【驚き】昭和天皇に関する新資料公開!帝国軍部の暴走を「下克上」と危機感!戦争への深い反省の一節を吉田茂元総理が削除させていたことも判明!(NHKスクープ)

Pocket

どんなにゅーす?

当時の昭和天皇と初代宮内庁長官・田島道治氏による細かなやり取りを記した「拝謁記」をNHKが入手。これまで隠されてきた昭和天皇と帝国軍部との関係や内幕が明らかになった。

・昭和天皇は、大日本帝国軍部の暴走によって泥沼の戦争と敗戦に至ったことについて、「考えれば下剋上を早く根絶しなかったからだ」「軍部の勢は誰でも止め得られなかった」と強い危機感と後悔の念を持っていたことが判明。

・さらには、昭和天皇が、日本の独立回復を祝う式典の中で、戦争への深い後悔や反省の念を表わすメッセージを発表しようとしたものの、当時の吉田茂総理がこれらを全て削除させていたことも判明。改めて、戦前・戦後日本の天皇家と政治権力との「隠された関係性」の一部が明らかになった。

昭和天皇 語れなかった戦争の悔恨

~省略~

繰り返し語る後悔の言葉

「拝謁記」を記していたのは、民間出身の初代宮内庁長官だった田島道治(たじま・みちじ)で、戦後つくられた日本国憲法のもとで昭和23年から5年半にわたり、宮内庁やその前身の宮内府のトップを務めました。

田島長官は、このうち長官就任の翌年から5年近く、昭和天皇との具体的なやり取りやそのときの様子などを手帳やノート合わせて18冊に詳細に書き留めていて、NHKは遺族から提供を受けて近現代史の複数の専門家と分析しました。

その記述から昭和天皇が田島長官を相手に敗戦に至った道のりを何度も振り返り、軍が勝手に動いていた様を「下剋上」と表現して、「考へれば下剋上を早く根絶しなかったからだ」、「軍部の勢は誰でも止め得られなかつた」、「東条内閣の時ハ既ニ病が進んで最早(もはや)どうすることも出来ぬといふ事になつてた」などと後悔の言葉を繰り返し語っていたことがわかりました。

さらに、昭和天皇はサンフランシスコ平和条約発効後の昭和27年5月3日、日本の独立回復を祝う式典で、おことばを述べますが、この中で、戦争への深い悔恨と、二度と繰り返さないための反省の気持ちを国民の前で表明したいと、強く希望していたことがわかりました。

~省略~

削除された戦争への悔恨

当時の日本は、復興が進む中で、昭和天皇の退位問題もくすぶっていました。

田島長官から意見を求められた吉田総理大臣が「戦争を御始めになつた責任があるといはれる危険がある」、「今日(こんにち)は最早(もはや)戦争とか敗戦とかいふ事はいつて頂きたくない気がする」などと反対し、昭和天皇が戦争への悔恨を込めた一節がすべて削除されたことがわかりました。

昭和天皇は田島長官に繰り返し不満を述べますが、最後は憲法で定められた「象徴」として総理大臣の意見に従いました。

吉田総理大臣が削除を求めた一節は、「国民の康福(こうふく)を増進し、国交の親善を図ることは、もと我が国の国是であり、又摂政以来終始変わらざる念願であったにも拘(かか)わらず、勢の赴くところ、兵を列国と交へて敗れ、人命を失ひ、国土を縮め、遂にかつて無き不安と困苦とを招くに至ったことは、遺憾の極みであり、国史の成跡(せいせき)に顧みて、悔恨悲痛、寝食(しんしょく)為(ため)に、安からぬものがあります」という部分です。このうち、「勢の赴くところ」以下は、昭和天皇が国民に伝えたいと強く望んだ戦争への深い悔恨を表した部分でした。

~省略~

【NHK NEWS WEB】

天皇家と帝国幹部(長州一族)との”水面下での対立”をうかがわせる新たな資料が明らかに!

出典:Wikipedia

これはまた、かなり貴重で重要な資料が出てきたものね。
私たちは、これまでも、事実上のクーデターを引き起こした帝国幹部(長州閥一族)と、古くから日本国内で権力を持ってきた天皇家が、水面下で対立し続けてきたことを推測してきたけど、新たにこれを補強する資料が出てきた形だわ。

敗戦から現代に至るまで、この国では、重要な記録や資料を燃やしたり廃棄してしまう風潮が横行してしまっているけど、よくぞこのような資料が大切に残されていたね
せなクンの言うとおり、天皇一族は、この国の中でかなりのいにしえから特別な影響力を持ち、長きに渡って一定の権力を保ってきたけど、現代の日本は、天皇は政治から完全に切り離された一方で、幕末にクーデターを引き起こした「薩長のテロリスト一族」が今でも政界や官界で絶大な権力を持ち続けては、(倒幕当時に彼ら一族と共謀した)欧米のグローバル資本勢力に優先的に国富を献上するシステムが強固に築かれてしまっている。

現代の安倍政権でも、安倍総理と上皇陛下が改憲(憲法改悪)の是非をめぐって水面下で激しい対立をしてきては、安倍総理が退位の式典で「健やかにあらせられますことを願っていません」などとのたまう”仕打ち”をしていたけど、こうした”隠された対立”が昭和天皇と吉田茂元総理との間でもあったことがこのたび明らかになった。
(ちなみにWikipediaによると、吉田茂氏はマセソン商会との接点がみられ、やはりグローバリストとの関係性が見え隠れしている。)

吉田茂氏は長州の出身ではないけど、今回出てきた資料をみる限り、終戦後においても、(米国による支配下において)「天皇を神格化させる動き」が戦後以降も継続していたことが見え隠れしているうえに、「長州一族と天皇の対立を隠す動き」が現代に至るまで続いてきたことが分かるね。

改めて、明治維新から始まった日本の軍国主義体制と、天皇を神格化させることで国民を洗脳、奴隷化させる「独裁統治システム」が、これら全てが”グローバリスト主導”で行なわれてきた内幕が見えてきたわね。
明治維新から続いていたこれらの「腐敗体制」から脱却しない限り、私たち一般国民が真に豊かになることは永遠にないでしょうし、改めて、日本における「隠された近代史」が徐々に明らかになってきた感じだわ。

久々のNHKによる大スクープだけど、改めて、(明治維新にルーツを持つ)日本の歴史における「グローバリズム」について、よりつぶさに史実を検証しながら解き明かしていく必要がありそうだね。

Pocket

 

 関連記事