ついに東京にオスプレイ!当初予定を1年半近く前倒しし、今夏に横田基地への配備を突如発表!基地周辺からは怒りの声!「日本政府からも明確な説明もない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月3日、在日米軍が当初の予定を1年半近く前倒しし、今年の夏頃に東京・横田基地にオスプレイ5機の配備を完了させることを発表。事前通告無しの突然の発表に、地元の住民からも不安と怒りの声が上がっている。

・防衛省や日本政府は、これを歓迎するコメントとともに、「安全面に最大限の考慮をするとともに、地元に与える影響を最小限にとどめるよう日米で協力していく」と強調。横浜港から陸揚げされた後、5日にも横田基地に運ばれる予定だという。

“オスプレイ”横浜で陸揚げ、横田基地配備へ

午前8時半ごろ、横浜市の米軍施設「横浜ノースドック」で、輸送船からオスプレイが陸揚げされました。この後エンジンテストを行い、5日にも横田基地に向かうものとみられます。
在日アメリカ軍は当初の予定を前倒しして、オスプレイ5機を今年夏ごろ、横田基地に配備すると3日に突然、発表。3日夕方、オスプレイを積んだ輸送船が横浜ノースドックに到着していました。

【TBS News 2018.4.4.】

オスプレイ
今夏横田配備 週内5機到着 沖縄以外で初

在日米軍は3日、空軍の輸送機CV22オスプレイ5機が今週後半に横田基地(東京都福生市など)に到着すると発表した。当面は訓練などを実施し、夏ごろに正式配備する。沖縄県以外へのオスプレイ配備は初。陸上自衛隊が導入する機体も千葉県の木更津駐屯地に暫定配備する方向で調整されており、首都圏での飛行が恒常化する可能性がある。

~省略~

防衛、外務両省は3日、「安全面に最大限の考慮をするとともに、地元に与える影響を最小限にとどめるよう日米で協力していく」とのコメントを発表。神奈川県や横浜市は国に対し、市街地上空の飛行をできるだけ避けることなどを米側に申し入れるよう要請した。陸自も離島防衛などでの活用を想定し、佐賀空港にオスプレイ17機を導入する計画だが、地元の同意取り付けは難航している。

米国防総省は17年3月、CV22の横田基地配備計画に関し、当初予定の17会計年度第4四半期(17年7~9月)より最長で3年遅れ、20会計年度(19年10月~20年9月)になると発表していた。

【毎日新聞 2018.4.4.】

オスプレイ配備を評価=菅官房長官

菅義偉官房長官は4日の記者会見で、米軍横田基地(東京都福生市など)に配備されるCV22オスプレイが今週到着することについて「日米同盟の抑止力、対処力を向上させ、日本の防衛およびアジア太平洋地域の安定に資する」と評価した。地元住民から不安も出ているが、菅氏は「安全面に最大限考慮すると同時に、地元に与える影響を最小限にとどめるよう日米で協力していきたい」と強調した。

【時事通信 2018.4.4.】

オスプレイ
横田配備へ 突然の前倒し「なぜ今」 住民、怒りと不安

在日米軍司令部がある横田基地は都心から西に約40キロに位置し、総面積は約7平方キロ。東京都福生市や立川市、昭島市など5市1町にまたがり、周辺には住宅が密集する。

「こんなに方針をころころ変えるなんて」。米軍機の飛行ルート直下の昭島市緑町に住む大野芳一さん(78)は驚きと憤りをあらわにした。「パイロットや整備士不足でいったん延期したのに、それが解決したとは思えない。なぜ今、配備するのか。日本政府からも明確な説明がない」

大野さんは基地周辺の約1000人が米軍機の夜間・早朝飛行の停止を国に求める訴訟の原告団長を務めており、改めて、オスプレイの配備中止を求める署名や街頭活動に取り組むという。

同じく飛行ルートにあたる東京都瑞穂町箱根ケ崎地区。畑仕事をしていた60代の男性は「沖縄で事故が起きているし、できれば来ない方がいい」と思いを打ち明けた。「『町が基地で補助金をもらっているのに配備に反対するなんて』と近所の人に思われたくない」。地元では声高に反対を言いづらいという。

福生市の加藤育男市長は「前倒しに大変、驚いている。地域住民の安全性への懸念は払拭(ふっしょく)されていない」とのコメントを出した。

【毎日新聞 2018.4.4.】

 

ついに、東京都内でオスプレイが日常的に飛び回る日が近づいてきました
予定よりも1年半近く早い突然の知らせに、地元の人々を中心に不安の声が広がっているようです。

ああ。これは、基地周辺だけでなく、関東地方とその周辺にまで日常的に頻繁にオスプレイが飛び回ることを意味するし、いよいよ沖縄だけでなく、本土の人々も人事ではなくなってきたというわけだ。

何度も言ってきたけど、オスプレイが一般市民の人家の上を日常的に飛び回っているのは世界ではほとんど日本だけであり、さらには安倍政権はそんなオスプレイを相場の2倍以上で購入しているなんていう情報もある。
ネット上では相変わらず、オスプレイ配備を声高に歓迎し、安全性を強調ながらこれを批判的に報じているマスコミを叩いている(一般人を装った)書き込みが大量に見られるけど、これこそ、日本という国が、世界でも他に例を見ないほどの「米軍産最大の奴隷国家」であることを、これでもかと証明しているね。

全く酷い事態ですが、思った以上に大手マスコミがこの状況を批判的に報じているのが、安倍政権の権力が国内外で弱まっていることを示しているかもしれません。

いよいよ、日本全国でオスプレイがあちこち飛び回る光景が現実のものとなる日が近づいてきましたが、今後の国民の声やメディアの報道に気をつけていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket