■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【デタラメ国家】東京都のPCR検査数が急減少!ピーク時の半分以下に!「東京五輪強行」のためにコロナ感染の数字を無理やり減らそうとしている疑いも!

【デタラメ国家】東京都のPCR検査数が急減少!ピーク時の半分以下に!「東京五輪強行」のためにコロナ感染の数字を無理やり減らそうとしている疑いも!
Pocket

どんなにゅーす?

・菅政権が東京都の緊急事態宣言を20日に解除する方向で検討している中、東京都のPCR検査数がここにきて急減少ピーク時の半分ほどの6300件ほどにまで減っていることが話題になっている。

・2か月後に迫っている東京五輪の強行開催が”既定路線”になっている中、コロナ感染数が減っていることを装うために、検査数を意図的に減らしていることを疑う声が上がっている。

政府 東京、大阪などの緊急事態宣言を20日解除で調整へ 五輪見据え観客上限も協議 

政府は新型コロナウイルス緊急事態宣言を発令中の10都道府県のうち、大半の地域を20日の期限通りに解除する方向で調整に入った。宣言解除後、東京や大阪などでまん延防止等重点措置に移行することを検討。来週の感染状況や病床逼迫などを見極めた上で17日にも政府の対策本部会合を開き正式決定する。重点措置下で飲食店への営業時間短縮要請を続ける一方、酒類提供は解禁する案が選択肢として浮上している。政府関係者が11日、明らかにした。

~省略~

【東京新聞 2021.6.11.】

早速「東京五輪ありき」で、デタラメな「感染数操作」がスタート!?→ますます東京五輪後に「破滅的事態」に襲われる恐れが…!

出典:東京都

やはり「こうした動き」が起こってきましたか…。
あまりにも私たちが予想していた通りですが、いよいよ、「東京五輪強行」のために、検査数を強引に抑制することで、感染者数をどうにか少なく見せかける「不正な操作」が始まったことを疑わざるを得ない状況です。

例えば、安倍前総理のお友達(親族疑惑も)の獣医学部開学を舞台にした加計疑獄においても、まさに「何としても加計学園を認可・開学させるため」に行政内で様々なヤラセやデタラメが行なわれた(本来であれば関係者を全て逮捕すべき事態)けど、今回もまた、「グローバリストによる黒い金儲けのためのシロアリンピック」をどうにか強行するために、国民や世界の人々を騙す犯罪まがいの「データの操作や捏造工作」が始まったことを疑わないといけないだろう。
(なんせ、ここで感染数が一向に減らなかったり、逆に大きく増えていったりすれば、ますます国内外の市民から「五輪反対」の大規模な運動が発生するだろうし、東京五輪を強行するには、なんとしても「感染数が減っている」ってことにしないといけないからね。)

こうなると、実際の感染数と大きく乖離した「少ない感染数」が発表され続けることで、まさしく東京五輪強行後に「破滅的事態」に見舞われる危険性があるし、今の日本政府やマスコミが報じていることを完全に鵜呑みにしてしまうと、あらゆるウソやフェイクにまんまと騙されてしまい、健康どころか生命まで奪われかねない事態になってしまう。

とにかくも、私たち自身が政治やマスコミ、現代の社会システムそのものに存在している大きなウソやヤラセに気が付き、これらに騙されないようにならない限り、自分たちの財産どころか健康・生命まで搾取される危険がこれまで以上に大きく高まってきたといえるでしょう。

現代の金融制度や貨幣システムを作った「巨大資本家」が、世界中の政治やマスコミの上に控えては、これらを自在にコントロールしてきたことで自分たちに有利な社会システムを作り上げてきたことは、冷静になって少し考えれば分かることだと思うし、グローバリストが長年にわたって民衆に刷り込んできた”奴隷化洗脳”から多くの人々が一日も早くに解放されることを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事