【子分も嘘つき】自民・菅原一秀議員「正直、公正。それが安倍晋三。」→ネット「悪い冗談か」「吹き出した」「ここまで親分の膿やウソが蔓延したか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月17日、東京・銀座での安倍陣営による街頭演説会で、自民・菅原一秀議員が「安倍さんは正直で、そして公正で、どっかのフレーズにありますが、全くもって本当に正直な人です。売られたけんかは買わない、しかし売られた論争はとたんに買う、そして人の悪口は言わない。人のことを批判しない。それが安倍晋三の真骨頂であります。」などと発言

・これに対して、ネット上では「悪い冗談か」「吹き出した」「ここまで親分の膿やウソが蔓延したか」などの怒りや呆れる声が殺到自民党内に、安倍総理を発信源とする嘘や欺瞞が蔓延している実態が露呈している。

「正直、公正。それが安倍晋三」自民・菅原元財務副大臣

誰が日本のリーダーとしてふさわしいのか。それは間違いなく、安倍晋三候補であります。国民の皆さんの不安を払拭(ふっしょく)し、安心・安全を倍にする男。高杉晋作から一文字とって「晋三」と名づけられたそうでありますが、その高杉晋作の熱い思いを凌駕(りょうが)する男。自民党の国会議員405名の中で350名超が安倍晋三を応援しています。なぜか。やっぱり、実績。そしてもう一つ、私は予算委員会で筆頭理事をおおせつかり、目の前で安倍総理を見てきました。安倍さんは正直で、そして公正で、どっかのフレーズにありますが、全くもって本当に正直な人です。売られたけんかは買わない、しかし売られた論争はとたんに買う、そして人の悪口は言わない。人のことを批判しない。それが安倍晋三の真骨頂であります。(東京・銀座での安倍陣営の街頭演説で)

【朝日新聞 2018.9.17.】

菅原一秀議員による「正直、公正。それが安倍晋三。」の演説に対し、ネット上で「ギャグとしか思えない」「自虐ネタか?」との呆れと突っ込みの声が殺到!

出典:すがわら一秀オフィシャルブログ

熱烈な安倍シンパ議員の一人、菅原一秀議員による”仰天の演説”に対し、呆れと突っ込みの声が殺到しています。
私自身も驚いてしまいましたが、まさしく、安倍総理のペテン師の性質が自民党内にますます深く蔓延していることを実感させるトンデモ演説ですね。

こんな言葉を大真面目に発するんだから、今の自民党というのは、政治家ではなく、「生粋のペテン師」によって占拠されているということだろう。
まあ、元来より自民党とは「保守」を偽装したグローバル資本の傀儡政党だし、「潜在的な欺瞞性」が根底にあったものの、近年になって(小泉政権以降)こうした”詐欺性”がますます増長し、現在の安倍政権によって完全な「ペテン師の集まり」となってしまったということだ。
すでに安倍シンパ議員を筆頭に「国民を騙すこと」に対してもなんの引け目も躊躇も存在しない状況になっているし、この政党が完全な末期症状に陥ってきていることを強く感じるよ。

本当に恐ろしいことです…。
まさしく、日本の国家が強大な詐欺集団に乗っ取られている状態であり、国民がこれら詐欺集団に強力に支配されている状態ですね。

ここまで日本の政治組織が腐りきってしまった現実に、ボクもあまり気の利いた言葉が出てこないけど…どうにか、一人でも多くの国民がこの国の危機に気がつき、これ以上の”破綻”を回避する行動を取るのを願うばかりだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket