図が鮮明になっています。

このオリンピックこそ、まさしく、グローバリズムの”真骨頂”といえるようなものであり、電通をはじめとした広告代理店やそれらと繋がるマスメディア、そして、大手ゼネコンとその関連企業に至るまで、ごく一部の企業体にすさまじい額の富が集中し、まさに、安倍政権とそのお友達企業のみが最高に甘く旨い汁を吸いまくるような事態となっている。

冷静に考えても、たかだか2週間程度のお祭りに3兆円(1億円の3万倍)をつぎ込むなんて、完全に狂気の沙汰としか言いようがないし、こんなことをやってれば冗談抜きで国が亡びるぞ。

しかも、当初は低コストを謳った「コンパクトな五輪」を掲げて招致活動をやっていたわけで、これこそ、国家規模の凄まじい詐欺に国民が騙されてしまったようなものですね。

これだけでも、ますます貧困が深刻化している日本国民が一斉に怒りの声をあげて、数十万人規模の抗議デモに発展してもおかしくないような事態だと思うんだけど…残念ながら、かなり多くの国民が深い「奴隷化洗脳」にはまってしまっており、自分たちの国がどれだけ腐敗や汚職が進んでは、国民の生活を守るための社会システムが崩壊する寸前の危機的な状況にあるのかが今一つ理解できていないみたいだからね…。

もはや、自分たちが壮大な詐欺にはめられてしまっていることすら、ほとんど自覚症状がないような状態ですね…。
すでに、容赦ない増税や社会保障の削減による深刻な貧困に加えて、凄まじいスピードで進行している少子高齢化、世界的な経済危機、そして、日本の国家そのものの劣化や衰退によって、いよいよ、東京五輪の後に、本格的な”破滅”が日本全体を襲う危険が高まっています。

今からでも「東京五輪を中止」することが、前代未聞の額の税金の無駄遣いを食い止める唯一の方法だと思うし、このままでは、グローバリストの計画通りに、日本の国家が破綻し、その後、”タダ同然”になったありとあらゆる資産や財産をグローバリストが買い占めることで、長い歴史を持つ日本がいよいよ終焉の時を迎え、その代わりに、民間の巨大資本勢力が直接的に民衆を支配する全く新しい「ディストピア社会」が誕生することになるだろう。

このような事態をどうにか食い止めるためにも、一刻も早くに、電通などの広告代理店とマスメディアによる洗脳から脱した上で、私たち自身が高い知性と優れた思考力・行動力を手に入れていく必要があることを痛感しています。

そうだね。
事態はなかなか深刻だけど、地道にやれることをこつこつと頑張っていこう。

Pocket

 

 関連記事