【来た来た】平井デジタル相「ワクチン接種情報をマイナンバーで管理を」河野ワクチン担当相に提言!→ネット「ついに出ました」「悪巧みのスピード感がすごい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月19日、平井卓也デジタル担当相が、新型コロナワクチンの接種情報とマイナンバーを紐づけして国民を管理するシステムを提言。新たに任命された河野ワクチン担当相に準備を進めていくよう求める考えを明らかにした。

平井大臣は「誰にいつ何を打ったかを確実に管理する方法はマイナンバーしかない」とコメントし、全国民の新型コロナワクチンの接種歴などの情報をマイナンバーを通じて一元管理する重要性を強調。ネット上では「ついに出ました」「悪巧みのスピード感がすごい」など、強い危機感を唱える声が噴出している。

平井改革相、ワクチン接種は「マイナンバーで管理を」

平井卓也デジタル改革相は19日の閣議後会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種にマイナンバーを活用することを、ワクチンを担当することになった河野太郎行政改革相に求める考えを明らかにした。国民全員が持つIDだとの認識を示し、「ワクチン接種をマイナンバーとひも付けると(管理に)間違いが起きない」と主張した。

平井氏によると、現行のマイナンバー法や政令などを改正することなく、ワクチン接種の事務に使えるといい、「今回使わなくていつ使うんだと私自身、思っている。使わないのははっきり言って不作為だ」と訴えた。

~省略~

副作用などの管理も含め、「誰にいつ何を打ったかを確実に管理する方法はマイナンバーしかない」とも述べた。

内閣官房IT総合戦略室などの職員を河野氏の下に派遣することも検討するとした。(西村圭史)

【朝日新聞 2021.1.19.】

ついに菅政権が、「コロナ危機を通じたデジタル奴隷監視社会構築」に本格着手!ワクチン接種歴がない国民は選別・差別される社会へ…!

出典:YouTube

さてさて、いよいよ登場してきたわね。
中国ファーウェイと昵懇関係にあることが疑われている平井デジタル担当相が「新型コロナワクチンとマイナンバーを紐づけるシステム構築」を提言

こうした展開になっていくことは、コロナ危機が発生した当初からずっと予測していたけど、たった1年足らずでここまで来てしまいましたか

このままだと、国民のワクチン接種履歴が全てマイナンバーで管理されることになることで、まさに、中国の信用スコア制度と同じように、こまめなワクチン接種歴がある国民は「優良国民(質のいい奴隷)」として様々な行政・社会サービスが受けられる一方で、ワクチンを受けていない国民は「不良国民(危険分子の悪性奴隷)」として、社会から疎外・差別されるシステムが作られていってしまうことは、(さすがに)ここまでくれば多くの人にも容易に想像できることでしょう。

そして、こうした一般市民のワクチン接種履歴をより手間をかけずに簡単にチェックできる仕組みとして、ビル・ゲイツらが特許を取っている「ID2020」を通じた、極小チップを人体に埋め込む「最新のワクチンデータ管理システム」が順次世界的に実用化されていく流れが用意されているってことだ。
現在ネット上では、多くの国民がこのニュースに対して強い危機感を持っては怒りの声を上げているけど、すでに、ワクチンの危険性や「地球規模のワクチン接種キャンペーン」に強い反対を唱える声に対して、「危険な陰謀論者」とレッテルを張った上で、大手SNS(フェイスブック)がどんどん削除していく動きが米国を中心に始まっており、いずれは、こうした動きは日本にも本格的に波及しては、多くの反対の声が厳しく統制・規制される危険性が高まっている。

ネット上を見たところ、どうも最近は、いわゆる「右派界隈」の一部からこうした流れに強く警戒する声(全体の構図を見通すことが出来ている)が上がり始めてきている一方で、いわゆる「リベラル系」の人々の方が、(表層的な情報や政権批判に縛られては)真に警戒感を持つ動きが若干鈍いようにも見える。
ボクが一体何を言いたいのかと言えば、「今や、”右”やら”左”やらでいがみ争い合っている場合ではない」ってことであり、「細かい考えや思想の違いを乗り越えて、この『グローバルデジタル監視システム構築』に反対しなければ、いよいよ、全ての市民の人権・尊厳が奪われ、取り返しのつかない事態になる」ってことだ。

とにかくも、一人でも多くの人々が、マスコミが植え付けてきた「呪縛」「既成概念」から脱しては、「世界市民にとっての本当の敵」による「地球規模の真性デジタル奴隷社会構築」の動きに全力で反対していくことしか、この流れを止める方法はないわね。
今の日本は、既存の民主主義がどんどん崩壊してきている代わりに、私たちのあらゆる自由やプライバシーが奪われるグローバル共産主義がどんどん浸食しつつある状況ですし、これは菅政権を倒しただけで終わるような単純で小さいものではないわ。

世界市民にとっての「本当(最大)の敵」とは、目の前にいる政治権力ではなく、それら政治権力を支配してきた巨大多国籍企業とその上にいる(カルト的な思想を持つ)グローバル資本家勢力であり、もう少し具体的に言えば、軍産複合体や国際銀行家勢力、そして、GAFAをはじめとした地球全体のネット支配体制を強化しつつある巨大IT企業だ。
まだまだ、こうした視点について「陰謀論」として反射的に拒絶してしまう人も多いかもしれないけど、以前からこうした「グローバリズム」に警鐘を鳴らしてきたごく一部の人々の予測通りにここまで事態が進んできてしまっている中、一刻も早くに柔軟な思考を持ちながら、世界の市民が力を合わせてこれ以上のディストピア構築を阻止していかないといけない段階に入ってしまってきたといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事