【犯人は?】映画「新聞記者」の公式HPを「何者か」が攻撃!DDoS攻撃か?相次ぐサーバーダウンでアクセスしづらい状況に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月2日、6月28日に公開された、東京新聞・望月衣塑子氏の著書を原案にした映画「新聞記者」の公式HPが、DDoS攻撃と思われる攻撃によってサーバーダウンが相次ぎ、アクセスしづらい状況になっていることが分かった。

・同映画は、安倍官邸から様々な脅しや圧力を受けて続けている望月記者の実体験を元に、安倍政権の深刻な腐敗や数々の事件をモチーフにしている描写が盛り込まれており、今回の攻撃について、政府関係の工作機関の犯行を疑う声が上がっている。

公式HPサーバーダウンに関してのお知らせ

本作の公式ホームページが定期的にアクセスしづらい状況になっており、訪問してくださいましたお客様には多大なご迷惑をおかけしております。
現在、特定のIPアドレスから、システムを使用した集中的なアクセスを受けていることから、サーバーが一時的にダウンしてしまうなど不安定な状況になっております。

データサイズを軽くするなど対応を試みておりますが、スムーズにアクセスできない状況が続く可能性がありますので、外部サーバーにあります劇場リストへのリンクを下記に掲載させていただきます。https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=shimbunkishaa

引き続き、映画「新聞記者」をよろしくお願いいたします。

【shimbunkisha.tumblr.com 2019.7.2.】

安倍政権の多くの闇を描いた映画「新聞記者」の公式サイトが、「何者か」からの攻撃でサーバーダウン!

出典:Twitter(@ISOKO_MOCHIZUKI)

話題沸騰中の東京新聞・望月記者の著書を原案にした映画「新聞記者」だけど、公式サイトが「何者か」からDDoS攻撃と思しき攻撃を受けていて、アクセスしづらい状況になっていることが分かったわ。

この前の記事では、「よくこの映画が公開まで漕ぎ着けることが出来たものだ」なんて述べたところだけど、やはりタダでは済まなかったか。
ネット上では、映画でも細かく描かれている安倍官邸の内調(内閣情報調査室)による仕業を疑う声が噴出しているけど、確かに、内調と繋がった政府筋の工作組織による仕業かもしれないし、サイバー関係に精通した、安倍一派やネオコンの思想などに共鳴している人間による犯行の可能性もあるかもしれない。

どちらにしても、法で認められたまっとうな表現活動・商業活動に対する卑劣かつ重大な妨害行為であり、今後も継続して続くようであれば、制作会社や配給会社は被害を届け出るのがいいんじゃないかな。

こうやって、安倍政権の腐敗を訴えている人たちを脅しているつもりかもしれないけど、こんなことをやればやるほど、ますます映画で描かれている内容について、説得力が増すことになるし、この状況を知ったネットユーザーの間では、「絶対に観に行く」との声がどんどん上がってきている状況だわ。

米国の筆頭的な傀儡国家であり、グローバリストによる圧倒的な支配を受けている日本においては、みんなが思っている以上に、日常的に様々な地下工作や諜報行為が行なわれているし、ボクたち自身も、もっと日頃から、自らのプライバシーや身の安全を守るための対策を行なうのがいいのではと思うよ。

ネットの情報によると、映画そのものもかなり好評みたいだし、ボクもどうにか時間を作って観に行こうかと思うよ。

Pocket