■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】コロナ給付金2500万円で「巨大イカオブジェ設置」に「そりゃイカんだろ」!、東京五輪「200人医師ボラ募集批判」に橋下氏や川淵氏が反論!、米国で起きている「覚醒独裁」を通じた「グローバル共産主義」の深化!

【ゆるねと通信】コロナ給付金2500万円で「巨大イカオブジェ設置」に「そりゃイカんだろ」!、東京五輪「200人医師ボラ募集批判」に橋下氏や川淵氏が反論!、米国で起きている「覚醒独裁」を通じた「グローバル共産主義」の深化!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年5月6日号)

石川・能登町がコロナ給付金2500万円で「巨大イカオブジェ」を設置!→ネット「そりゃイカんだろ」!

 コロナ対策の臨時交付金2500万円使い巨大イカのモニュメント設置 問われるお金の使い方【石川発】

新型コロナウイルスに対応するため国が地方に配るお金「地方創生臨時交付金」。
その総額は4兆5,000億円。お金の使い方はそれぞれの自治体が決めることができ、感染対策費用や商店街のプレミアム商品券、それに2020年、県が実施した休業要請の協力金にもあてられた。
この臨時交付金、意外な使い方をしている自治体があった。

交付金で巨大なイカのモニュメント

石川県能登町の「道の駅」ならぬ「イカの駅」の横に設置された巨大なイカのモニュメント。

~省略~

能登町は、国からの新型コロナウイルスの交付金8億円のうち2,500万円をイカにつぎ込んだ。
モニュメントを見た人からはこんな声が…

見に来た人:
それで人が来るからいい

見に来た人:
コロナのためになんでイカを置くのか。ずっと続くならいいけど、一時的なものやったら国の財産がイカがなものかと思う

~省略~

ーーイカしてますか?

能登町の担当者:
私はイカしていると思っています

巨大イカへの投資が交付金の使い方として正しいのか、足を運んで確かめてみてはイカがだろうか。

~省略~


【FNNプライムオンライン 2021.5.2.】

にゃっは~~っ!!
石川県能登町がコロナ給付金で作った「謎の巨大イカオブジェ」の話題に、ネット上が大喜利状態だにゃ!!

ちょっとちょっとぉ~っ!!
これは単なるネタで終わらせるような笑い事じゃないわっ!
いくらなんでも、コロナ給付金で「イカオブジェ」はないでしょ~が!

いやあ、「地域の街おこしになるからいい」「結果、ここが名所になって人がいっぱい来ればいいのでは?」みたいな声も上がっているけど、そもそも、コロナ危機に伴って不要不急の外出を厳に控えるように呼び掛けられているのだから、「街おこしになるからいい」という話はおかしいだろう。

しかも、このイカオブジェ、本当に2700万円もかかるのか?
普通に家が一軒建つほどの金額だし、これは地元の議会で厳しく追及すべき案件なんじゃないかな。

国だけじゃなくて、地方においても様々な税金の無駄遣いが横行しているみたいですし、私たちももっと自分たちの地元の政治についてももっと関心を持っては、税金がきちんとした使い道に投じられていたり、私たちの暮らしにきちんと還元されているかどうか、日頃から厳しくチェックしていくことが重要なんじゃないかしら。

 

東京五輪「200人医師ボラ募集批判」に橋下氏や川淵氏が反論!橋下「過剰な批判」、川淵「なぜこれが批判の対象になるの?」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事