「悪質ヘイトアカウント」の主、日本年金機構・葛西幸久世田谷事務所長だった!→機構が葛西氏を更迭!日本社会における「反知性化」が止まらず!

Pocket

どんなにゅーす?

・これまでもネットで強く問題視されていた、韓国人などに対する強烈なヘイトスピーチを繰り返していた匿名Twitterアカウントの主が、日本年金機構世田谷事務所長の葛西幸久氏だったことが判明。ネット上が騒然としている。

・個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿したことがきっかけで実態が判明。批判が殺到したことで、日本年金機構は葛西所長を更迭し、本部人事部付に異動させたとのこと。

厚労省課長による韓国でのヘイト暴行事件が発生したばかりの中、公的立場にある人間による反社会的なヘイト騒動が相次いでいる現状に、国民から怒りの声が噴出している。

差別発言繰り返していた有名“ネトウヨ”アカウント、世田谷年金事務所の所長と判明 日本年金機構は男性を更迭
個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿してしまったことが特定の原因とみられています。

以前からTwitterでヘイト書き込みを繰り返していた、有名“ネトウヨ”アカウントが、世田谷年金事務所の男性所長のものであったことが分かり、波紋を呼んでいます。日本年金機構に取材したところ、3月25日付で男性を所長から本部人事部付へと更迭したとのことでした。

男性は以前から「youbo(@kasaikun)」という名前でTwitterを利用しており、特定の国や国会議員を指して「断交、無視が一番」「非日本人」など過激なヘイト発言を繰り返していました(これよりももっと悪質な書き込みもありましたが具体的な言及は控えます)。アカウントは匿名で、これまでは誰が投稿しているのか不明でしたが、個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿したことがきっかけで、そこから“中の人”が特定される流れになっていました。

日本年金機構によると、24日に本人から「不適切な投稿を行った」という報告があり、現在詳細について本人から聴取を行っている段階とのこと。今後は把握した事実関係に基づき、さらなる対処を検討しているといいます。また男性はTwitterでも24日、「私の個人的な発言により、傷ついた皆様に深くお詫びいたします」との謝罪ツイートを投稿しています。

~省略~

【ねとらぼ 2019.3.25.】

「ヘイトスピーチ」で更迭 年金機構・世田谷事務所長

日本年金機構は3月25日、Twitter上で匿名のアカウントで差別的な書き込みをしていた世田谷事務所長の葛西幸久氏を更迭した。葛西氏は人事部付に異動となり、今後も機構が詳しい経緯を調べるという。

機構によると24日に葛西氏から「自分の匿名のTwitterアカウントで差別的な書き込み、不適切な書き込みをして炎上している」などと事実関係についての報告があった。機構は事案を把握し、更迭に踏み切った。

「ツイッター上でヘイト発言をしたことは報告を受けて、確認している。事案を重くみて更迭した」(同機構)

今後も個別具体的な書き込みについて調査を続けるという。

葛西氏のものとされるアカウントでは、過去に特定の国会議員や著名人の名前をあげて「売国奴」「反日」、さらに特定の国籍を中傷する書き込みが繰り返されていた。

~省略~

【ハフポスト 2019.3.25.】

出典:日本年金機構

有名ヘイトアカウントのyoubo、日本年金機構・葛西幸久世田谷事務所長だったことが判明!日本の公的立場にある人間たちの「反知性化(カルト化)」が急速進行中!

↓年金機構・葛西氏による常軌を逸したヘイトツイートの一部より。野党議員や朝日新聞記者を中傷するツイートも。

出典:togetter

つい先日に、厚労省課長による信じがたい韓国でのヘイト暴行事件が起こったばかりですが、今度は、年金機構の世田谷事務所長の葛西幸久氏による常軌を逸したヘイト行為が発覚し、所長を更迭されたとのことです。
当サイトでも、日本社会の中で進行しつつある「反知性の蔓延」に警鐘を鳴らし続けてきましたが、またも、「これ」を強く印象づける事件が起こってしまいました。

まったく、日本社会の中で、公的な立場にある人間の「おバカ化」がますます止まらない事態になっているね。
葛西氏による上のツイートの一部を見ても、一般常識を大きく逸脱した、「脳に深刻な異常」が発生していることを強くうかがわせる文言が並んでいるし、デマや思い込み、妄想も多分に含まれた、重度の「カルト思考」に支配されているとしか言いようがない。

しかも、こうした手合いの人々に共通している特徴が、「朝鮮を激しく憎む思想を展開」しているにもかかわらず、「最も朝鮮勢力と深い関係を持っている安倍一派を崇拝」しているという、”壮大な矛盾”を抱えていることだ。
安倍政権といえば、なんと言っても、かつての江戸幕府による「鎖国政策」を強制的に終了させては、欧米の文化や宗教・資本を大量に招き入れた「長州テロリスト勢力の末裔」とその支援者で結成されている政権だし、こうした背景を完全に無視した上で、安倍政権と対立している政治勢力を「親韓」「反日」「左翼」などとレッテル貼りして、激しく憎み・攻撃するという、非常に不可解で矛盾した行動をとり続けているんだよね。

こうした彼らによる欺瞞的な思想や行動をみても、日本国内に跋扈している「自称愛国・保守」勢力が、欧米のグローバル資本に利益誘導するために(グローバリストによって)作られた「詐欺勢力」であることを物語っていますね。
そして、こうした「詐欺運動」を牽引しているのが、安倍総理の祖父の岸信介らがCIAに協力する形で作られた、朝鮮カルト組織・統一教会などにルーツを持つ勢力であることは、当サイトでも何度も紹介してきたとおりです。

とにかく、こうした「嫌韓カルト思想」がここまで日本社会の至る所に蔓延している実情を見ても、それだけ、統一教会などのグローバル系カルトの勢力が近年大きく増大していては、これら勢力による洗脳工作がかなり大きな広がりを見せていることがよく分かる。

これらのカルト思想が日本を完全に包み込んでしまった時こそ、日本が「完全に終了」する時だし、すでに、政治家や官僚、公務員や大企業の関係者など、公的な立場にある人間が「究極の反知性」ともいえる「ヘイトカルト思考」に嵌まる事例が後を絶たない状況だ。
こうした「かつてなかったような事態」に、ボクたちはもっと危機感を持つ必要があるし、これら「ヘイトカルト思考」が日本社会に蔓延している背景や裏側についても、もっと目を注ぎ、深く考えていく必要があるんじゃないかな?

Pocket

 

おススメ記事&広告