所ジョージさんが「辺野古問題」を歌った動画を投稿!「アメリカの飛行機、アメリカに降りてョ」→ネット上で好感の声相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・大御所タレントの一人として知られる所ジョージさんが、自身が開設しているYouTubeチャンネルの中で、辺野古米軍基地問題をテーマにした歌を歌い、大きな注目を集めている。

・所さんは、年末年始に辺野古の海を訪れたことをレポートした後に、三線を弾き語り。「アメリカの飛行機。アメリカに降りてョ。周辺諸国の防衛。沖縄の人の感情。両者正義で何年ももめて。その間諸国は攻めるの休んでくれているの。か~な~」と自作の曲を歌っており、ネット上で「なぜか切なさを感じる…泣けてきた」「かっこいい」などの共感の声が多く寄せられている。

所ジョージさん 辺野古 歌う YouTube動画が話題 「アメリカの飛行機 アメリカに降りてョ」

タレントの所ジョージさんが、「世田谷一郎」の名前で開設していることで知られるフェイスブックや動画サイト「ユーチューブ」に、年末年始に名護市辺野古の新基地建設現場近くの海を訪れたことを報告したり、三線で基地について弾き語りしたりする動画を投稿している。

8日に投稿された動画は3分19秒。波の音が聞こえる海岸の映像が流れ、所さんの声で「去年の大みそかから今年の正月は沖縄にいました。ゆっくりと今年もスタートしました」とコメントした。さらに「これ辺野古の基地建設の前なんですけども意外と静かでしたね。正月はみんな休むんだね」と続けた。

動画で所さんは三線で「安里屋ユンタ」を奏でた。さらに別の場所に場面が変わり、再び所さんが三線を弾き、「アメリカの飛行機。アメリカに降りてョ。周辺諸国の防衛。沖縄の人の感情。両者正義で何年ももめて。その間諸国は攻めるの休んでくれているの。か~な~」と歌った。歌詞の字幕も流れた。

~省略~

【琉球新報 2019.1.10.】

↓話題の所ジョージ(世田谷一郎)さんの動画。

ローラさんに続き、所さんも「ゆる~く」辺野古問題を皮肉る!「芸能人は政治的発言をするな」の腐敗した風潮を打破するきっかけになるか

出典:YouTube

ローラさんりゅうちぇるさん、そして世界からはクイーンのメイさん辺野古基地建設停止署名を呼びかけてくれている中で、今度は所ジョージさんが、ゆる~く辺野古基地問題を皮肉る動画を投稿してくれましたですぅ!
こうして、大御所芸能人の方が発信してくれることで、若い芸能人の人たちも自由に日本の政治の問題などを発信しやすくなるんじゃないでしょうかぁ!

いいねいいね~っっ!!
所さんってこんなにいい人だったんだにゃ!

ボクも、所ジョージさんがこんなに自然に寄り添ったスローライフを送りつつ、沖縄米軍基地問題を問題視していたなんて思っていなかったよ。
まあ、正攻法で堂々と意見を発信しているわけではないけど、こういう「ふわっとした方法」で政治問題を皮肉ったり、社会問題を提起するというのも全然ありだと思うよ。

こんな風に”緩やかなやり方”でメッセージを発信する芸能人が増えていけば、おのずと、多くの芸能人が様々な政治問題について発言しやすい空気が徐々に出来ていくように思えるし、芸能人というのは、仕事の性質上、多くの一般庶民(マジョリティー)に寄り添った姿勢を打ち出していかなければ人気を得られない側面があるので、「自由にものが言える空気」さえ出来上がれば、弱者側に寄り添った意見や考えが芸能人の側から徐々に出てくるのではと思われる。

今のところ、その他の有名芸能人から所さんを非難するような声は出ていないようだし、どうやら日本のメディア界は、(同じような発言や行動をしても)若い人気芸能人が行なった場合にのみ顔色を変えて大騒ぎしたり、非難する風潮があるようなので、まずは、こういう風に、キャリアのある先輩芸能人が下地を作っていくことで、日本社会に醸成されてしまっている「閉塞感」を打破させていくことが必要かもしれないね。

日本社会に醸成されている「強い権力には黙って従え」の風潮を打破させるのはなかなか大変ですけど、良心やモラルのある大物芸能人さんがリードしていくことで、少しでもこの窮屈で嫌な空気を払拭していければいいですねぇ。

Pocket

 

おススメ記事&広告