日本国内で「全体主義・嫌韓嫌中・安倍礼賛」を国民に刷り込むべく、大規模なボットやネット工作員が活動!独シェーファー博士が論文を発表!

Pocket

どんなにゅーす?

・ドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士が、2014年の日本の衆院選挙のネット上のツイートを分析した論文を発表。解析の結果、安倍政権が大きく勝利するべく、「全体主義・嫌韓嫌中・安倍礼賛」をテーマにした大規模なボットによる投稿や、コピーまがいのリツイートが大量に存在していたことが分かったという。

・日本のネット上では、これらの「軍国」「弱者排斥」思想などを多数派に見せかけるボットを伴った世論誘導が盛んに行なわれており、これらを主導しているのは、「素直に考えれば現政権ということになるが、それほど単純でもない」と締めくくっている。

日本で進むネット世論操作と右傾化

日本国内で世論操作のためのボットが大規模に活動している

先日公開されたドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士の論文『Japan’s 2014 General Election: Political Bots, Right-Wing Internet Activism, and Prime Minister Shinzo Abe’s Hidden Nationalist Agenda』において、2014年の衆議院選期間中におけるツイートの統計分析が行われ、衝撃的な結果が出た(注1)。

結論を言うと83.2%のツイートがコピー(そのままのコピーではない類似ツイート含む)であり、ボットを利用した拡散も確認された。シェーファー博士は、ツイートの内容を分析し、2014年の衆議院選の安倍政権には「ナショナリズム」という隠れたキーワードがあったと推測している。

2014年12月8日から30日の間のツイートの中から政治に関係あると考えられるキーワードを含むツイート54万2584件を抽出して析析したもので、45万1530件、83.2%が類似ツイートを含むコピーであるとしている。類似ツイートとは元のツイートとは若干表現を変えているもの(near-duplicates)である。この論文の特徴は言語解析を行い、完全一致ではなく類似のものも認識できるようにしている点だ。なお、単純な完全コピー(リツイートなど)は30万7670件56.7%だった。つまり単純なリツイートではなく、同じ内容だが表現に手を加えた類似ツイートは14万3860件存在したことになる。

この情報を統計解析し、5つのパターンを抽出した。そのうち3つのパターン(パターン1、2、5)は「安倍政権支持キャンペーン」のボット、残りの2つのうち一つが「反安倍政権」。最期のパターンは「ボットに似た人間」であろうとしている。Webで記事を読んでシェアボタンをクリックしたような場合、ツイート内容が似ているのでボットのように見えるが、実際には人間が操作している。

全体像を整理したチャートが図2(https://the01.jp/cms/wp-content/uploads/0006605-003.jpg)になる。

論文全体は日本の政治状況に踏み込んだものとなっており、日本でネット世論操作が行われ、選挙にその影響が出ている可能性を指摘。その裏には「ナショナリズム」があったと分析している。

~省略~

書き込み要員募集告知が増加

特定の政治団体に対しての誹謗中傷を書き込むライターを募集する告知や政権党の主張を指示する書き込みをするライターの募集などが堂々と行われている。募集はクラウドワークスやランサーズなどのサイトで行われていたが、クラウドワークスでは騒ぎになったため非掲載になっている。

これらの募集の多くは現政権支持、保守的傾向あるいは差別を助長するような内容に関するものである(SNSで発言する、ブログを書く、コメントを残すなど)。

人手で意図的にツイートを量産するアカウントは「トロール」と呼ばれている、ボットと並んでネット世論操作でよく利用される。これらの広告はトロール募集の告知にしか見えない。

~省略~

差別や誤った情報に対して日本の社会が、以前に比べて甘くなってきたとしか思えない。本来なら、誤報や差別に対する発言を訂正し止めるか、社会的地位や信用を失うことになる。しかし実際には同じ地位に留まり、困っている様子もない。

サイバー攻撃としての世論操作

以上のことを踏まえると、日本のネット世論は保守化、右傾化、全体主義化が進んでおり、維持し加速するためにボットやサクラの書き込み要員(トロール)が投入されている可能性が高い。そしてデジタルネイティブ世代の右傾化も進んでいる。

ネット世論操作を仕掛けている相手が誰なのかは、これまでの情報では不明としか言えない。素直に考えれば現政権あるいは政権与党ということになるが、それほど単純でもない。

~省略~

日本はネット世論操作についてはきわめて無防備であり専門家もいない。現在の戦争はいわゆる武力のみだけではなく、世論操作、経済、宗教、思想を含めたあらゆるものを武器化して戦う。

【Yahoo!ニュース(THE ZERO/ONE) 2018.4.2.】

小泉政権時代を”ルーツ”に、長年にわたって「嫌韓・嫌中」「弱者排斥」「愛国・軍国思想」をボットやトロール(ネット工作員)を通じて大規模洗脳工作を行なってきた実態を示す、貴重な論文記事

出典:Mary Ann Liebert

ドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士が発表した、2014年に行なわれた日本の衆院選挙のネット世論の分析を行なった論文を紹介した記事がとても興味深いわ。

