■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【疑惑のデパート】菅原一秀前経産相が議員辞職へ!東京地検特捜部が公選法違反で略式起訴する方針を受け!有権者にメロンやカニに加えて現金も配布した疑い!

【疑惑のデパート】菅原一秀前経産相が議員辞職へ!東京地検特捜部が公選法違反で略式起訴する方針を受け!有権者にメロンやカニに加えて現金も配布した疑い!
Pocket

どんなにゅーす?

・有権者にカニやメロンに加えて、祝儀や会費名目で現金を配っていた公選法違反容疑で捜査を受けてきた自民・菅原一秀前経産相が議員辞職する方針であることが明らかになった。

・東京地検特捜部は、一旦は(本人が反省しているなどの理由で)起訴猶予としたものの、検察審査会で「起訴相当」の議決が出されたため再捜査。「特捜が菅原氏を略式起訴する方針」との報道が出ている中、罰金命令によって議員職を剥奪される可能性が高いと考え辞職する意向を固めたものとみられる。

菅原一秀・前経産相、議員辞職へ 略式起訴の見通し

前経済産業相の菅原一秀衆院議員(59)=東京9区=側が地元で香典や現金を渡したとされる問題で、菅原氏が1日にも自民党を離党したうえで議員辞職願を提出する意向を固めたことが、関係者への取材でわかった。香典や現金などについては、東京地検特捜部が近く、公職選挙法違反(選挙区内での寄付)の罪で菅原氏を略式起訴する見通しだ。

同罪の法定刑は50万円以下の罰金。簡裁の略式命令による罰金刑が確定すれば、公選法の規定で衆院議員を失職する。公民権は原則5年間停止され、その間は立候補もできなくなる。

~省略~

関係者によると、議決を受けて再捜査した特捜部は、地元で開かれた祭りの際に主催者の町内会に会費名目で渡すなどした現金数十万円も違法と認定。悪質性が高まったとして略式起訴する方針に転じた。

~省略~

菅原氏は03年初当選で当選6回。略式起訴は、書面審理で罰金などを求める簡易的な手続きで、簡裁が「不相当」と判断しない限り公開の正式裁判は開かれない。

【朝日新聞 2021.6.1.】

出典:すがわら一秀オフィシャルブログ

「疑惑のデパート」菅原前経産相がようやく議員辞職へ!検察審査会が「起訴相当」を議決しなければ、全てが闇に葬られていたことに…!

数々の公選法違反の犯罪行為だけでなく、悪質なパワハラの数々も報じられていた菅原一秀前経産相が、ようやく議員辞職を決めたみたいねっ!
ここまで長い間にわたって自民党議員として居座ってきたことも信じられないし、そもそも、検察審査会で「起訴相当」が出ていなければ、全ての悪事が闇に葬られていたってことよねっ!!

検察は今になって菅原氏を略式起訴することを決めたようだけど、本来であれば、最初の捜査の時点で菅原氏を逮捕し、(河井夫妻のように)大々的に裁判が行なわれていなければいけないはずだ。
しかし、「菅原氏が反省しているから」などの理由で不起訴にし、検察審査会で起訴相当の議決が出た後に、菅原氏によるさらなる「現金配布」の重大犯罪行為が表に出てきたこと自体が不可解極まりないとしか言いようがない。
なんせ、新たな現金配布疑惑においても、地元民からの具体的な証言が次から次へと出てきている状況だし、これはもう、最初の時点で東京地検特捜部が意図的にろくな捜査をやらずに一方的に捜査を終わらせてしまった疑いが極めて強く、要は「検察はわざと菅原氏の犯罪を見逃した」以外に考えられない。

こうなると、当初検察は「何らかの理由や事情」によって菅原氏を意図的に見逃したってことになるだろうし、(河井事件や桜疑獄などで火の車だった)当時の安倍政権をどうにかして守るために、わざと”手抜き捜査”を行ない、不起訴にしたのではないかという疑いが頭をもたげてくる。

ほんとに管理人さんの言う通りだし、最初の時点で菅原氏が不起訴処分になったことそのものが異常事態としか言いようがないわっ!!
改めて、日本の特捜そのものが「売国政治家を守るためのインチキ捜査機関」なのを肌で感じるし、黒川氏が検察を去っても、そうそうこの腐敗体質は変わることが無いみたいねっ!!

日本がグローバル支配層による完全なる「傀儡国家」である限り、日本の特捜の体質がまともになっていくことは今後もないだろうし、安倍前総理はいまだに「長州テロリストパワー」が効いて検察も全く手出しできない状態なの対して、菅原氏はやはり「小物」だったようだ。
(それでも、略式起訴の極めて軽微な罰で済みそうだし、やはり、かなり不当な”大甘処分”であることには変わりないだろう。)

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事