【暴挙】”参院6増”改正案が可決・成立!自民・船田元議員は棄権するも小泉進次郎議員は賛成票!→野党からブーイングが発生!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月18日、安倍政権が推し進める参議院の議席を6増やす公選法改正案が、野党の猛反対の中、可決成立した。

安倍政権にとって圧倒的に有利な内容の法案に対し、マスコミや国民からも多くの批判や怒りの声が殺到。西日本豪雨の被害の全容も明らかになっていない状況の中で、かつてなかったほどの拙速な国会運営によって選挙制度が大きく変えられることとなった。

“参院6増”成立 カジノ法案の行方は?

国会では参議院の定数を6増やす改正公職選挙法が18日の衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。

これで来年の参議院選挙以降議員の数が6人増えることになる。改正公職選挙法は一票の格差を是正し、議員定数を6増やすほか比例名簿上位に特定枠を設け、「合区」により候補者を擁立できなくなった県から優先的に当選させることができるようにするもの。

ただ、定数を増やすことには与党内にも異論があり、自民党の船田議員は採決を棄権した。また、野党も厳しく批判している。

国民民主党・玉木共同代表「豪雨災害で本当に苦しんでいる方がいる中で、自民党の自民党による自民党のための6増法案など許されるわけがありません」

【日テレNEWS24 2018.7.18.】

賛成票の小泉進次郎氏に野党ブーイング 参院6増案

国会改革に向けた議論を、超党派の会議などを通じて主導している自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長の対応が注目されたが、進次郎氏は賛成票を投じた。その際、立憲民主党など野党席から、「え~」などとブーイングが起きた。

進次郎氏は本会議後の取材に、「今回は私だけでなく、党内の多くの議員がいろんな思いを持っている。特に衆議院は」「議院内閣制の中、党の決定と個人の思い。そういう中の葛藤は常にある」と、葛藤があったことを認めた。その上で、「自民党議員の1人として、党の決定に従って賛成票を投じたが、あらためて国会改革をやらないといけないという決意を新たにする意味での賛成票だった」と、説明した。

野党のブーイングについては「光栄ですね。いろんな議員が賛成票を投じた中、私だけにブーイングというのは、名誉なブーイングだと思います」と話した。

進次郎氏は、同法案が自民党内で了承された今年6月の会議で、「森友、加計問題で結論が出せていない中、こういうこと(議席増)にはすぐ結論を出す。国民にどう映るか心配だ」などと、異論を述べていた。

【日刊スポーツ 2018.7.18.】

安倍政権がまたも日本の歴史に残る国家犯罪級の暴挙!造反したのは船田氏のみ、進次郎氏は見事にペテンを露呈!

安倍政権が、またしても日本の歴史に残るメチャクチャな国会運営によって、自民党にとって圧倒的に有利な参院6増法案を強行成立させました。
今回ばかりは自民党内からも批判が出たものの、実際に造反したのは船田元議員のみで、この法案に批判的なコメントを出していた小泉進次郎議員は結局賛成票を投じました。

船田氏一人が造反したところで、はっきり言ってなんの効果も意味も無いし、やっぱり進次郎氏は、それっぽいことを言いながら結局は安倍政権を支援する”ペテングローバリスト”だったね。

安倍政権がとどまるところを知らずに国民の声を無視しながら、国家のシステムや国会を破壊する、いわゆる「国家破壊活動」を続けているけど、これはいってみれば「グローバリズムの暴走」であり、「国家主義の暴走」ではないことをしっかりと認識する必要がある

安倍政権がここまで圧倒的な権力を手にしてしまったのも、全ては、安保法やTPP、種子法廃止、そして水道民営化など、国境の無いグローバリスト(国際銀行家・軍産複合体)に、国民を財産をせっせと移転する政策ばかりを遂行してきたからに他ならない。
マスコミもここに来て、この法案について批判的に報じているものの、あまりにもこの法案とその問題点を国民に周知させるのが遅すぎるし、やっぱりボクには、中立な報道機関を装って(グローバリズムを推し進めるべく)安倍政権を間接的に支援しているようにしか見えないね。

相変わらず、ちまたでは「右翼左翼」などの間違ったレッテル貼りによって、事の本質をねじ曲げる洗脳が横行していますが、安倍政権がここまで狂気を帯びてきている”大元”を見失わないようにしながら、今後も再上級の警戒をもってこの国の政情を見ていく必要がありそうです。

マスメディアが出す政権支持率が大きくダウンすれば、少しは「安倍暴走」に歯止めがかかるかとは思うんだけど…この後もカジノ法案の強行採決も待っている以上、今後も予断を許さない状況が続きそうだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket