■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東京五輪ワイロ疑惑、竹田前JOC会長への事情聴取の内容が判明!竹田氏は「知らない」「関係がない」などと主張!仏検察は「(竹田氏の供述は)限定的で欠陥が多い」と批判!

東京五輪ワイロ疑惑、竹田前JOC会長への事情聴取の内容が判明!竹田氏は「知らない」「関係がない」などと主張!仏検察は「(竹田氏の供述は)限定的で欠陥が多い」と批判!
Pocket

どんなにゅーす?

東京五輪ワイロ疑惑について、フランス検察当局が2018年12月に竹田恒和前JOC会長に対して行なった事情聴取の内容が明らかになった。

竹田氏は「知らない」「関係がない」との主張を繰り返しており、仏検察の判事は「限定的で欠陥が多い」と問題視。現在も捜査が継続されており、この先の立件可否の判断が注目される。

東京地検の協力「限定的」 東京五輪招致疑惑、竹田氏捜査で仏判事指摘

二〇二〇年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑に関し、フランス当局の予審判事が一八年十二月にパリで日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和前会長(73)に事情聴取した内容の大枠が三十日、関係者への取材で分かった。前年に国際捜査共助に基づき行った東京地検特捜部による竹田氏ら招致関係者の聴取について、判事は「限定的で欠陥が多い」と指摘した。捜査は継続しており、立件可否の判断が注目される。

招致委員会理事長だった竹田氏に対するフランス判事による聴取内容が判明するのは初めて。フランスの刑法では民間人同士を対象にした贈収賄規定があるが日本の刑法にはないため、判事は東京地検の捜査協力が「任意」にとどまったとし「必要とした全ての証人の聴取や書類の押収はなかった」と指摘した。
~省略~

【共同通信 2021.1.31.】

今頃になって、2018年の竹田前JOC会長への事情聴取の内容が報じられる!現在も「東京五輪ワイロ捜査」は鋭意継続中!

出典:Twitter(@jucnag)

東京五輪ワイロ疑惑について、フランス検察が2018年に竹田恒和前JOC会長に対して行なった事情聴取に関する詳しい内容が報じられました。
「予想通り」というべきか、竹田前会長は「私は知らない」「関係ない」との主張を繰り返しており、これに対して、フランス検察は「限定的で欠陥が多い」と批判したとのことです。

安倍前総理による「桜疑獄」における事情聴取の供述内容とそっくりだけど、フランス検察は、日本の特捜と違って、こうした「上級国民被疑者」の不誠実な態度や姿勢に対して忖度なしに批判をしているようだね。
どうやら、日本の特捜は、「民間人同士を対象にした贈収賄規定がない」というファクターを盾にして、フランス検察の捜査に非協力的な姿勢をみせているみたいだし、まさに、日本の与党政治家から組織委・JOC、検察、マスコミまで、「東京五輪ゴリ押し」で見事なまでに一致団結していては、”一心同体””一蓮托生”で腐敗しきっている内情が浮かび上がっている。

それにしても、なぜ今頃になって、2018年の竹田氏への事情聴取の内容が表に出てきたのかが気になるね。
フランス検察が本格的に立件に向けて「詰めの動き」をしているのだとすれば嬉しいことだけど、とにかくも、権力層が「何としても東京五輪強行開催」で一致団結している日本側があの手この手で立件を潰そうとしているのは誰もが容易に想像できることだ。
したがって、この先どのような展開になっていくのかは、現時点ではいささか予想しづらいところだ。

この東京五輪ワイロ疑惑に、電通が非常に大きな役割を担っていた上に、菅総理も大きく関与していた疑いが浮上している以上、ますます日本側が総動員で「捜査潰し」の力を掛けていることが考えられます。
この疑惑が近々本格的に立件されれば、東京五輪の中止がいよいよ確実になるでしょうし、あらゆる不正なお金の流れや腐敗が本格的に白日の下に晒されることにより、不正にかかわった関係者や企業、政治家らはまさに致命的なダメージを負うことになるのは間違いないでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事