【謎ポエム】小泉進次郎環境相の発言が「意味不明」と話題に!「30年後は何歳かなと発災直後から考えていた。だからこそ、私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうか…」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の”目玉人事”として、マスコミがこぞって持ち上げまくってきた小泉進次郎環境相の発言が、かなり”意味不明”だとして、ネット上で驚きと批判の声が相次いでいる。

・進次郎氏は、福島原発事故による除染廃棄物の最終処分場の判断について、記者からの質問に答えたものの、具体的な根拠も数字もない”ポエム調”の回答に終始。ネット上では「何言ってるのか分からない」との声が相次いでおり、進次郎氏の想像以上の無能さに批判の声が噴出している。

小泉進次郎氏 回答がポエム?「何言ってるかわからない」の声

小泉進次郎環境大臣(38)が9月17日、除染廃棄物の最終処分にまつわる質問に答えた。ただその内容が意図の読めないものだったため、ネットでは「何言ってるのかわからない」といった声が上がっている。

同日、福島県に訪問した小泉大臣。記者から福島第一原発事故で発生した除染廃棄物について「45年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」「その最終処分場の検討が進んでいない。現状や見通しについて見解をいただきたい」と問われた。「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」「その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします」と発言したところ、記者が「具体的には?」と再び訊ねた。すると、こう返したのだ。

「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

さらに「だからこそ果たせる責任もあると思うので」と続けた小泉大臣は、同県のふたば未来学園について「その思いがなければ取り組んでいません」と発言。「教育というのは、一過性の支援ではできません」「生徒たちが社会に羽ばたいた後の人生も含めて、責任を負うんだという思いがあるからこそ取り組んできました」と語った。そして「この30年の約束もその思いで、ライフワークだと言ってきたことをしっかり形にするために全力を尽くしたい」と結び、会見は終了した。

~省略~

【ニコニコニュース(WEB女性自身) 2019.9.18.】

重要な質問に対し、意味不明の”ポエム”を長々披露した進次郎氏に批判殺到!想像以上の無能さにネット上では驚きの声!

↓問題のシーンは3分58秒くらいから。

出典:YouTube

ネット上が騒然としているから、一体どんな発言なのかと思って映像を観てみたけど…想像以上の「スカスカポエム」じゃない!!
深刻な台風被害の報道すら後回しにして)マスコミがさんざん持ち上げまくってきた進次郎大臣だけど、トンデモレベルの”無能大臣”じゃないのよっ!!

にゃは~っ!!
この調子にゃと、スンズロ~くんはこれから毎日”格好の面白ネタ”をたくさん提供してくれそうだにゃ!!

環境相といえば、福島原発事故による廃棄物の問題をはじめとした様々な環境問題を扱う非常に重要なポストのはずなんだけど…ほんとにもう「なんじゃこりゃ!」との感想しか出てこないね。
常に二枚目気取りで、なぜか遠い目をしながらポエムっぽいことを披露するものの、具体的な数字も計画もデータもなし
今回の会見も、ほとんど「お笑い劇場」と化してしまっているものの、記者が誰も突っ込みを入れないせいで、何とも微妙な空気のまま終わってしまった感じだ。

しかし、それにも増して驚きなのは、「二枚目風」な以外に何の取り柄もない進次郎氏が、大手マスコミの世論調査で、「次期総理は誰がいいか?」の設問において、たいてい第1位に輝いてしまっていることだ。
ここまで無能で何の知識も教養もない進次郎氏が日本の総理になったら、文字通りに日本は(すでに安倍政権によってメチャクチャになっている中で)”とどめ”を刺されてしまうし、(この世論調査の結果が本当ではないことを祈りたいけど)ちょっと国民は真剣に考え直した方がいいと思うぞ。

ただでさえ、人口削減思想とか、ヤバすぎるグローバリズムの思想に染まってしまっている進次郎大臣が、この先ますますマスコミが「次期総理の代表格」としてもてはやすようになっていったら、いよいよ「日本が完全に終了するフラグ」が立ってしまいそうね…。

ジャパンハンドラーのマイケル・グリーンが「日本の総理はバ●にしかやらせない」とかなんとか言ったとの逸話があるけど、まさに進次郎氏こそ、彼らにとって未来の総理に相応しい人材なんだろうね。

文字通りに進次郎氏の想像以上の無能さが早速浮き彫りになってきたけど、この先のマスコミによる進次郎氏の扱い方や、大手マスコミが出す安倍政権の支持率の行方について、注意深く見ていくとしよう。

Pocket

 

 関連記事