安倍政権とカルト宗教との深い関わり!大臣と党4役に統一教会系議員がズラリ!安倍総理本人もカルトと深い関係!(日刊ゲンダイ)

Pocket

どんなにゅーす?

・第4次安倍再改造内閣が発足した中、新たに組閣されたメンバーと「カルト宗教」との親和性が話題になっている。

・安倍総理の最側近の萩生田文科相や下村博文選対委員長、麻生財務相や高市総務相などなど、大臣や党4役に、これまで霊感商法や募金詐欺など数々の問題を引き起こしてきた世界基督教統一神霊教会(現・世界統一家庭連合)と深い関係を持つ議員が12人も入閣。また統一教会から派生された組織ともいわれている日本会議国会議員懇談会のメンバーも12人おり、これらのカルト宗教組織が、本格的に日本の政治に強い影響力を及ぼしつつある実情が明らかになっている。

日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

11日発足の第4次安倍再改造内閣は、党4役を含めると日本会議国会議員懇談会の幹部が12人もいる極右内閣。ところが実は、霊感商法問題で知られる宗教団体「統一教会」(現・世界平和統一家庭連合)がらみの大臣と党4役も計12人いる。

~省略~

さらに今回、初入閣13人の中にも6人もの“統一教会系大臣”がいる。統一教会問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏の解説。

「萩生田光一文科相は、2014年に都内での統一教会系イベントで来賓として挨拶に立っています。17年に統一教会系団体がワシントンで開いた日米韓の国会議員会議やニューヨークで教団が開催した大規模フェスティバルに参加していたのが武田良太国家公安委員長や竹本直一IT政策担当相、山本朋広防衛副大臣です」

衛藤晟一1億総活躍担当相も、14年に統一教会系団体で講演。議員会館使用の便宜もはかった。田中和徳復興相は16年に川崎駅構内での街頭演説の際、自身の名刺とともに統一教会の機関紙「世界日報」を配布した。菅原一秀経産相は自身が代表を務める自民党支部が17年に統一教会系の世界平和女性連合に会費を支払っている。

統一教会は16年に世界平和国会議員連合(IAPP)を設立。世界各国で大会を開き、現地の国会議員を巻き込んでいる。

「同年の日本での大会には、統一教会幹部らや自民党を中心とした国会議員63人が出席。そこに竹本大臣や御法川信英国交副大臣もいます」(鈴木エイト氏)

しかもIAPPの目的は「統一教会の日本の国教化」だという。

「教団は内部資料で、IAPPを“真の父母様(文鮮明夫妻)の主権によって国家を動かす”ための戦略としている。教団ではこれを“国家復帰”と呼び、日本を含め21カ国での実現を目指しています」(鈴木エイト氏)

知ってか知らずか統一教会国教化計画に加担している議員が、内閣に加わったということだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.9.17.】

安倍総理の祖父・岸信介が設立に尽力したカルト宗教・統一教会と昵懇議員が内閣を占拠!日本そのものがカルト宗教に乗っ取られたも同然

出典:YouTube

日刊ゲンダイが、安倍政権と危険なカルト宗教との親和性を特集してくれました。
今に始まったことではありませんが、テレビや大手新聞が全く報道してくれないことで、この実態を知らない人も多いかもしれませんので、これは非常に価値のある報道です。

当サイトをご覧になってきた読者の皆さんであれば、いまさら言うまでもないことだとは思うけど、本来であれば、テレビや新聞が真っ先に警鐘を鳴らすべき事態だよね。
(ネット上では、「なぜ”ネトウヨ”がこうした実態に気が付かないのか?」みたいな声が出ているけど、そもそもネット上の”ネトウヨ”と呼ばれている人たちの多くが、これらの教団の信者なんじゃないのかな?

朝鮮人の文鮮明を教祖として崇めてきた統一教会は、これまで数々の霊感商法や募金詐欺など、悪質な犯罪に手を染めながら多くの社会問題を引き起こしてきたけど、(日刊ゲンダイでは触れていないけど)A級戦犯としての処刑を免れる代わりに「CIAエージェント」として対日工作活動を行なう任務を課せられたといわれる、安倍総理の祖父・岸信介児玉誉士夫、今でも安倍一族と深い交流を持っている笹川一族の笹川良一らがこの教団の設立や発展に尽力した背景を見ても、このカルト宗教はCIA(グローバル資本勢力)が日本と朝鮮と米国にインストールした「対日工作組織」という側面を持っていることがみえてくる。

安倍政権の議員の中には日本会議と深い関係を持っている議員も大勢いるけど、この日本会議も基本的には統一教会と同じような性質を持っているもの(統一教会を隠すために新たに作られたグローバルカルト組織)と考えるのがいいだろう。

日本会議には、大日本帝国の幹部の子孫とも深い関係を持っていることがいわれていますし、統一教会も日本会議も、どちらもグローバル資本勢力と共謀して江戸幕府を倒した「長州テロリスト」や、彼らによって樹立された「大日本帝国」を深く信奉している様子がみてとれますので、これらはいずれも、「保守」や「愛国」を偽装したグローバルカルト組織と考えるべきですね。

靖国神社についても、その建立された経緯をみても、日本国民をグローバル資本勢力の利益のために戦争で”自滅”していくプロセスに誘導していくべく、グローバリストが作り出した「国家神道」を謳ったカルト組織であると考えるのがいいだろうし、つまりは、靖国神社や長州閥礼賛思想、統一教会や日本会議や神社本庁も、これはすべてはグローバリズムに繋がっていると考えれば、「一つの線」ですっきりと繋がるというわけだ。

グローバリストの世界支配層は、世界中で様々な宗教を生み出しながら市民を深く洗脳した上で、数々の戦争や国家の乗っ取りを行なってきましたが、安倍政権と深くつながっているカルト宗教も、これらと同じようなものと考えるのがいいでしょうね。

フリーメイソンやらイエズス会やらオウムやらイスラム国やら、実に多くの宗教やカルトを生み出したり乗っ取ったりしては、自由自在に政治や民衆の意識をコントロールしたり、戦争やテロなどを引き起こしてきたからね。

マスコミがこうした安倍政権の実態や、数々のカルト宗教やテロ組織の背後にグローバル資本勢力が深く関与していることを全く報じようとしないこと自体が、自ずとグローバリストの下部組織であることを物語っているし、この先安倍政権がますます独裁化していけば、グローバリズムがますます深化していくことで、これらの「グローバルカルト」がボクたちの脳を本格的に乗っ取っていってしまうことになるだろう。

本当に恐ろしいことですが、私たちは、グローバリストによる様々な支配や洗脳の手法をよく理解した上で、これらの術中に嵌っていかないように十分に注意をしていかなくてはなりませんね。

そして、こうした日刊ゲンダイなどの、ボクたち一般市民にとって真に有益な情報を積極的に報じてくれる、中小零細の良心的なメディアを応援していくことが重要だね。

Pocket

 

 関連記事