なんと、選挙当時の安倍政権を賛辞したり、嫌韓嫌中思想などを刷り込むようなツイートを分析したところ、その多くがコピーまがいのツイートかボットによるものである可能性が高かったとのことで、私たちが以前から疑ってきたとおりの実態が詳しく書かれているわ。

ちなみに、(私たちも以前に詳しく紹介した)クラウドワークスやランサーズで「権力礼賛・差別助長」のネット工作員の募集をしていた実態も取り上げていて、いかに安倍礼賛のネット世論が人工的に作られているものなのかを分かりやすく伝えているわ。

全体的に(大手マスコミが報じられないような)とても意義深い記事で、特に重要と感じた一文について、赤字で引用させてもらった。

そしてボクも、安倍政権を賛辞したり、民族差別を助長したりするツイートの中に、ある程度のボットやAIによる機械的な投稿が含まれている疑いを持ってきたけど、やはりそうだったということだ
2014年の時点でこのような結果が出ているのであれば、2018年現在では、ますます高度化したボットやAIが、権力礼賛目的の世論工作に本格的に導入されている可能性は高く、例えば、あなたが安倍政権に怒るツイートをしたところ、これに誹謗中傷の書き込みが寄せられ、その悪辣な内容に思わずカッとなって反論した相手がなんと「機械だった」という状況も大いに有り得る…ということだね。

当サイトでも言ってきたように、無党派層や主に野党を支持している人たちは、そもそもネット上で政治的な発言を滅多にしていない可能性が高い一方で、ネット工作員やボットのシステムを大量に抱えている権力側は、必然的に安倍政権を賛辞したり野党を中傷するツイートを大量に投稿するんだから、こうなれば当然ごとく、安倍礼賛が圧倒的多数派のように見えてしまうのはごくごく自然なことね。

つまり、ボクたちも、「壮大な虚構」の中で言論活動を行なっているわけで、この「虚構世界」の中から世の中の真実や実像を見いだすには、相当に高い分析力や想像力が必要であり、なおかつ俯瞰的かつ現実的な視点を持ちながら、「見えないものを読み取る」という卓越した感性が必要だということになるね。

これらの大規模なネット工作活動を主導している「大元」は、この”実情”をそのまま素直に受け取ることが出来れば、自ずと見えてくる

上記の記事では、この大規模世論工作を行なっている「大元」について、その結論を(意図的に)ぼやかしている様子だけど、「日本国民を軍国思想・弱者排斥・嫌韓嫌中に導くことで得をするのは誰か?」と考えれば、簡単に答えは出るんじゃないかしら?

「政権与党か?」それとも「ロシアか?」なんて、ちょっと”白々しい冗談”で結んでいるけど、その大元は、自民党清和会の勢力拡大を主導しつつ、小泉政権や安倍政権誕生に大きく尽力しては、「憲法改悪」に伴う「戦争が出来る国作り」を日本に施そうとしているネオコン系軍産資本勢力ということになるだろう。

もちろん、そのネオコンの”下部組織”である安倍政権は直接的にこれらのネット工作を大きく主導しているだろうし、そのノウハウや高度な技術を与えているのが、CIAの中でもネオコン系と直結した勢力ということになる。

ボクが前々から「工作員系」と強く疑ってきた一部のツイッターアカウントでは、早速この記事を「愚にもつかない陰謀論記事」などと必死にこき下ろすツイートをしていたし、日本国内において、相当に莫大な資金を持つ資本勢力(ピラミッドの最上部に近い階層)が主導して、大規模なネット世論操作を日々行なっているのは間違いないと見ていいだろう。

そして、これら資本勢力を動向を読み取った、利にさとい”商売人たち”が能動的にこれらの流れにくっつくことで同じような世論誘導を行ない、そこから生まれるアクセスなどを金に結びつけたり、1%の資本勢力から手厚い保護を受けながら、弱者差別や野党中傷目的などのデマの拡散や情報操作を積極的に繰り返すようになることで、日本国内に圧倒的に安倍政権にとって有利な「偽装世論」が生み出されることとなる。

これが、この日本のネット界で行なわれている「ネオコン系グローバリストによる軍事作戦」の実情ということだ。

そして、こうした資本勢力の「軍事洗脳戦略」によって、無垢な若い人たちや判断力の乏しい中年の人々なんかが次々騙されていってしまっているという感じね。

この先、ますますAIが進化していくことで、今まで以上にネット世論工作が高度化・機械化が進んでいきそうだし、なんとも気味が悪い状況ね。

以前にうちのサイトにも、工作員丸出しのおかしなコメントが続々寄せられた時があったけど、わざわざ時間や労力を割いてまで、安倍政権に怒っているコメントに脅しや中傷を寄せるようなケースは、「普通の人ではない可能性が高い(そもそも人間ではない可能性も)」というのを認識するのがいいかもしれない。
その上で、ボクたち市民がより高度な判断力と感性を手にした上で、これら1%のグローバル資本勢力による高度かつ大規模な世論誘導工作に引っかかってしまわないようにすることが大切だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket