■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【異常事態】国会でゼレンスキー大統領のオンライン演説を開催か!立憲・泉代表は「影響が大きい」慎重姿勢を示すも、自民&立憲国対委員長会談で前向きに検討へ!

【異常事態】国会でゼレンスキー大統領のオンライン演説を開催か!立憲・泉代表は「影響が大きい」慎重姿勢を示すも、自民&立憲国対委員長会談で前向きに検討へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・ウクライナ戦争において自国の立場や正当性を喧伝するために、ウクライナ政府が日本の国会でゼレンスキー大統領のオンライン演説を行なうことを要求した。

立憲・泉代表は「他国指導者の国会演説は影響が大きい」と慎重姿勢を示したものの、国民・玉木代表は「前例が無いとの理由で断るなんてあり得ない」と開催を強く求めた上に、自民と立憲の国対委員長会談においても、実現すべきとの認識で一致したという。

“国会でゼレンスキー大統領の演説を” 日本に打診で対応検討

~省略~

ウクライナのゼレンスキー大統領は、西側諸国に支援を要請するため、イギリスなど各国の議会でオンライン形式での演説を重ねていて、日本時間の16日夜には、アメリカ連邦議会の上下両院の議員を前に演説することにしています。

政府関係者によりますと、これまでに東京のウクライナ大使館から外交ルートを通じて日本政府に対し、国会でゼレンスキー大統領の演説を動画で見る機会を設けてもらいたいという打診があったということです。

これを受けて、自民党の高木国会対策委員長と立憲民主党の馬淵国会対策委員長が16日午後、会談し、打診を受け入れるべきだという認識で一致しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.3.16.】

立民・泉代表「他国指導者の国会演説は影響が大きい」 ゼレンスキー大統領オンライン国会演説に慎重姿勢

~省略~

ゼレンスキー大統領が国会でのオンライン演説を提案していることについて、泉代表はツイッターで「他国指導者の国会演説は影響が大きい」と指摘し、「演説の前に『首脳会談・共同声明』が絶対条件だ。演説内容もあくまで両国合意の範囲にすべき。それが当然だ」として慎重な考えを示しました。

泉代表は超党派でつくるウクライナ議連の副会長を務めています。

一方、国民民主党の玉木代表はツイッターで「前例が無いとの理由で断るなんてあり得ない。柔軟に対応すべき」としていて、野党内でも見解が分かれています。

~省略~

【TBS News 2022.3.16.】

ゼレンスキー大統領(ウクライナ政府)がその”いかがわしい本性”を露呈!米国のオンライン演説では「真珠湾攻撃や9.11を思い出して」と発言!

「真珠湾攻撃や9.11を思い出して」ウクライナ大統領、米議会で演説

ウクライナのゼレンスキー大統領は16日、米連邦議会でオンラインによる演説をした。

~省略~

ゼレンスキー氏は「1941年の(日本による)真珠湾攻撃を思い出してほしい。(2001年の)米同時多発テロを思い出してほしい。空からの攻撃で街が戦場になった。私たちはロシアによる空からの攻撃で毎日、毎晩、この3週間、同じことを経験している」と訴えた。

~省略~

【毎日新聞 2022.3.16.】

ウクライナ政府とゼレンスキー大統領が、いよいよその「いかがわしすぎる本性」を露呈させてきました。
米国や英国では実際にオンライン演説が開催された勢いで、(米英新世界秩序の完全なる傀儡である)日本政府側も拒否するのが難しい状況にあるのでしょうが、他国同士の戦争において、一方の宰相の言い分を垂れ流すオンライン演説を国会内で行なうことなど、前代未聞の異常事態としか言いようがありません。

いやはや、すでに、ウクライナ政府そのものがグローバル諜報組織(CIA)の完全なる傀儡であることも、日本政府がCIAやCSIS(グローバル諜報組織)の完全なる傀儡であることもすっかり丸出し状態ではないか。
こんな状況でもなお、「ゼレンスキーさん頑張れ!」などと応援している人がいるとしたら、ちょっと手の施しようがないほどの奴隷洗脳状態としか言いようがないし、まっとうな感覚を持っている人であれば、現在のゼレンスキー政権も、彼らをヒーローのごとくを報じている大手マスコミも、完全なるグローバル資本勢力の傀儡ペテン組織であることに気が付くことだろう。
そういう意味においては、今回については泉代表の意見は正しいし、一方で、オンライン演説の開催をごり押ししている国民民主や維新は、混じりっけ無しの米英グローバリストのスパイ政党だ。

泉代表はこれにストップをかける意見を発しましたが、しかし、自民と立憲のオンライン会談においては、開催するべきとの認識で一致してしまったようですし、このままではゼレンスキー氏のオンライン演説が強行されては、米英新世界秩序へのさらなる忠誠を誓わされさらには、プーチン政権打倒(現ロシア崩壊→極東への新世界秩序の拡大)目的の戦争への積極的な参加も促されることになるでしょう。

少し前に騒ぎになった外国人戦闘員の募集もそうだけど、何もかもがジョージ・ソロス(バックにはロスチャイルド財閥)お得意の手口というか、この、あまりに獰猛でなりふり構わない粘着的なやり口には思わず閉口してしまう。
(しかも、米国での演説では、ロシアのやり口を大日本帝国の真珠湾攻撃になぞらえて非難するという…苦笑)
とにかくも、こんな常識も通用しないおかしな連中の悪巧みにどんどん引き込まれることだけは避けないといけないし、(前から繰り返し警告してきたけど)マスコミの洗脳に引っ掛かって、「ウクライナは正義の味方&プーチンは世界を滅ぼす悪魔」との認識の下でグローバリスト連中のされるがままに流されていくと、いよいよ日本が取り返しのつかない事態になってしまうことを肝に銘じる必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事