厚労省・武田康祐賃金課長が韓国・金浦空港で暴れて逮捕!空港職員を殴り「韓国人は嫌いだ」との発言も!→同省が武田氏を更迭へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月20日、厚労省の武田康祐賃金課長が、プライベートで訪れていた韓国・金浦空港で職員に暴行するトラブルを引き起こし、現地警察に逮捕されていたことが発覚。ネット上で批判が殺到している。

・武田課長は事件発生時、空港職員を殴った上に、「韓国人は嫌いだ」などと発言したと伝えられており、同省は武田氏を事実上の更迭に。日本の官僚による知性やモラルの低下が叫ばれる中、これをより強く印象づける事件が発生した。

「韓国人は嫌いだ」酒に酔い空港職員暴行か 厚労省課長が韓国で逮捕され更迭に

厚生労働省は20日、同省の武田康祐賃金課長(47)が韓国・金浦空港で職員とトラブルを起こして警察に逮捕され、取り調べを受けたと明らかにした。同省は武田課長を大臣官房付とする事実上の更迭人事を発令した。今後処分を検討する。

同省によると、武田課長は16日から私用のため1人で韓国を訪れ、19日に帰国便に搭乗しようとした際にトラブルを起こした。釈放され、同日中に帰国した。酒に酔って空港職員を暴行したうえ「韓国人は嫌いだ」と発言したとの情報があり、確認を急いでいる。人事課は「幹部職員が海外でトラブルを起こしたことは誠に遺憾で、おわびする」とのコメントを出した。

~省略~

【毎日新聞 2019.3.20.】

↓韓国メディアでもこの事件が詳しく報じられる。

現役の厚労省職員が韓国の空港で暴れて逮捕される!なぜかプライベートで韓国に訪れながら「韓国人が嫌いだ」と発言!

出典:YouTube

現役の厚労省の職員が、韓国の空港で暴れて逮捕って、一体何をやってるのよぉ~!!
しかも、(本人は暴行していないって否定しているものの)映像を観ると思いっきり相手を蹴ったり殴ったりしている上に、「韓国人は嫌いだ」なんて口走っていたとの情報も出てきているし…国の行政を預かっている自覚が根本から欠けているとしか思えないわっ!

まったく、ここ最近、日本のイメージが世界的にどんどん転落していくことに繋がるようなニュースばかりだね。

よくネット上では、こうした事態について「差別・ヘイトの蔓延」なんて言われることが多いけど、これはもっと簡単に言えば、「日本全体のおバカ化」だ。
そもそも、多くの人々の間に高い知性や教養、モラルがあれば、このような(公職者による)信じがたい暴行騒ぎもそうそう起こらない上に、人を傷つけたり不愉快にするヘイトスピーチも蔓延しないし、こうした一般的な「知性やモラル」は、学歴や血筋などとはあまり関係なく、社会全体の風潮や空気から形成されていくものだ。

今の日本社会は、勉強そのものが出来る人は多くいるけど、それよりももっと以前の、根本的なモラルや教養が以前と比べて圧倒的に低下してきているように見えるし、日本社会の間で、思いやりの無さや自己中心主義、思考回路の単純(極論)化、礼儀や礼節が著しく欠如しているようなケースが多く見られるようになっては、感情のコントロールが出来ない人間や、恥も外聞もなく他者を差別したり中傷する人間が大幅に増えたように感じる。
これらを一言で言うと、まさしく「反知性」の蔓延であり、「考えること」や「思いやりや和を重視する」ことを放棄してしまう人間が増えたからこそ、ヘイトや差別も今まで以上に蔓延するようになってしまったのではないかな。

管理人さんからは、これまでも「1%と99%」が強力に分断されていく「グローバリズム」こそ、人間の知性を極限まで奪う「人間らしい社会の終焉」であると教わってきたけど、まさしく、「差別やヘイトの蔓延」も緊密に、これらのグローバリズムと繋がっているってことなのね…。

日本全体が、本来持っているはずの「知性・知力・理性」を全て失ってしまったその時こそ、ボクたち99%の民衆が「真性奴隷」「ロボット人間」と化しては、日本に本格的な破滅や戦火が襲ってくる時だし、今のこの国は着実にその「ディストピア」に向かっているように見える。
こうした「日本全体のおバカ化」を安倍政権が強力に推し進めていることは今更言うまでもないけど、いよいよ本格的に政治家や官僚の間においても深刻な「おバカ化」現象が目立つようになってきた中、ボクたち日本国民は今まで以上に、現状の日本社会の「行く末」について、より強い危機感を持った方がいいんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告