【自民からも”安倍辞めろ”】森友文書偽造の調査結果、財務省の”ゼロ回答”に野党が大激怒!二階幹事長も「我々も理解できない。審議が進まない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月6日、森友公文書偽造疑惑について財務省が調査結果を発表したものの、「原本は特捜部にある」としながら、書き換えの有無など詳細な内容には一切触れず完全な”ゼロ回答”の事態に、野党だけでなく、与党からも批判の声が噴出した。

・これを受けて、野党は午後の予算委員会の審議を拒否。与党側からも批判の声が上がっており、自民党の二階幹事長は「出せないということは我々もちょっと理解できない。国会の審議が進まない」と財務省を批判与野党ともに、財務省にしかるべき対応を強く要求する事態に発展している。

財務省、真相開示先送り 森友問題「地検に文書」

財務省は6日、学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関する調査状況を参院予算委員会理事会に報告した。「文書は捜査の対象になっており直ちに確認できない」と主張。財務省が決裁文書を書き換えた疑惑には事実上の「ゼロ回答」で真相開示を先送りした。これに野党が反発し、6日の参院予算委は見送られた。与党からも財務省の対応に異論が出ている。

~省略~

6日の参院予算委理事会では「大阪地検で捜査が行われており、財務省は全面的に協力している。捜査に影響を与えないよう全省をあげて、文書の確認や職員への聞き取りなどの調査を進めたい」と説明した。「決裁文書の原本は大阪地検にある」と述べるにとどめ、疑惑の真偽は「わからない」と繰り返した。

【日経新聞 2018.3.6.】

財務省「文書直ちに確認できず」 与党も疑問の声

(政治部・佐藤美妃記者報告)
野党側は「国会を馬鹿にするな」と怒り心頭で、午前9時から予定されていた参議院の予算委員会は今もまだ始まっていません。
立憲民主党・蓮舫参院国対委員長:「論外だ。ゼロ回答以前の答弁だったと思う。丁寧な説明を安倍総理が言うと言ったものと真逆な対応をしてもらっても困るので。1ミリたりとも前には進んでいないとの認識だ」
財務省は朝、「捜査に影響を与えないよう全省を挙げて文書の確認、職員への聞き取りなど調査を進めたい」と説明しました。ただ、「多くの文書が捜査の対象になっていて、すべてを直ちに確認できない」として、書き換えが指摘されている文書についてはあるかないかも答えませんでした。この対応に与党からも疑問の声が上がっています。
自民党・二階幹事長:「出せないということは我々もちょっと理解できない。国会の審議が進まないじゃないですか」
与党内では「書き換えが本当なら信頼は地に落ちる。安倍政権だけでなく、霞が関全体の問題だ」と危機感も漂っています。

【テレ朝news 2018.3.6.】

いよいよ自民党内で「安倍切り」の兆候が明確に現る!一方公明党の山口代表は…(苦笑)

出典:Twitter(@ppuripha)

森友文書偽造に関する財務省の内部調査だけど、予想以上の”マイナス回答”だったわね。
当然のごとく野党議員は激怒して国会審議がストップしたけど、ご覧のように、ついに自民党の重鎮の二階さんまでもが財務省のゼロ回答に強い不満のコメントを出しているわ。

これは安倍政権は、いよいよお尻に火が付いてきたかしらね。

もはや、この状況を見る限り、公文書改ざんの国家犯罪は「事実である」と考えて間違いないだろう。
そして、二階氏もそれを重々分かっている上で、「文書の原本を出せ」と言っているわけだ。

さらにいえば、財務省が原本をひた隠しにしながら、このような国民をバカにしたような対応を行なっているのも、「官邸の指示でやっている」ということを二階氏は知っているので、これは自民党の内部で、いよいよ「安倍政権に見切りを付ける」動きが加速してきたと見ることが出来るね。

その一方でお笑いなのが公明党のコメントだわ。
山口さんは、詳しい内情をよく理解していない上で、現状で政権をまだ握っている安倍政権に媚びを売っておくのが得策だと思っているみたいね。

すでに、自民党内が安倍総理の思い通りにいかなくなり始めてきた中、野党はこの動きを上手に利用し、自民党内の”反安倍勢力”と連携しながら有益な情報を収集し、一気に攻勢を強めていかなければならない

そして、財務省の担当者は、この山本太郎議員のメッセージを肝に銘じつつ、もはや安倍官邸の”呪縛”から解き放たれた上で、「安倍切り」の大きな動きに乗っかりながら、自ら轟沈するのを回避する動きを取るべきだろう。

今回の公文書偽造は、今までの安倍疑獄のスキャンダルとは次元が違うレベルのものなので、野党はこの好機を逃さずに万全の戦略を立てた上で、超党派で協力しながら「内閣総辞職」に向けて全力を尽くして欲しいよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket