【どうなる】沖縄県知事選、午後2時の投票率は11.98%で前回の半分程度に!台風24号が影響か?

Pocket

どんなにゅーす?

・沖縄だけでなく、日本の将来を大きく左右する沖縄県知事選が投票当日を迎えた中で、午後2時の投票率が前回の半分程度の11.98%(前回は24.26%)であることが報道されている。

・異例の勢力と規模を持つ台風24号が沖縄県を直撃し、大きな被害を発生させた中で、台風の影響が投票率にも影響していることが考えられる。

沖縄県知事選:午後2時の投票率は11.98%【速報】

第13回沖縄県知事選は30日、県内各地で投票が始まり行われ、沖縄県選挙管理委員会は午後2時時点の投票率を11.98%(前回24.26%)と発表した。男性13.44%(前回25.43%)女性10.58%(前回23.15%)。

~省略~

県選挙管理委員会によると、14~29日までの期日前投票者数は40万6984人で過去最多。選挙人名簿登録者数(12日現在)115万8569人に占める割合は35・1%となった。

【沖縄タイムス 2018.9.30.】

 

ついに、運命の沖縄県知事選の投票日になったけど、現時点で投票率がかなり低いみたいだわ…!
台風が影響した可能性がありそうだけど、これはちょっと心配な事態になっているわね。

この投票率の発表が本当なのか分からないけど…期日前投票が大幅に増加したことを考えても、それでもやけに投票率が低い状態だね。
安倍一派(佐喜真陣営)からすれば、投票率が低くなればなるほど「大喜び」する事態だけど、台風も沖縄からは遠ざかりつつある状況なので、どうか一人でも多くの有権者が足を運ぶことで、民主主義のシステムをどうにか維持させるべく、沖縄県民が能動的に行動を起こすことを願っているよ。

今日の深夜に大勢が判明する見通しみたいだし、私も固唾を呑んで見守りたいと思うわ。

Pocket