■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【すごい】ネトフリ版「新聞記者」が海外でも話題沸騰に!国内の視聴ランクで1位を獲得の他、台湾や香港でもトップ10にランクイン!英国ガーディアンも高評価!

【すごい】ネトフリ版「新聞記者」が海外でも話題沸騰に!国内の視聴ランクで1位を獲得の他、台湾や香港でもトップ10にランクイン!英国ガーディアンも高評価!
Pocket

どんなにゅーす?

・森友事件など安倍政権の腐敗をダイレクトに描いた、Netflix版「新聞記者」が、国内だけでなく海外でも大きな話題になっている。

・日本国内で視聴された「今日の総合TOP10」において1月17日まで1位にランクインしていたほか、台湾や香港でもトップ10にランクイン。英国ガーディアンも「日本が国民の無関心によって不正の沼にはまろうとしつつある国だと示している」と評価しており、国内外でキャストやスタッフを賛辞する声が相次いでいる。

Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

~省略~

「新聞記者」は2020年の第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した同名映画のドラマ版。映画と同じく藤井道人監督がメガホンを取った。米倉涼子が主人公の東都新聞社会部記者を演じるほか、綾野剛や横浜流星ら豪華キャストも目白押し。13日の配信開始から早くも、日本国内で視聴された「今日の総合TOP10」において、17日まで堂々1位を獲得する人気ぶりだ。

■台湾、香港でもランクイン

海外でも上位に食い込み、香港と台湾の「今日の~」で9位にランクイン(17日時点)。英紙ガーディアンはレビューに星5つ中3つを付け、〈日本が国民の無関心によって不正の沼にはまろうとしつつある国だと示している〉と評価した。ちなみに、アマゾンの子会社が運営するレビューサイト「IMDb」では10ポイント中7.1ポイント。昨年、世界で大ヒットを飛ばした韓国発の「イカゲーム」が8ポイントだから、滑り出しは順調のようだ。

肝心のストーリーは、森友事件をモデルにした国有地払い下げと財務官僚による公文書改ざん事件が中心。各話のエンドクレジットに〈実在のものを描写するものではありません〉と断りがあるが、安倍夫妻が引き金の“悪事”は、ドラマとして残り続けるのだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.1.18.】

安倍政権の腐敗を克明に描き切ったネトフリ版「新聞記者」が、海外でも話題沸騰に!安倍一派の「恐ろしい実態」がワールドワイドに!

出典:Netflix

ネトフリ版「新聞記者」が、国内のみならず海外でも話題沸騰になっているみたいです。
アマゾンの子会社が運営するレビューサイト「IMDb」では、あの「イカゲーム」に迫るくらいに高く評価しているみたいですし、これはもしや世界的な大ヒット作になるかもしれません。

まさに、日本国民として誇るべき大傑作が生まれたように感じるし、映画版に続いてメガホンを握った藤井道人監督も、映画版で(様々な”裏事情”により)描くことが出来なかったシーンをこの作品で存分に描き切った感じがするね。

●過去参考記事:
【注目】望月衣塑子記者の映画「新聞記者」が公開!安倍政権の腐敗や闇を生々しく描写!松坂桃李さんが内調のエリート官僚を熱演!

【犯人は?】映画「新聞記者」の公式HPを「何者か」が攻撃!DDoS攻撃か?相次ぐサーバーダウンでアクセスしづらい状況に!

それにしても、山手線の車内の液晶画面広告にこの作品が大々的に登場しているのは驚きましたし、米国資本のNetflixでこの作品が発表できたということは、安倍元総理はやはり米国のジャパンハンドラーからすでに見切りを付けられているということでしょうか。

少なくとも、安倍夫妻はこの作品が世界で話題沸騰になっていることに対し、相当はらわたが煮えくり返っているだろうし、(広告代理店が自由に宣伝出来ていることをみても)国内外において安倍氏の影響力が大きく低下していることは間違いないだろう。
みたところ、岸田総理も表面的には安倍氏に付き従っているようにみせつつ、その裏では「安倍潰し」を淡々と進めているように見えるし、この勢いで、この作品をどんどん世界に広めていくことで、安倍政権で行なわれた数々の違法行為を忘却しないようにしながら、これからも数々の売国・壊国行為を徹底的に追及していく必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事