【謎】情報検索企業ロンウイットが「”安久”に対応する新サービス」を発表!ネット上が騒然に!→その後に記事削除し謝罪!「事前に新元号が知らされていた事実はございません」

Pocket

どんなにゅーす?

・新元号発表を目前に控えた中、情報検索企業の「ロンウイット」が、「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリース」とのタイトルのプレスリリースを発表。ネット上が騒然となる事態になっている。

・ロンウイットによるプレスリリースには、「『天皇の退位等に関する皇室典範特例法』により、和暦の元号は2019年5月1日に『平成』から新元号『安久』に変わります。 」と書かれており、ネット上では「やはり安久だったのか」「情報流出か?」と騒然となり、同企業のサイトにアクセスが集中。

・その後、ロンウイットは問題の記事を削除。その上で「社内で仮置きで『安久』としてパッチ作成と動作確認テストを行い、リリース発表記事にもそのままの新元号を掲載し、公開してしまいました」と釈明。「事前に新元号が当社に知らされていたという事実はございません」と説明している。

新元号がハッキリ書かれた文書が流出? 発表した情報検索専門企業が謝罪文を掲載

情報検索専門企業の株式会社ロンウイットが発表した、とあるプレスリリースがネット上で話題になっている。

そのプレスリリースは「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリース」と題されたもので、顧客に対し、新元号に対応する検索エンジンのパッチを提供することを知らせるもの。しかし、タイトルに新元号が「安久」であることがはっきりと記されている上、本文でも「『天皇の退位等に関する皇室典範特例法』により、和暦の元号は2019年5月1日に『平成』から新元号『安久』に変わります」と述べられていた。

これについてネットからは、「思いっきり漏洩してるじゃん」「やらかしちゃったじゃん」「情報を扱う企業がこれやらかしちゃったってところが妙に信憑性ある…」といった声が殺到。28日夜は、サイトにアクセスできない状態になってしまった。

~省略~

その後、株式会社ロンウイットのサイトは復旧し、「当社 Web サイトで公開した新元号に関する検索エンジンのパッチリリース発表の記事について」という文書を新たに発表。その中で、リリース記事が一時的に公開されてしまったとして、「事前に新元号が当社に知らされていたという事実はございません」と漏洩を否定。「社内で仮置きで『安久』としてパッチ作成と動作確認テストを行い、リリース発表記事にもそのままの新元号を掲載し、公開してしまいました」といい、「大変軽率な行いであったと、深く反省をしております。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

しかし、新元号は漏洩した場合、差し替えることが政府から発表され、また、人名にも用いられることから、「安久」が新元号になるという可能性はほぼなくなった。果たしてどんな新元号になるのだろうか――。

【@niftyニュース(リアルライブ) 2019.3.29.】

情報検索企業が、新元号発表前に「”安久”に対応した新サービス」を発表するハプニング!「情報流出か?」「単なるミスでは」など、様々な推測が飛び交う!

出典:megalodon.jp(魚拓)

情報検索サービスを行なっている企業「ロンウイット」さんが、新元号発表前に「”安久”に対応した新サービス」を発表してしまうハプニングが発生したわ。
ネット上で大騒ぎになって、たちまちアクセス不能になってしまった上に、企業側は記事を削除して謝罪コメントを発表したみたいだけど…これはまた、何とも”意味深”な騒動が発生したものね。

企業側は、「(予想のトップを走っている)”安久”を仮置きしてシステムを開発し、新元号発表と同時に新しいものに差し替えるつもりだった」として、「新元号の情報を入手していたわけではない」と説明しているみたいだけど、果たして真相はいかに?という感じだ。

そもそも、どうして、こんなにちまたで「安久」がしきりに取り沙汰されているのかも謎だし、こうした情報について”政府関係筋”が(マスコミを通じて)国民に向けて流している疑いを持ちたくなってくる。

どちらにしても、新元号を”ネタ”にして、安倍官邸が自らの権力をより強めようとしている意図が見え隠れしているし、安易にこうした実態のはっきりしない”キャンペーン”に乗せられてしまわないように、気をつけた方がいいかもしれないね。

確かにそうね。
安倍総理本人が、新元号に込めた思いを直接国民に向けて発表するなんていう、とってもおかしなイベントも用意してしまっているみたいだし、果たしてちまたの予想通りに「安」の文字が入ってしまうのかどうか、「その時」を待ちたいと思うわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事