■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

Dappiと取引の「システム収納センター」はやはり「自民党のダミー会社」!党から年間4千万円もの資金を流し、大規模なネット工作を行なっていた疑いが浮上!

Dappiと取引の「システム収納センター」はやはり「自民党のダミー会社」!党から年間4千万円もの資金を流し、大規模なネット工作を行なっていた疑いが浮上!
Pocket

どんなにゅーす?

・悪徳野党叩きアカウント「Dappi」(ワンズクエスト)について、自民党の重鎮たちが取締役を務めてきた上に同党が年4千万円もの資金を流してきた会社と取引があったことが発覚した中、この企業は「株式会社システム収納センター」だったことが判明した。

・この企業は、以前に野党が追及したこともある業務実態が不透明な「自民党のダミー会社」で、このダミー会社を介して自民党がデマや誹謗中傷を駆使した大規模なネット工作を行なってきた疑いが強まっている。

ネトウヨDappi運営との取引を報じられた自民党ダミー法人の実名! 岸田首相、甘利幹事長が代表、いまも自民党から年間4000万円

~省略~

しかも、この会社は一応、民間企業の体裁をとってはいるが、その実態は「自民党のダミー会社」なのだ。

日刊ゲンダイではこの問題の会社は「A社」と匿名になっているが、社名は「株式会社システム収納センター」という。所在地は自民党本部から徒歩で10分もかからない平河町のビルにあり、このビルには石原伸晃が会長を務める派閥「近未来政治研究所」(石原派)の事務所や、自民党の党友組織である「自由社会を守る国民会議」(自由国民会議)の事務局なども入居している。

そして、この「システム収納センター」には自民党の錚々たる有力議員が代表取締役に就任。岸田首相は2001年2月〜5月と2003年12月〜2005年11月に、甘利幹事長は岸田首相と同じ2001年2月〜5月に代表取締役に。このほかにも福田康夫・元首相や細田博之・元幹事長らが代表取締役に就いてきた。

さらに、同社には、「自民党の金庫番」と呼ばれてきた自民党の幹部職員である元宿仁事務総長が深く関わっているとの情報もある。元宿氏は安倍晋三・元首相との結びつきが非常に深く、河井夫妻による選挙買収事件でも資金提供のキーマンとされている人物だ。

こうした自民党幹部の関与だけを見ても、この「システム収納センター」が自民党のダミー法人であることは明らかだが、もうひとつ、重要なのは、この「システム収納センター」に対して、自民党本部が長年にわたって大金を支出してきたという事実だ。

2019年の政治資金収支報告書では、自民党本部は「システム収納センター」に対し、「政治活動費」の「寄附・交付金(負担金)」として毎月月末に350万円前後を支出。2019年の1年間だけで合計4086万8682円も支払っている。

~省略~

そもそも、「システム収納センター」が設立されたのは1977年のことだが、その4年前である1973年には「自民党直属の広告代理店」として「自由企画社」が発足。2003年には同じように世論調査会社である「日本情報調査」が設立されている。そして、この3社には自民党議員や党職員が役員に就き、業務が不透明であるにもかかわらず、自民党本部は毎年、巨額の金を支出してきたのだ。しかも、この3社への支出は、原資が税金である政党交付金から賄われていたのである。

これら3社の具体的な業務内容も明らかにしないまま、巨額の税金を流してきた自民党。当然、このことは問題となり、2007年に毎日新聞が「政党助成制度がスタートした1995年以降、自民党本部から3社に計97億円の政党交付金が支払われていた」と報道、福田康夫政権だった2008年には国会でも取り上げられる事態となった。

~省略~

【リテラ 2021.10.15.】

Dappi(ワンズクエスト)と取引をしていたのは、自民のダミー会社「システム収納センター」!自民が同社を介し巨額の資金を投じて大規模ネット工作を行なっていた疑い!

出典:株式会社システム収納センター

出典:株式会社システム収納センター

出典:株式会社システム収納センター

「Dappi疑獄」について、日刊ゲンダイに続き、リテラが非常に重要な情報を報道しました。
Dappiを運営していたワンズクエストと取引を行なっていたのは、以前に野党が国会追及したこともある、実質的な自民党のダミー会社「システム収納センター」だったことが判明。
自民党の重鎮議員が取締役名を連ねてきたこの会社には、今もおよそ年間4千万円もの資金が自民党から流されているとのことです。

これはまたまたとんでもない事実が発覚したわねっ!!
自民党のお歴々が役員に名前を連ねてきたいかがわしいダミー会社に対して自民党が年間4千万円もの資金を流してきたこと自体、すでに怪しい匂いがプンプンですし、いよいよDappi疑獄はとんでもない事態に発展してきたわねっ!!

そうだね。
システム収納センター側は「ご質問のツイッターアカウントは全く存じ上げない」などと懸命に関与を否定しているけど)簡単に言えば、デマや捏造を用いて野党叩きを行なうアカウントに自民党が直接的に資金提供するとあまりにマズイことから、こうしたダミー会社を介して資金を流す形で、自民と懇親な”悪徳IT企業”に「犯罪そのもの」と言えるようなネット工作業務を依頼していた疑いが強まってきたってことだね。

今回のDappi疑獄を通じて、(まさしくボクが疑っていた通りネット上にゴロゴロ存在してきた、個人を装った(ヘイトやデマなどを駆使してきた)匿名自民サポアカウントについて、自民党と深い利得関係で繋がっている組織が運営していた実態がついに露呈した形だし、ワンズクエストがDappi以外にも悪徳工作アカウントを運営していた疑いもある上に、ワンズクエスト以外にも多くの悪徳IT企業が、詐欺レベルの自民サポ&野党叩きのネット工作を請け負ってきた疑いがある。

とにかくも、野党は一致団結してこのDappi疑獄を徹底的に追及していかなきゃいけないし、かつて岸田総理も「システム収納センター」の取締役を務めていたことも分かっている以上、この件について真摯に説明する責任があるわっ!

文化放送のラジオでは、ちょうど先ほど吉田照美氏が「Dappi疑獄」を大きく取り上げて自民党を強く批判していたけど、今のところ、テレビにおいては不自然なまでにこの一大疑獄を揃って懸命に覆い隠しており、こうした自民による大規模なネット工作は、官邸を超えてジャパンハンドラーが指示する形で行なわれていた疑いもある。
とにかく、自民党による大規模なネット工作は、人々が想像している以上にずっと闇が深いとみているし、簡単にいえば、大手マスコミ(特にテレビ)そのものも(ワクチン及びワクチンパスキャンペーンの大宣伝など)「グローバル資本勢力による巨大な民衆洗脳工作装置」(つまり、Dappiのお仲間)ということだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事