■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【…え?】東京五輪開閉会式の予算、35億円増の165億円に!過去の五輪の中でも最大規模!→ネット「それでアレ?」「しょぼ過ぎたんだが」「また中抜きか?」

【…え?】東京五輪開閉会式の予算、35億円増の165億円に!過去の五輪の中でも最大規模!→ネット「それでアレ?」「しょぼ過ぎたんだが」「また中抜きか?」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月23日、相次ぐ制作スタッフの問題行為発覚により批判殺到の中で、東京五輪の開会式が強行開催された。

・関係者によると、開閉会式の予算は当初の予定から35億円オーバーの165億円を見込んでいるといい、これにネット上では疑問の声が噴出。「それでアレ?」「あまりにもしょぼ過ぎる」「また中抜きか?」などといった声が上がっている。

五輪開閉会式35億円増 開催延期で予算165億円に

新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開閉会式について、大会組織委員会が予算の上限額をこれまでより三十五億円増となる百六十五億円に引き上げる方針であることが、大会関係者の話で分かった。延期に伴い、演出内容の見直しなどが必要になったため。大会の簡素化で芸術パートを圧縮する方向で、コスト増の幅はできるだけ抑えたという。

~省略~

【中日新聞 2021.12.21.】

デーブ・スペクターさん「7年間準備して、これ?」「五輪開会式は絶対見ない、見ない…見ちゃった」にフォロワー珍しく真面目コメント続々

映像プロデューサーのデーブ・スペクターさんが23日深夜に連続ツイート。東京五輪開会式中には「7年間準備して、これ?」と強烈な皮肉を込め、聖火の点火直後には「開会式は絶対見ない。開会式は絶対見ない。開会式は絶対見ない。開会式は絶対見ない。開会式は絶対見ない。開会式見ちゃった」と”白状”した。

~省略~

【MSN(中日スポーツ) 2021.7.24.】

「ダサい」「しょぼい」と五輪開会式に批判続出 元銀メダリストの池谷幸雄は「寂しいが、選手は幸せ」

~省略~

しかし、開会式が始まって早々、一部SNSでは「史上最もしょぼいオリンピック開会式」、「なんやこのダサい開会式…」など酷評する意見も出ている。

「2ちゃんねる」創設者の西村博之氏は、ABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)にリモート出演し、「安っぽいなって思ったのは僕だけですかね?」「お金かかってない感じがすごい伝わってきちゃって」と感想を述べた。

今回の開会式を、元メダリストはどう見たのだろうか。ソウルオリンピックで団体・個人種目別床運動で銅メダル獲得。バルセロナオリンピックでは団体で銅メダル、個人種目別床運動で銀メダルを獲得し、その後も指導者として活躍する池谷幸雄氏に聞いた。

「国際イベントとしては、地味で寂しい印象というのは否めません。しかし、このコロナ禍で開催できるのですから、それは仕方がないこと。選手団が入場できないのでは、と心配していましたが、楽しそうに入場しているのは嬉しいですね」

~省略~

【MSN(AERA dot.) 2021.7.24.】

「史上最も高額な開会式」にもかかわらず、「想像を超えたしょぼさ」に驚きの声が続出!→電通がまたまた”巨額中抜き”か!?

ついに、史上最も忌み嫌われた、(負の)伝説的な東京五輪の開会式が強行開催されましたが、過去最高規模の予算が投じられたにもかかわらず、想像を超えた「内容の貧弱さ」に驚きの声が続出しています。

(出来の悪い)CIAエージェントの疑惑くすぶるデーブ・スペクターですらも思わずツイートせざる得なかったほどの、驚くほどの貧弱さと内容の乏しさだったね。
ボクも、情報収集のためにあえて開会式を視聴したけど、今回もまたまた、グローバリストによる悪魔崇拝を思わせる何とも不気味な演出もあったし、その他の演目においても、統一したメッセージ性や訴求性もほとんど感じられない、終始「???」の印象ばかりが伴うパフォーマンスであった。

本来であれば、あれに「オリンピッグ」などの非常に醜悪で馬鹿げたパフォーマンスなどが加わる予定だったのでしょうし、問題が大きい部分をとにかく削除した結果、あのような、一貫性のない何とも中途半端な内容になってしまったのではないでしょうか。

そうだね。
周知のように、1年間の延期に見舞われた上に、途中で(安倍&森お気に入りの)演出トップが辞任することになり、内容の練り直しに迫られたということだけど、それでも165億円というのは異様に高すぎるし、「ここまで巨額のカネが一体にどこに投じられたのか?」という話になってくる。
ネット上で多くの声が上がっているように、予算の多くが電通に中抜きされたとの疑いを持たざるを得ないし、改めて、国民の血税がどのような形でいくら投入されたのか、徹底的に表に出させる必要があるだろう。

ネット上では、入場行進の音楽に、自民・杉田水脈議員による「LGBTは生産性がない」との”優生思想発言”に賛同していた熱烈な安倍信奉者・すぎやまこういち氏の音楽が大々的に使われていたことにも批判の声が集まっていますし、いかにも、日頃から粗悪で有害なコンテンツを量産している電通らしい「最低クオリティー」の開会式であったといえそうです。

全くその通りだけど、ただ、(まっとうな感性を持っていた元スタッフたちによる必死の抵抗により)「オリンピッグ」がお蔵入りになっただけでも、「まだ不幸中の幸いだった」と思った方がいいのかもしれないね…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事