「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさん(53)が乳がんで死去…ネットでも驚きとショックの声!2年前にはまる子のお姉ちゃん役・水谷優子さん(享年51)も乳がんで亡くなる

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月15日、「ちびまる子ちゃん」などの作品で知られる、漫画家のさくらももこさんが乳がんのために亡くなった。所属していたさくらプロダクションが27日発表した。享年53歳

・ネット上では突然の訃報に驚きやショックの声が相次いでおり、また、2016年5月に同じく乳がんでこの世を去った、まる子のお姉ちゃん役の声優・水谷優子さん(享年51)や、作品にゆかりのあった西城秀樹さんの死(18年5月に逝去・享年63)についても再度注目が集まっている。

さくらももこさん、乳がんで死去 「ちびまる子ちゃん」

「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが15日、乳がんで死去した。53歳だった。本名は非公表。通夜・告別式は近親者で行った。所属するさくらプロダクションが27日発表した。

静岡県清水市(現静岡市)出身。1984年にデビューした。自身の子ども時代の思い出を投影した、小学3年生のまる子の日常を描くエッセー風漫画「ちびまる子ちゃん」を、雑誌「りぼん」(集英社)に86年から連載。講談社漫画賞(少女部門)を受賞した。

90年にはフジテレビ系でアニメ化されて社会現象に。自らが作詞して、B.B.クィーンズが歌ったテーマ曲「おどるポンポコリン」も同年、130万枚を超える大ヒットとなった。番組は現在も放送中で、国民的なアニメになっている。

代表作はほかに「コジコジ」など。ユーモラスな語り口でエッセイストとしても活躍し、91年から刊行した「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」は3年連続で100万部を超えるヒットとなった。

~省略~

【朝日新聞 2018.8.27.】

さくらももこさんの早すぎる訃報に各界から悼む声。同じく、早くしてこの世を去った水谷優子さんや西城秀樹さんを思い起こす人も

出典:chinadaily.com

私もビックリしてしまったのですけど…漫画家のさくらももこさんが、乳がんのために53歳で亡くなったとのニュースが入ってきましたですぅ…!
そういえば、「ちびまる子ちゃん」にゆかりある歌手の西城秀樹さんや、まるちゃんのお姉ちゃん役の声優さん・水谷優子さんも若くして亡くなられましたし、ネット上ではショックと驚きの声が相次いでいますですぅ…。

西城秀樹さんは享年63歳だし、水谷優子さんは51歳で亡くなった上に、さくらももこさんと同じく乳がんでこの世を去っており、いずれもあまりにも早すぎる死だといわざるを得ないね…。

さくらももこさんの作品は、表向きには、年代を問わずに肩の力を抜いて楽しめるようなライトで親しみやすいコメディ漫画の要素を持っているけど、その中には、時に深い社会的なメッセージが込められていることもあり、これが、子どものみならず、多くの大人のファンが存在していた所以だったんじゃないかな。

1986年の連載開始以降、現在まで描き続けられていた「ちびまる子ちゃん」は絶筆となってしまった上に、まだまだ多くの個性的な名作を生み出して欲しかったところだったけど…才能のあるクリエイターがまた一人いなくなってしまって、とても寂しい思いだね。

一般のファンの皆さんからも多くのメッセージが寄せられている上に、漫画家さんやイラストレーターさん、有名芸能人の方からもお悔やみの声が続々届いているみたいですねぇ。
私も、さくらさんのご冥福を心よりお祈りしますですぅ。

Pocket

 

おススメ記事&広告