■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【やりたい放題】東京五輪の会場で「特例で酒類販売OK」!選手村にも持ち込み可!→国民から怒りの声が大噴出!スポンサーのアサヒビールの不買を呼び掛ける声も!

【やりたい放題】東京五輪の会場で「特例で酒類販売OK」!選手村にも持ち込み可!→国民から怒りの声が大噴出!スポンサーのアサヒビールの不買を呼び掛ける声も!
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機に伴う緊急事態宣言において、飲食店やイベント会場などにおける酒類の販売が規制されている中、東京五輪組織委が五輪会場において酒類の販売を認める方向で検討していることが判明した。

・政府や自治体主導の酒類販売規制により、多くの飲食店が激しく疲弊している上に、多くの日本国民が我慢と自粛を続けてきた中、この報道に怒りの声が噴出。五輪のトップスポンサーであるアサヒビールの不買を呼び掛ける声が上がるなど、「1%のグローバル資本勢力のための東京五輪」の腐敗しきった内情が露呈し続けている。

五輪会場での酒類販売を容認へ スポンサーに配慮、時間帯に制限か

東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で検討していることが22日までに関係者の話で分かった。新型コロナウイルス感染症対策のため、時間帯などに制限を設けるとみられる。アルコール飲料会社「アサヒビール」とスポンサー契約をしている配慮と、新型コロナ感染防止の観点から難しい判断を迫られる。

丸川珠代五輪相は同日の記者会見で、まん延防止等重点措置の都道府県では知事が酒類提供の在り方を示しているとして「地域の知事との連携調整も十分に配慮して、相談した上で決めていくことが必要だ」と指摘。「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在があるので組織委はそのことを念頭に検討される。大声を出さない、拍手だけで応援するという観戦スタイルがしっかり貫かれるような形でご検討いただきたい」と述べた。

~省略~

【東京新聞(共同通信) 2021.6.22.】

販売契約のアサヒビール「コメントする立場にない」 五輪会場、酒類販売容認で調整 

東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整しているとされることについて、大会のゴールドパートナー契約を結んでいるアルコール飲料メーカー「アサヒビール」は22日、東京新聞の取材に「正式発表があったわけではないので、コメントする立場にない」と答えた。

アサヒグループの広報担当者によると、同社はビールとノンアルコールビール、酎ハイ、ワインの4酒類の酒類を競技会場や関連施設で提供・販売する契約を結んでいる。

~省略~

【東京新聞 2021.6.22.】

東京五輪・パラ選手村で「酒類持ち込み可能と判明」報道に、怒りの飲食店店主「このニュース見て酒を出すことを決めた」

東京五輪・パラリンピック大会の選手村で、アルコール類の持ち込みが可能になるという一部報道に対し、SNS上では29日、報道を機に酒類の提供を決めた飲食店経営者など怒りのコメントが寄せられた。

一部報道によると、選手村内での酒類の提供や販売は行わないが、最低限の選手同士の交流を尊重するのが理由でアルコールの持ち込みは可能で、組織委担当者の「節度を持って行動してくれるはず」とのコメントも掲載された。

ツイッターでは、記事の見出し「可能と判明」が一時トレンドワードになり、横浜の飲食店経営者は「このニュース見て、6月1日から通常営業する事にしました。酒も出しますし、20時以降も営業します。もう政府に対して何の協力も必要ないと思います。自分たちで出来るだけの感染予防をして営業します」とコメントした。

~省略~

【Yahoo!ニュース(中日スポーツ) 2021.5.29.】

巨大資本勢力(欧州貴族やグローバル大企業)がすでに国家や法律をも上回る権力を手にしている現実が次々露呈!丸川大臣は「ステークホルダーの存在がある」とポロリ!

出典:アサヒビール

これでもかというほどに、ふざけた展開のオンパレードだわっ!!
度重なる緊急事態宣言で、飲食店が酒類の提供を規制されてきた上に、多くの国民が我慢と忍耐を強いられてきた中で、スポンサーのアサヒビールの利益のために「五輪会場においては特例で酒類販売OK」って、そりゃ国民から怒りの声が殺到するに決まってるし、アサヒビールの不買運動が盛り上がるのも当然だわっ!!

丸川五輪相がついつい「ステークホルダー(利害関係者)の存在がある」と口走ってしまったし、これが「東京五輪の本質」であり「正体」だってことだ。
ボクもかねてより、「東京五輪こそがグローバリズムのシンボルである」と指摘し続けてきたけど、まさに、こうした実情がここにきてますます本格的に露呈しているし、要は、欧州貴族(IOC)ら国際銀行家や(彼らの所有物である)グローバル巨大企業が、国家の権力や法律をも超越する、「超特権的な存在」になりつつあるということであり、与党の政治屋もこれらに対して全く頭が上がらない状態になってしまっているということだ。
それに、ここまで「特例・例外」が頻発している以上、法律も大して意味をなさなくなっているし、言い方を変えれば、「グローバル資本勢力の意向通りに、法律までもが恣意的に捻じ曲げられてしまっている状態」といってもいいだろう。

こうした状態がどんどんエスカレートしていった先に待っているのは、まさに「民間巨大資本による完全独裁社会(国家・政府の退廃や無力化によるグローバル共産主義社会)」であり、(すでにかなりの段階まで”これ”が進んできている中で)東京五輪を通じて”これ”がより鮮明に表出してきたということだ。

おまけに、選手村には「酒類持ち込み放題」みたいですし、関係者を合わせて2万人近い観客を入れる方針すら決まってしまった中で、最悪の「感染爆発フラグ」がこれでもかというほどに立ってきているわっ!!

これに加えて、組織委によって16万個ものコンドームが配られるみたいだし、選手村の中で選手たちが”酒宴”や”夜の営み”に明け暮れつつ、会場では大量の観客が酒を飲みながら競技に熱狂している中で、凶悪な変異株がそこここで猛威をふるいだし、最後は日本列島に最悪の感染爆発を引き起こす危険が極限まで高まってきた
もうすでに、菅政権やIOCらによる日本国民を徹底的を踏みつける”テロ”が行なわれている最中といってもいいだろうし、その他の国であれば、とっくに大規模な暴動が起こっているだろうね。

冗談抜きで、東京五輪の強行によって、日本の民主主義システムや法秩序そのものが完全に壊されてしまう寸前になっているわっ!!
私たち自身がこれらを本気で守ろうとしない限り、いよいよ最悪のディストピアがやってくるのも確実だし、東京五輪の強行とグローバリズムに対して、これまで以上の全力で反対しないといけないくらいの切羽詰まった状況になってきたんじゃないかしら!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事