【アカン】日露首脳会談、またもプーチン大統領が大遅刻!共同会見の質疑もロシアの意向で取り止め!北方領土交渉もなんら進まず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月26日、ロシアのモスクワで日露首脳会談が開催されたものの、山口での首脳会談に続きプーチン大統領が大遅刻。プーチン氏は会談開始時刻に突然に自国の閣僚との会合を開いたことで、安倍総理は50分近くホテルの部屋で待たされる事態に。

・また、会談後の共同記者会見もロシア側による「時間がなくなった」との意向で質疑は取り止めに。安倍総理はプーチン大統領に足元を見られる対応をされた上に、北方領土返還交渉はほとんど行なわれなかった模様。

北朝鮮非核化、米朝会談「後押し」連携へ 日ロ首脳会談

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は26日夜(日本時間27日未明)、モスクワのクレムリンで約2時間半会談した。北方四島での共同経済活動の具体化に向け、7月か8月に事業者による現地視察を行うことや、元島民による空路墓参の7月実施を確認。北朝鮮の非核化に向けた緊密な連携のほか、米朝首脳会談の成功に向けて「後押し」することでも一致した。

会談終了後の共同記者発表で、安倍首相は北方領土交渉や平和条約締結の契機と位置づける共同経済活動について、「日ロが協力すれば、お互いの利益となる大きな仕事が実現できる。その中でこそ双方が受け入れ可能な解決策を見いだすことができる」と述べた。

共同経済活動の前提となる「特別な制度」の策定は滞っているが、「難しい問題であっても、できることから取り組み、双方の法的立場を害さずに実現する」と決意を語った。

ただ、領土問題の解決に向けた具体的な道筋には触れず、「新しいアプローチのもとで、平和条約に向け、着実に前進していく決意を2人で新たにした」と述べるにとどめた。

【朝日新聞 2018.5.27.】

プーチン氏、安倍首相との会談に遅刻 会見の質問も取りやめなどトラブル続く

モスクワのクレムリン(ロシア大統領府)で26日に行われた安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の会談は、ロシア側の都合で48分間も遅れ、会談後の共同記者会見も質問ができなくなるなど、トラブルが続いた。

プーチン氏は日ロ首脳会談の開始予定時刻に突然、新たに任命された閣僚との会合を開いた。安倍氏はホテルの部屋で待機を迫られ、外務省などの日本側関係者は大慌てで情報収集に追われた。

会談後の記者会見も、日本とロシアの報道陣で各1問を出すことで事前調整していたが、時間がなくなったとするロシア側の強い意向を受け、質疑は取りやめとなった。(共同)

【サンスポ 2018.5.27.】

出典:日テレNEWS24

待機中→「シンゾー、まて!」、会談中→「シンゾー、お手!」

あーあ。予想していた通りだったけど、安倍総理は(山口での会談に続いて)今回もこれでもかというくらいにプーチンさんにバカにされきって赤っ恥を晒しまくったみたいね。
もっとも、本人はどれだけ侮辱されたのかもよくよく分かっていない可能性もあるけど。

会談の開始時刻に、わざわざ新しく任命した閣僚との会談を突如始めて、会談の開始を待つ安倍総理に対して「放置プレイ」とは…よほどプーチンは安倍総理のことを心の底から軽蔑しているんだろうね。

こうした対応が全てを物語っているけど、予想通りに北方領土返還交渉は全く議題に上らなかったっぽいし、表面的に進んでいるかのように見える日露共同経済活動も、今まで逐一紹介してきたように、プーチンは一方的に日本の企業を締め出しつつある状況で、今後もこの傾向が進んでいくことが予想されるね。

そもそも、日本のメディアも驚くくらいにこの会談を報じていないし、それくらいに見所も成果も全くなかった会談ということね。
北朝鮮問題についても、壊れたテープのように「最大限の圧力」ばかり繰り返す安倍総理に対してプーチンさんが苦言を呈していたし、唯一の見所がプーチンさんの大遅刻だった感じね。

まったく、一体何のために巨額の税金を費やして訪露したのかという感じだし、ザギトワ選手への秋田犬贈呈イベントにしゃしゃり出るために森友・加計・日報隠蔽の追及から逃亡するためにロシアに行ったようなもんだね。
全く情けない限りだし、ここまで日露会談がダメダメだった以上、この件も合わせて責任追及を行なう必要がありそうだ。

ほんとに、プーチンさんからすれば「なんでレームダックのシンゾーの相手をしなきゃならないんだ」ていう気分でしょうし、この会談の前に安倍総理をクビにするべきだったわね。

ここまで最低の対応をされちゃった以上、国民は本気で安倍総理の無能さに怒る必要があるし、この調子ではますます世界の笑いもの&鼻つまみ者にされてしまうそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事