立憲民主から立候補予定の飯田強氏に「ヘイトツイート」発覚!公認取り消しに!「面白おかしく、本心と違うことも投稿してしまった。申し訳ない」(神奈川県議選)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月7日投開票の神奈川県議選において、立憲民主党から立候補予定だった飯田強氏に、過去に投稿された「嫌韓ヘイトツイート」が発覚。多くの苦情が寄せられたことで公認を取り消される事態が発生した。

・本人も事実関係を認め、「面白おかしく投稿すると反応もあって楽しく、本心と違うことも投稿してしまった。党に迷惑をかけ、申し訳ない」とコメント。官庁職員年金事務所長によるヘイトスピーチ騒動も続いている中、改めて日本人全体の良識やモラルを問う事態になっている。

立憲新顔の立候補予定者がヘイト投稿 神奈川県議選

立憲民主党は、神奈川県議選(29日告示、4月7日投開票)に横浜市戸塚区選挙区(定数3)から党公認で立候補する予定だった新顔の飯田強(つよし)氏(43)の公認を取り消した。福山哲郎幹事長が26日、発表した。同党県連は「SNS上で過去にヘイトスピーチを繰り広げていたため」としている。

飯田氏は、過去に繰り返しツイッター上に投稿されていた韓国人などに対する差別的な書き込みについて、朝日新聞の取材に、自身の投稿だと認めた。「面白おかしく投稿すると反応もあって楽しく、本心と違うことも投稿してしまった。党に迷惑をかけ、申し訳ない」と話した。

飯田氏が県議選立候補に向けて報道各社に提供した経歴によると、会社員などを経て今年2月から立憲民主党衆院議員の事務所で秘書をしていた。

福山氏は記者会見で「2012年前後に、ツイッターでヘイト的な発言をしていたので、公認候補としては不適切として公認を取り消した。我々も反省したい」と述べた。党県連幹事長の青柳陽一郎衆院議員は立候補予定者の調査について、取材に「マンパワーもお金もそうないので、プロのようなきちんとしたものにはならない。足りない部分があったことは認めざるを得ない」と述べた。(鈴木孝英)

【朝日新聞 2019.3.26.】

ヘイトツイートにより立憲民主からの公認取り消しになった飯田強氏、事実関係を認めて謝罪

出典:レイシズム監視情報保管庫

↓飯田氏による過去のヘイトツイート。

出典:Twitter(@W7wBC8)

神奈川県議選において立憲民主から立候補予定だった飯田強氏に、2012年9月頃に投稿された「嫌韓ヘイトツイート」が発覚し、党から公認を取り消される事態が発生しました。
上のツイートを見る限り、過去の行ないに対して真摯に反省しているように見えますが、なんとも残念な事態になってしまいました。

日本のネット上にここまでヘイトが蔓延(いわゆる”ネトウヨ”が増殖)するようになってしまったのは、日本国民に「他国が攻め込んでくる」などの”仮想敵国思想”を刷り込みつつ、”憲法改悪”の先にあるアジアの軍事緊張や戦争を引き起こすことを画策している、グローバル戦争ビジネス勢力(ネオコン戦争屋)と、その”下部組織”にあたる長州礼賛カルト宗教団体、そして、彼らからの強力な支援によって誕生した第二次安倍政権が主導してきたことなのは間違いないことだけど、こうした事例を見ても、実際に、これらの「1%による国民洗脳」が着実に一般国民に浸透してきてしまっている…ということがいえそうだ。

ネット上にはびこっているヘイトコメントの中には、「仕事」として書き込んでいる連中(プロのネット工作員)も一定程度いるかと思うけど、彼の場合はそうではないだろうし、やっぱり、日本国民は、(巷で言われているとおり)同調圧力や上からの世論誘導に引っかかりやすいってことなのかな。

当サイトでも、一貫して警鐘を鳴らしてきましたが、グローバル資本勢力による様々な洗脳によって、日本国民の幼稚化や反知性化も大きく加速しており、最低限の物事の分別ができない大人も大きく増えてきているようにも見えますね。

まあ、本人も見たところ素直に反省しているようにみえるし、党側も素早く「公認取り消し」の対応を取った分、おおっぴらにヘイトを推奨しているようにしか見えない維新や、まるで対処する気のない自民党よりはマシな対応を行なったといえるだろう。

想像以上に、日本社会の反知性化や幼稚化は深刻な状況だし、国民一人一人が最低限のルールや良識を持てない以上、「何でもかんでも規制・禁止」といった、庶民にとってはますます息苦しい社会になっていってしまいそうだ。

Pocket

 

おススメ記事&広告