【ヤバすぎ】日本の出生数が激減!前年同期比5.9%減!90万人割れの可能性も→ネット「当たり前だろ」「自分が生きるだけで精一杯」

Pocket

どんなにゅーす?

日本国内の出生数が激減しており、2019年1~7月で前年同期比5.9%減となったことが報じられた。

・厚労省のデータによると、ここ5年ほどで出生数が急速の減少に向かっており、2019年に90万人を割る可能性が高くなってきたという。

・これに対して、ネット上では「当たり前だろ」「自分が生きるだけで精一杯」などの声が上がっており、生活苦や貧困が主因となって、子どもを産みたくても産めない若者が増えている現状が浮かび上がっている。

出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く
社会保障・成長に影

日本の出生数が急減している。1~7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ。

厚生労働省の人口動態統計(速報)によると、1~7月の出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人。減少は4年連続だが、19年は月次でも3月に7.1%減となるなど、大きな落ち込みが続く。18年1~7月は同2.0%減だった。

日本総合研究所の藤波匠氏は「団塊ジュニアの出産期の終わりを映している」…

~省略~

【日経新聞 2019.10.7.】

日本を襲う深刻な少子高齢化の実情に、ネットでも強い危機感の声が噴出!この事態を作り出した安倍政権の悪政に対しても怒りの声!

日本の少子化や人口減少が深刻な状況に見舞われている実情が改めて明らかになりました。
日経新聞で報じられたグラフを見ましても、ここ5年ほどで急速に出生数の減少が進んでおり、ついに2019年に90万人を切る可能性が高まってきたとのことです。

これこそ、多くの人々が「ヤバい事態」と知りながら必死に目を逸らしてきた、「恐ろしい現実」だね。
確かに、ここ5年ほどで減少のペースが一気に加速している感じだし、これこそ、「アベノミクスによる『貧富の格差拡大』の影響」と「消費増税の影響」と考えていいだろう。

日経新聞では、「団塊ジュニアの出産期の終わりを映している」との専門家のコメントを紹介しているけど、ここまで日本の出生率が低下しているのは、それだけではないだろうし、簡単にいえば、「若い人々にとって、結婚・出産・子育てを行なう環境があまりにも悪くなってきている」(つまり、出産・子育てに耐え得るほどの十分な経済的余裕も体力的余裕もなくなってきている)ということだろう。
それに、日経新聞は「出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ」なんて書いているけど、そんなことを言っている傍らで、安倍政権の増税政策をフォローしたり、ますます若い人々が結婚・出産できなくなるような社会を安倍政権と一緒になって後押ししてるんだから、まあほんとにたちが悪いね。

とにかく、現代の日本の多くの若い人たちは、「自分自身が生活していくだけで精いっぱいの状況」であり、自らが置かれている環境に加えて、現在の日本の社会状況や政治情勢などを見極めたうえで、「自分たちの子孫を残していけるような状況にはない」と判断しているということなんじゃないかな?

確かに、経済的・体力的にも無理をして子どもを産んだとしても、今の政治状況を見る限り、大切な子どもたちが”不幸な事態”に見舞われてしまう可能性が大きいですからね。
そういう意味では、多くの日本の若い人たちは、実は結構この現状を冷静に見ているということなのかもしれません。

そうかもしれないね。
だけど、現実を冷静に見ながら、その中でどうにか”適応”し”順応”していく方向に向かっていったとしても、今よりもさらに政治情勢が悪くなっていけば、いよいよ、自分自身の生活や生命すらも本格的に危なくなってくる事態に突入していく可能性がある。

やはり、国民自身が主体となって、これ以上の事態の悪化を食い止めていく必要があると思うし、まずは、国民を”奴隷扱い”しながら、「生かさず殺さず」の過酷な社会環境をせっせと構築している安倍政権を終わらせて、できれば、れいわ新選組のような、「積極的に国民への生活支援を打ち出す姿勢」を持った政治勢力を大きくしていきたいし、最低でも、民主党時代のレベルくらいの生活支援を行なう政権を樹立させないと、いよいよボクたちは真の意味での「ディストピア」に突入していってしまうよ。

ネット上でも、この話題がかなり大きく盛り上がっていますが、それだけ、多くの国民が改めて突き付けられた「過酷な現実」に大きくショックを受けているということなのでしょう。

こんな状況にもかかわらず、庶民にますますきつい増税を強いては、グローバル大企業などの資本勢力をどんどん肥え太らせる政策を繰り返している安倍政権の”棄民性”について、もっともっと強い危機感を持つべきだし、どうすれば、この「日本終了の危機」から脱することが出来るか、国民みんなで真剣に考えていく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事